« 「辺野古に基地を造らせない」公約実現への真剣味 | トップページ | 「辺野古に基地を造らせない」公約廃棄の謀略 »

2015年7月 6日 (月)

ギリシャ問題における借り手責任と貸し手責任

7月6日の日本時間午前8時から、FIFAワールドカップ女子サッカーの決勝戦がカナダのバンクーバーで行われ、日本は米国に5対2で敗れ、準優勝となった。


他方、ギリシャ国民投票で緊縮策受入れNOの結果が判明した。


週明けの日本は二つの大きなニュースに揺れ動いた。


ギリシャのチプラス政権は、IMF、EU、ECBの債権団(トロイカ)がギリシャに求めている財政緊縮策に対する賛否を国民投票にかけた。


当初は、緊縮策への賛成が反対を上回るとの世論調査が優勢であったが、国民投票が近づくにつれて差が縮小し、実際の国民投票では反対が賛成を大幅に上回った。


ギリシャに対する金融支援再開交渉が6月末で期限切れを迎えた。


金融支援再開は決定されず、ギリシャのIMFへの返済は不履行の状況に留め置かれている。


ギリシャ政府は交渉の大詰め段階で、7月5日の国民投票実施を決めた。


債権団トロイカは金融支援継続を決めずに、国民投票期日を迎えた。


ギリシャのチプラス政権は、債権団の提示する緊縮策に合意できないと主張しており、ギリシャ国民に国民投票での反対を呼びかけた。


賛成多数の結果が示された場合には、チプラス首相は辞任し、新しい政権が樹立されて、緊縮策を受け容れる可能性が高かったと考えられる。


債権団はこちらのシナリオ実現を期待したと考えらえるが、結果はそうならなかった。

人気ブログランキングへ

6月30日付ブログ記事


「ギリシャデフォルトリスク上昇責任は債権団にもある」


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-6a79.html


にも記述したが、債権団とギリシャ政府との間には、経済政策運営に対する根本的な路線対立がある。


その対立を一言で表現すれば、


「弱肉強食 対 共生」


ということになるだろう。


チプラス首相は急進左派勢力SYRIZAの党首を務める40歳の人物である。


チプラス政権は財政再建を実現するための手法として、


法人課税の強化


を提示しているが、これに対して債権団は、


付加価値税の大幅引上げ


年金給付の削減


低所得者層への給付引下げ


を求めている。


経済政策の基本方向がまったく逆なのである。


チプラス政権の目指す方向が「共生」


であるのに対し、


債権団の目指す方向は「弱肉強食」


なのである。

人気ブログランキングへ

また、債権団の提示する提案には、基本的に


債務軽減


が含まれていない。


債務問題の解決のためには、常に、債権減免措置が必要である。


資金の融通に際しては、第一に、


「借り手責任」


が問われなければならないが、これだけで問題は解決しない。


「貸し手責任」


の重要性も重視されるようになっている。


「借りた方が悪い」


だけではなく、


「貸した方にも一定の責任がある」


と考えるのが、債務問題解決のひとつの「鉄則」になっているのである。

人気ブログランキングへ

実際、3年前のギリシャ危機に際して、債権団は厳格な緊縮策をギリシャに求めた。


ギリシャはこの緊縮策を忠実に履行したが、債権団が主張していたような経済成長は実現しなかった。


緊縮策は経済の悪化を招き、財政状況の一段の悪化を招く。


日本では、1997年度の経済政策、2000-2002年度の経済政策で、超緊縮財政政策を基軸とする、「改革」政策が強行実施されたが、この「改革」政策によって、財政赤字は激増した。


1996年度に21.7兆円だった財政赤字は1999年度に37.5兆円に激増した。


2001年度当初予算で28.3兆円に削減したはずの財政赤字が2002年度に35.0兆円に増加した。


経済成長を重視しない超緊縮財政は経済を悪化させ、税収を減少させて、財政赤字を逆に拡大させてしまうのである。


ギリシャの経済状況を踏まえれば、財政健全化を誘導する政策パッケージのなかに、一定の債務軽減策を盛り込むことが有効である。


1989年のメキシコ債務危機に際して採用されたブレイディ(米国財務長官)プラン以来、債務減免措置の積極活用が債務問題解決の基本に置かれてきた。


債権団がユーロの安定を守ることを最重視するのであれば、こうした対応策を念頭に入れる必要があると考えられる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1186号「金融市場にとどまらないギリシャ危機の余波」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「辺野古に基地を造らせない」公約実現への真剣味 | トップページ | 「辺野古に基地を造らせない」公約廃棄の謀略 »

金融行政」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ問題における借り手責任と貸し手責任:

« 「辺野古に基地を造らせない」公約実現への真剣味 | トップページ | 「辺野古に基地を造らせない」公約廃棄の謀略 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ