« 資本優遇・労働冷遇アベノミクス本質を見逃せない | トップページ | 野党再編は数合わせでなく政策基軸に進めるべきだ »

2015年6月 3日 (水)

政投銀生え抜き社長で消費税10%目論む財務省

日本政策投資銀行の社長に柳正憲副社長が昇格することが政府の閣議で了解された。


前身の日本開発銀行の時代も含めて、生え抜きの行員がトップになるのは初めてのことになる。


日本政策投資銀行は旧大蔵省、現在の財務省にとって最重要の天下り機関のひとつである。


財務省の天下り先には序列があった。


東西正横綱が日銀総裁と東証理事長だった。


その次に重要な「御三家」が


開銀(現在の日本政策投資銀行)


輸銀(現在の国際協力銀行)


国民金融公庫(現在の日本政策金融公庫の前身の一部)


である。


また、民間企業では、


JT(従来の日本専売公社)


横浜銀行


西日本シティ銀行


などが、最重要天下り機関として位置付けられてきた。


これらの機関を頂点として、巨大な天下りピラミッドが構築されてきた。

人気ブログランキングへ

官僚は民間企業よりも低い給与で働いているのだから、退官後に天下りで生涯所得の挽回を図るのは当たり前だとの意識が持たれてきた。


その天下りの構造は、ほとんど改革されていない。


旧開銀、現在の日本政策投資銀行には優れた人材が数多く、大卒で入行している。


したがって、この機関の幹部を生え抜き職員=プロパー職員が務めるのは当然のことなのだ。


ところが、財務省は、政投銀が所管の金融機関であることを理由に、永きにわたって、政投銀(開銀)を実効支配し続けてきた。


今回社長に就任する柳氏の前任にあたる橋本徹氏は、旧富士銀行出身で、民間からの起用であるが、実は副社長に財務省出身者が天下りしており,実体としては、財務省出身の副社長がこの銀行を支配してきたわけだ。


今回、社長に生え抜きの職員が就任するが、これまで同様に、経営の実権が財務省出身の副社長に握られないのか、監視が必要である。

人気ブログランキングへ

「天下り」の問題は、2009年に「消費税増税」の問題と絡めて大きな問題に浮上した。


私は1990年代の後半から、「天下り根絶」を提唱し続けてきた。


20年来の主張である。


橋本龍太郎政権が、この声に対応して、政府関係機関の統廃合に取り組んだが、抜本的なメスを入れるまでには至らなかった。


それでも、官僚利権の問題に焦点が当てられるようになったことは、大きな前進ではあった。


小泉政権は政府系金融機関の統廃合に取り組み、一定の前進を示したが、官僚天下りの根絶には手が届かなった。


それでも、これまでは財務省の指定席とされてきた政府系金融機関のトップポストに民間人が起用されるような変化が生じたのである。


政府系金融機関のトップに民間人が起用されるようになった。


しかし、外から来た民間人が政府系金融機関を完全掌握することは至難の業である。


財務省はナンバー2ポストを死守して、実体として政府系金融機関の支配を確保してきたのである。


いわゆる実効支配である。

人気ブログランキングへ

今回は、生え抜き職員が初めて政投銀トップに就任することになる。


これはこれで、意味のあることだが、これで問題が解決するわけではない。


2009年8月30日の総選挙に際して、野田佳彦氏は


「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」


と、声を張り上げて訴えた。


2009年8月15日の野田佳彦氏による大阪街頭での演説は、


「野田佳彦のシロアリ演説」


として有名になった。


2012年初に本ブログで紹介して広まった演説である。


http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-f909.html


「改革」を断行すると宣言したのは野田佳彦氏だけではない。


岡田克也氏も同じだ。


いま改めて、「シロアリ」と「消費税増税」の問題を徹底的に掘り下げる必要がある。


財務省は政投銀社長ポストを狙っていた。


ところが、今回は生え抜き職員が社長に起用された。


その裏側から透けて見えるのは、2017年4月の消費税率10%実現に向けての「パフォーマンス」である。


政投銀社長に生え抜き職員が起用されるのは歓迎すべきことだが、より重要なことは、これで溜飲を下げてはならないということだ。


「めくらまし」に惑わされてはならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1160号「シロアリ退治なくして消費税再増税なし」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 資本優遇・労働冷遇アベノミクス本質を見逃せない | トップページ | 野党再編は数合わせでなく政策基軸に進めるべきだ »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政投銀生え抜き社長で消費税10%目論む財務省:

« 資本優遇・労働冷遇アベノミクス本質を見逃せない | トップページ | 野党再編は数合わせでなく政策基軸に進めるべきだ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ