« 邦人人質事件下での安倍首相ISIS挑発の理由 | トップページ | イスラム国に対する空爆支持は正しい外交政策か »

2015年1月22日 (木)

人質の危機を誘導した安倍政権の外交

安倍晋三氏は昨年9月に国連総会出席のためにニューヨークを訪問した際に、イラクのマアスーム大統領と会談した際に、


「日本は,イラク政府も含む国際社会のISILに対する闘いを支持しており,ISILが弱体化され壊滅されることにつながることを期待する」


ことを表明している。


このことは、その内容を明らかにしている外務省サイトに掲載されている。


http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/iq/page1_000073.html


また、日本経済新聞は、これに先立つ9月23日に行われた、安倍首相とエジプトのシシ大統領との会談について、


「首相「空爆でイスラム国壊滅を」 エジプト大統領と会談」


の見出しで、次のように伝えている。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE24H0A_U4A920C1EAF000/


「安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日朝)、エジプトのシシ大統領と会談し、米軍による過激派「イスラム国」掃討を目的としたシリア領内での空爆について「国際秩序全体の脅威であるイスラム国が弱体化し、壊滅につながることを期待する」と述べた。」


安倍首相は、空爆によるイスラム国(ISIS=ISIL)の壊滅支持を明確に宣言している。


この安倍首相が、この1月17日、エジプトで開かれた「日エジプト経済合同委員会」で中東政策について、次のようにスピーチした。


「イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。


地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。」


http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/eg/page24_000392.html

人気ブログランキングへ

安倍首相は


ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」


と述べたのである。


その内容はともかく、安倍首相は、空爆によってイスラム国を壊滅することを支持し、このイスラム国と闘う周辺国に2億ドルを拠出することを表明したのである。


問題は日本が直面している局面である。


邦人である湯川遥菜(はるな)さんと後藤健二さんがイスラム国に拘束されている状況下で、安倍首相が


「空爆によるイスラム国の壊滅を支持し」


「イスラム国と闘う周辺諸国に2億ドルを拠出する」


ことを公式の場で発言し、これが日本政府の公式サイトに掲載されているのである。


これでは、人質の危険を日本政府が誘導したと批判されても仕方がないということになる。


この責任は極めて重いと言わざるを得ない。

人気ブログランキングへ

一連の背景にあることは、日本が米国の手先に成り下がろうと率先していることである。


日本は日本国憲法を保持し、平和主義を外交の基本に据えてきた。


ところが、安倍晋三氏は、この基本を捨て去り、日本が、米国が創作する戦争に積極的に加担する道を選択しようとしている。


安倍氏はこれを「積極的平和主義」と呼んでいるが、噴飯ものである。


原発推進を原子力の平和利用の美辞麗句で包み込んできたことと通じるものだ。


2003年に米国はイラクに対して侵略戦争を実行した。


この戦争に日本も加担した。


米国はイラクが大量破壊兵器を保有していることを根拠に軍事侵攻したが、イラクから大量破壊兵器は発見されなかった。


日本は米国が創作する戦争に加担するのではなく、戦争を回避するために知恵を出し、仲介の労を取るために力を尽くすべきなのである。


これが本当の意味の「積極的平和主義」である。

人気ブログランキングへ

今回の人質事件では、すでに人質解放についての水面下での取引があったと思われる。


英、米は、イスラム国と取引せず、人質の殺害を容認してきているが、これ以外の国では、イスラム国と交渉を行い、人質を救出してきている。


日本政府は2億ドルの要求を表面化される前に、この問題の解決を図るべきであった。


問題解決を図らずに、イスラム国に宣戦布告するような言動を示してきたことは、安倍政権外交の重大な失敗であると言わざるを得ない。


人質殺害のタイムリミットが迫るなかで、日本政府は人命第一の対応を迅速に取るべきである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1062号「歴史の支配者英米が地球の支配者ではないという真理」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 邦人人質事件下での安倍首相ISIS挑発の理由 | トップページ | イスラム国に対する空爆支持は正しい外交政策か »

反戦・哲学・思想」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人質の危機を誘導した安倍政権の外交:

» 事件後の対応でも間違った安倍政権 〔天木直人〕 [Cloud Party Japan]
画像出典: 2015年1月23日 FNN(Fuji News Network) [http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150123-00000954-fnn-pol]  今度の事件が、無意味な安倍首相の中東外遊に加えて、その外遊で発信した安倍首相の不用意な言動で誘発された事はもはや周知の事実だ。 しかし、事件発生後の安倍政権の対応こそ問題にされなければいけない。 喋りすぎだ。 メディアの興味本位の報道を放置し過ぎだ。 どうせ対応策がないなら、... [続きを読む]

» イスラム国に殺されかけている日本人がいる中で、東電幹部はぬくぬく人生の春を謳歌している [Cloud Party Japan]
画像出典: 2015年1月23日 東京新聞 イスラム国では日本人ジャーナリストらが悲劇に見舞われていた  2015年1月23日の東京新聞一面は、現在の日本の状況を示して余りある。これが矛盾と欺瞞と詐称に満ち溢れた日本の姿だ。このような日本に一体誰がしたのか。それは、これまでのまるで役に立たない政治家たちであり、そして現在の安倍首相も当然責任の一端を背負っている。  紙面にはイスラム国に拘束され殺害の危機にある後藤健二氏に関し、「後藤さん検問所で拘束か」「「イスラム国」追い返すか議論の末」といった見出... [続きを読む]

« 邦人人質事件下での安倍首相ISIS挑発の理由 | トップページ | イスラム国に対する空爆支持は正しい外交政策か »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ