« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

安倍内閣支持不支持逆転を選挙結果に反映させる

共同通信社が11月28、29日に実施した全国電話世論調査で安倍晋三内閣の支持率が43・6%、不支持率47・3%となり、支持、不支持が逆転した。


大義のない解散・総選挙に対する主権者の批判が鮮明に表れている。


この主権者の意思を総選挙結果に反映させなければならない。


安倍政権に対峙する野党が示す政策は、主権者の意思を正しく反映するものではない。


主権者の意思を正しく反映する国民政党、主権者政党の樹立が求められている。


しかし、これを今回衆院選前に実現することは困難である。


現状のなかでの最善を実現するしかない。


そのためには、実現すべき現実について、正しく優先順位を定めることが必要である。


正しい優先順位とは、


1.ストップ安倍政権


2.2017年消費税再増税の阻止


3.主要政策課題への適正な対応


である。


主要政策課題とは、


原発・憲法・TPP・消費税・沖縄基地・格差


の各問題である。

人気ブログランキングへ

安倍政権は


消費税再増税を2017年4月に強行実施すること


原発を再稼働すること


憲法解釈変更に即して安保法制を整備すること


TPPに参加すること


辺野古に米軍基地建設を強行すること


格差拡大を推進すること


の方針を示している。


この基本方針に日本の主権者の多数、恐らくは過半数が反対している。


したがって、安倍政権与党を過半数割れに追い込むことが、今回総選挙の最重要の目標になる。


そして、2017年4月消費税増税確定を阻止する。


さらに、主要政策課題について、主権者の意思を政策運営に反映させる。


この順で、目標を実現してゆかねばならない。

人気ブログランキングへ

目標を実現するには、具体的な行動指針を明確にする必要がある。


具体的な行動基準として重要なことは、


1.選挙に行く=選挙を棄権しない


2.非自公(次世代を含む)候補で当選可能性のある候補に投票する


3.比例代表では自分の考えに最も近い政策方針を示す政党に投票する


の三つである。


戦術上、重要であるのは、295の小選挙区での対応である。


自公が連合を組んで小選挙区選挙に臨む。


「ストップ安倍政権・消費税再増税阻止」


を実現するには、小選挙区で勝利しなければならない。


最近の総選挙は投票率が5割、自公の得票率が6割で、自公が圧勝している。


これを、投票率6割、自公の得票率4割に持ち込むことが勝利の方程式になる。


そして、勝利を獲得するには、非自公投票を最有力候補一人に集中させることだ。


非自公投票が割れることは、自公を支援する行為になる。


したがって、共産党を支持する主権者も、比例代表で共産党に投票しても、選挙区では、自公候補に勝つ可能性のある野党候補に投票することが、上記の目標を達成するには適正ということになる。


いま私たちが力を合わせて実現すべきことは、安倍政権の暴走を止めることである。


「ストップ安倍政権」


「2017年4月消費税再増税阻止」


を目標に、大同団結することが、明日の日本を切り拓く方策になる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1021号「幼稚報道圧力に沿い安倍政権はNHKに抗議するのか」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月28日 (金)

選挙に行って消費税再増税を阻止しようが合言葉

主権者の主権者による主権者のための政権を樹立すること。


これが日本政治刷新の目標である。


2009年9月の政権交代で、この目標が実現への第一歩を踏み出した。


2010年7月の参院選で、主権者勢力が勝利を収め、衆参ねじれを解消していたなら、主権者政権は盤石の基盤を築いたと考えられる。


主権者勢力に対峙するのが既得権勢力である。


米官業のトライアングル。


そして、利権政治屋と御用電波産業がスクラムを組む。


米官業政電の利権複合体が日本の既得権勢力である。


この既得権勢力は主権者勢力が日本政治の実権を掌握することを阻止するために、文字通り、目的のためには手段を問わない行動を展開した。


小沢-鳩山政権をせん滅することを至上命題に置いたのである。


民主党内に潜む既得権勢力が党内クーデターを挙行し、主権者政権を破壊してしまった。


菅直人政権と野田佳彦政権は背徳の消費税大増税を掲げ、これを、主権者の同意も得ぬまま強行成立させた。


この結果、民主党政権は崩壊し、自民党に大政が奉還された。

人気ブログランキングへ

日本の既得権勢力の頂点には米国が君臨する。


米国は日本を敗戦国として、いまも支配し続けている。


米国の支配に甘んじる既得権勢力が米国の庇護の下で日本支配を続けているのである。


この米国は、日本政治を支配し続けるために、対米隷属の二大政党体制を構築しようとしている。


自民党政権が倒れても、代わりに登場する政権が、やはり対米隷属の政権であれば、米国の日本支配の構造は安泰である。


小沢-鳩山民主党が激しい攻撃を受けて破壊されたのは、この勢力が米国による日本支配の構造を破壊する方針を示していたからである。


主権者勢力は総攻撃を受けて、大政は自民党に奉還された。


そして、安倍晋三自民党が、この12月に総選挙を打つ。


対米隷属政権が、主権者の過半数が反対する五つの重要懸案を押し通すために、総選挙を実施するのである。


五つの重要懸案とは、


原発・憲法・TPP・消費税・辺野古基地


である。

人気ブログランキングへ

現状では、自公勢力に対峙する、政権を担いうる主権者勢力が存在しない。


このなかで総選挙を戦うことは極めて残念なことである。


しかし、厳しい状況であるとはいえ、希望を捨てて、投げやりになれば、その時点ですべてが終わってしまう。敵の思うつぼなのである。


だからこそ、この窮地のなかに、活路を見出さなければならない。


選挙区は295ある。比例代表で選出される議席は180である。


比例代表の議席は選挙区における惜敗率を基に決定される。


民主党も維新も、真の主権者勢力とは大きな距離がある。


したがって、主権者政権を直ちに樹立しようと思っても、それはすぐには実現しない。


そこで、ここは一歩引いて、


「ストップ安倍政権」


に目標を切り下げて、戦術を練る必要があるのだ。


そして、具体的目標として、


「2017年4月の消費税再増税を阻止すること」


を明示する。


反安倍政権陣営で、選挙協力を実行し、まずは「ストップ安倍政権」を実現するのである。

人気ブログランキングへ

最近の国政選挙では投票率が5割近辺に低迷し、投票に行った者のうち、5割が自公に投票している。


この結果として自公が圧倒的多数の議席を占有している。


投票率を6割に引き上げて、自公の得票率を4割に下落させれば、状況が激変する。


このときに重要なのは、非自公票を一人の候補者に集中させることだ。


これを実現すれば、選挙結果が激変する。


政権交代さえ十分に実現可能な目標になる。


そして、2017年4月増税を阻止することが可能になる。


295選挙区における、非自公陣営の選挙協力が総選挙のカギを握るのだ。


共産党が提示する政策方針に賛同する者は少なくないかも知れないが、共産党が選挙区で非自公票の一部を奪ってしまうことは、自公議席を増加させる効果を有する。


この点を踏まえた、主権者勢力の選挙戦術構築がどうしても必要になる。


「選挙に行って消費税再増税を阻止しよう」


のキャンペーンが最大の効果を発揮するように、主権者勢力は最適な戦術を構築しなければならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1020号「2017年4月消費税増税確定を阻止する総選挙」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月27日 (木)

アベコベノミクス解散総選挙勝利の方程式見えた

安倍晋三氏が権力を濫用して実施する、


多忙な年末の大義なき解散総選挙


=「アベコベノミクス解散・総選挙」


勝利の方程式が見えてきた。


本来は、主権者政権の再樹立が目標だが、時間的な制約が大きく、ここまでは手が届かない。


目標を一段引き下げて、


「ストップ安倍政権」


を目標に掲げるべきである。


この目標は実現不可能ではない。


原発・憲法・TPP・辺野古・消費税


そして


格差


と、重要案件が目白押しであるが、ここは重点を絞り、一点突破を図らなければならない。


争点は


「2017年4月消費税再増税の是非」


である。

人気ブログランキングへ

日本経済は、「アベコベノミクス」で大不況に転落させられた。


メディアが宣伝する「アベノミクス」の言葉に惑わされてはならない。


この4月に強行実施された消費税大増税


=アベコベノミクス


で日本経済は撃墜されたのである。


まさに大不況が日本を覆い尽くしている。


「アベノミクスで日本経済が浮上」


など、おへそでお茶を沸かすような戯言(ざれごと)を流布するべきでない。


日本経済の苦境はGDP統計と経済統計の核心である家計調査が明白に物語っている。


1.2014年4-6月期の実質GDP成長率 年率-7.3%


2.2014年7-9月期の実質GDP成長率 年率-1.6%


3.9月家計調査
  勤労者世帯実質実収入   前年同月比-6.0%
  二人以上世帯実質消費支出 前年同月比―5.6%


日本経済が大不況に転落させられたことは、上記の三つの統計に鮮明に示されている。


これ以上、端的に日本経済の現況を示すデータはない。

人気ブログランキングへ

主権者が力を合わせて「ストップ安倍政権」を実現するのだ。


端的には、まず、2017年4月消費税再増税を止める。


ここから始めよう。


これは必ず実現できる目標である。


各党の選挙公約がほぼ出そろった。


消費税再増税について明確な差異が認められる。


自公政権は


2017年4月の消費税再増税の実施


である。


景気弾力条項も取り除くということだから、大不況でも大増税を強行実施するということである。


消費税増税の前にシロアリ退治をする、社会保障制度を拡充することが行われなければならないが、まったく実行されていない。


さらに、日本経済が不況に突入したなかで、消費税再増税を決めれば、日本経済は確実に沈没する。


2017年4月増税を阻止しなければならない。

人気ブログランキングへ

野党の公約には幅があるが、最低でも「期限を定めぬ凍結」が示されている。


はっきりと「中止」が望ましいが、選挙で過半数議席を確保するには、ハードルを一歩下げねばならない。


沖縄知事選では「腹八分腹六分の契り」という言葉が用いられた。


2017年4月の増税をまずは阻止する。このためには、「腹六分腹八分の契り」が必要だ。


共産党以外の野党が295選挙区の候補者を徹底して絞り込んでいる。


自公連合を相手に選挙で勝つには、候補を一人に絞り込まねばならない。


反自公票が分断されれば、敵の思うつぼである。


2014


したがって、295選挙区選挙においては、2017年4月増税を阻止する候補者で、当選可能性の高い候補に主権者の票を集中させるべきだ。


比例代表は各主権者が、もっとも高く評価する政党に投票すればよい。


2017年4月増税を阻止するには、この方針を明示する議員が国会過半数を占有すればよい。


「選挙に行って消費税再増税を止めよう」


をスローガンに、国民運動を展開するときがきた。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1019号「295選挙区の消費税再増税阻止候補に投票集中」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月26日 (水)

アベノミクス解散ではなくアベコベノミクス解散

安倍首相が


「アベノミクス解散」


と発言しているようだが何かの間違いだろう。


正しくは


「アベコベノミクス解散」


である。


昨日夜、IWJのインタビュー番組に出演させていただいた。


「大義なき解散総選挙」シリーズの第9弾とのことだった。


大義のない、権力濫用解散であるが、主権者はこのチャンスを生かさねばならない。


最大の問題は、主権者の意思を正面から捉える主権者政党が不在であることだ。

 

「選択肢なき選挙」


の感想を持つ主権者が多いだろう。


しかし、だからと言って参政権を放棄してしまっては、敵の思うつぼである。


参政権を放棄することなく、現在の制約条件の下で、最善を尽くすことが求められる。


選挙前に政界の大再編が不可能なら、その課題を選挙後に先送りすることも考えなければならない。

人気ブログランキングへ

2012年12月にスタートした第二次安倍政権。


スタート直後に円安と株高が実現したために、安倍政権はこれを懸命にアピールする。


株高が実現したのは、安倍政権の前任である菅直人政権、野田佳彦政権が財務省路線の財政再建原理主義に走っていたために、日本の株価が不当に低い水準に誘導されていたからである。


安倍政権は政権発足直後に、景気浮揚優先の経済政策を実行した。


この対応は間違っていなかったが、当たり前のことを当たり前に実行しただけのことである。


政策を適正化しただけで株価の大幅上昇が生じた。


米国金利が上昇し、これが円安をもたらす主原因になり、この円安が日本株価を引き上げる重要な要因になったことも事実である。


政権発足直後の円安・株高は、米国の経済動向の影響が大きいが、安倍政権の政策対応が寄与したのも事実であり、この部分は評価に値する。

人気ブログランキングへ

この事態改善を生み出した安倍政権の政策対応が「アベノミクス」と呼ばれているが、その内容は、


金融緩和
財政出動
成長戦略


の三つとされる。


しかし、成長戦略はまだ動いていない。


要するに、アベノミクスと呼ばれるものは、単純な「財政金融政策の発動」ということなのである。


金融緩和と財政出動を同時に実行して円安・株高が実現した。


これが「アベノミクスの成果」とされているが、この政策路線はその後に大転換されてしまった。


具体的には、財政出動が超緊縮財政政策に大転換されてしまったのである。


それが、2014年4月の消費税大増税である。


消費税増税で9兆円の負担増。


さらに補正予算規模が13兆円から5.5兆円規模に圧縮された。


合計、16.5兆円の史上空前の財政急ブレーキが踏み込まれたのである。

人気ブログランキングへ

私は、このような超緊縮財政を実行すれば、せっかく浮上しかけた日本経済が再墜落してしまうことを警告した。


政策逆噴射による日本経済撃墜を回避するべきだと強く主張した。


『日本経済撃墜』(ビジネス社)。


http://goo.gl/lgZ9ky


しかし、安倍政権は制止を振り切って、「日本版財政の絶壁」を飛び降りたのである。


その結果、警告通り、日本経済は政策逆噴射によって撃墜された。


そして、2015年10月の消費税再増税実施が経済運営上、不可能になったのである。


つまり、「アベノミクス」の主軸であった財政出動を、超緊縮財政に転換してしまったために、日本経済を破壊し、増税先送りについて国民の判断を仰ぐ事態に追い込まれたのである。


安倍首相は「アベノミクス」をひっくり返して、これを「アベコベノミクス」にした。


その結果、日本経済を破壊してしまった。


そして、増税先送りについて国民にお伺いを立てなければならなくなった。


これが今回解散の意味である。


したがって、「アベノミクス解散」は命名上の誤りであって、正しくは「アベコベノミクス解散」なのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1018号「悪徳の消費税率10%を主権者が断固阻止する」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月25日 (火)

IWJインタビューで総選挙背景と焦点を語る

11月25日(火)午後9時過ぎから、


IWJのインタビュー番組に出演する。


1.GDP成長率 衝撃の2四半期連続マイナス成長


2.「アベノミクス解散」ではなく「増税による日本経済撃墜解散」


3.総選挙争点は消費税再増税の「延期か」それとも「中止か」


について話をする予定である。


IWJ


http://iwj.co.jp/


で、ぜひご高覧賜りたい。


12月21日には


「饗宴Ⅴ」


http://iwj.co.jp/feature/symposion5/


が開催される。


これにも出席予定である。


今回は、目前に迫る衆議院総選挙。


この選挙を前に、日本経済の現況、総選挙の争点について私見を提示する。

人気ブログランキングへ

私は、


2013年3月に


『金利・為替・株価大躍動』(ビジネス社)


http://goo.gl/hmhyc


を上梓した。


安倍政権の下で日本の株価が16000円水準にまで上昇するとの見通しを示した。


同年7月には、


『アベノリスク』(講談社)


http://goo.gl/xu3Us


を上梓した。


アベノミクスの裏側に潜む7つの巨大リスクを提示した。


インフレ誘導、消費税大増税不況、TPP、シロアリ増殖、原発再稼働、戦争推進、憲法改悪


の7つの巨大リスクが差し迫っていることを訴えたのである。


2013年11月には、


『日本経済撃墜-恐怖の政策逆噴射-』(ビジネス社)


http://goo.gl/lgZ9ky


を上梓した。


安倍政権が予定する消費税大増税により、日本経済が撃墜されるとの見通しを示したのである。


世の中がアベノミクス礼賛の嵐に染まるなかでの警告の書であった。

人気ブログランキングへ

そして、本年7月に、


『日本の真実-安倍政権に危うさを感じる人のための十一章-』
(飛鳥新社)


http://goo.gl/8hNVAo


を上梓した。


日本の進路を「戦争と弱肉強食」の方向に定めるのか。


それとも、「平和と共生」の方向に定めるのか。


主権者が判断するべきことを説いた。


さらに、この11月に、


『日本の奈落-年率マイナス17%GDP成長率衝撃の真実-』
(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


を上梓した。


安倍政権が消費税再増税に突き進めば、日本経済が奈落の底に突き落とされることを警告した書である。

人気ブログランキングへ

安倍首相は2015年10月に予定していた消費税再増税を先送りすることを発表し、衆議院の解散・総選挙に踏み切った。


消費税再増税を先送りしたことは間違いではないが、このことで、安倍政権を衆院選で勝利させてはならない。


日本の進路が、大きく歪められる。


とはいえ、主権者の意思を吸い上げる受け皿がない。


ここに危機の本質がある。


しかし、私たちは、現実のなかから解を見出すしかない。


与えらえた条件のなかでのベストしか、選択肢はない。


そこで、この選挙にどう臨むか。


日本の未来、子や孫の未来がかかっている。


結論を述べれば、野党に問題が山積しているが、安倍自民党を敗北させねばならないだろう。


野党では、個別の候補者を選別して支援する必要がある。


最大のポイントは、消費税再増税の中止=白紙撤回を明示する候補者を支援することだ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1017号「消費税再増税中止明示候補者を主権者が支援」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月24日 (月)

目くそ鼻くその総選挙にしないため何をすべきか

総選挙が行われるが危機的な状況が生じている。


主権者の意思を代表する政党が存在しないのである。


自公を支持する人はいいだろう。


自公に投票すればよい。


自公が推進する政策は


原発再稼働


憲法破壊


TPP参加


沖縄基地建設強行


消費税増税推進


そして、


格差拡大の推進


である。


消費税増税で日本経済を破壊したのに、さらに2017年に税率を引き上げることを強行する。

人気ブログランキングへ

この安倍政権の政策方針に反対の主権者が多数である。


上記の各政策に反対する主権者は、各種調査が示すところによれば過半数を超えている。


したがって、自公政権の推進する政策に対峙する政策を掲げる主権者政党が登場して、主権者の意思を吸い上げなければならない。


ところが、この主権者政党が消滅の危機に瀕している。


現在の民主党は諸悪の根源と言ってもよい勢力である。


2009年8月総選挙を通じて、日本の主権者が主権者勢力による政権を日本の政治史上初めて樹立した。


ところが、この主権者政権を破壊した者がいた。


それがいまの民主党なのである。


2010年6月に、菅直人氏が突然、消費税率を10%に引き上げる方針を提示した。


ここから主権者政権の破壊が始まった。


「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」


と叫んだ野田佳彦氏は、財務省と取引して首相の椅子を掴むと、主権者を裏切って消費税増税法を制定した。


2012年に野田政権が法定化した消費税増税が本年4月に実施された。


その結果、日本経済は撃墜された。


経済が撃墜されたから、消費税再増税を延期せざるを得なくなった。


その結果として実施されるのが今回の総選挙だ。


日本経済撃墜解散なのである。

人気ブログランキングへ

メディアは安倍政権発足後の2年間を評価する選挙などと喧伝しているが、それは違う。


安倍政権は「アベノミクス」で浮上の兆しを示した日本経済を、「アベコベノミクス」で破壊した。


このマッチポンプ政策を主権者がどう評価するのかが今回の総選挙である。


メディアは、株価上昇と円安進行を安倍政権の成果であるかのように喧伝するが、まったく違う。


たしかに、2012年11月から2013年5月にかけて円安と株高が進行した。


しかし、円安はアベノミクスによるものではなく、米国金利上昇によるものだった。


日本経済の外部環境が変化して影響を受けただけのことだ。


問題は2014年の日本経済墜落である。


これは、安倍政権が巨大増税を強行した結果生じたもので、安倍政権が責任を負うべきものである。

人気ブログランキングへ

そして、民主党がこの経済撃墜に責任を負っている。


主権者は、自公にNO、民主党にNO、の心境である。


ところが、主権者の意思を吸収する政党がほとんど存在しない。


ここに最大の問題がある。


対処法として二つ提示できる。


第一は、いまからでも遅くない。主権者政党を立ち上げて、少数議席でもよいから議席を獲得する運動を実行する。


第二は、取りあえず、自公に対峙する勢力の議席を拡大させて、選挙後に政界再編に動く。


この対応くらいしか浮上しないことは悲しことだが、残念ながら、これが現状である。


民主党が消費税再増税中止を公約に掲げるなら、選挙戦を戦う図式を描ける。


しかし、民主党が消費税再増税肯定なら、自公と変わりがない。


国民を欺いていない点では、自公の方がまだましとも言える。


まさに危機的な状況が生まれているのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1016号「日本政治破壊主犯民主党が野党中軸という矛盾」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月22日 (土)

「日本経済撃墜解散」には消費増税中止しかない

衆議院が解散され、12月14日に総選挙が実施される。


安倍首相は


「アベノミクス解散」


と称しているが、納得する主権者はゼロだろう。


「日本経済撃墜解散」


である。


4月に消費税大増税を実行した。


いま消費税大増税に突き進めば、


『日本経済撃墜』(ビジネス社)


http://urx.nu/efEq


になると警告を発した。


そして、その通りになった。


4-6月期のマイナス7.3%成長に続き、7-9月期はマイナス1.6%。


2四半期連続のマイナス成長になった。


4-6月期のマイナス成長の数値は、売れ残りの大量生産を含んだもの。


在庫と外需を取り除く、国内最終需要で測る経済成長率はマイナス17.1%だった。


日本経済は撃墜され、日本経済は景気後退局面に突入した。


この状況で消費税再増税に突き進めば、日本は奈落の底に突き落とされる。


『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ

人気ブログランキングへ

消費税再増税を予定通り実施することは不可能になった。


安倍首相は消費税再増税の実施を先送りする方針を決めた。


理由は何か。


日本経済を破壊してしまったからである。


だから、


「日本経済撃墜解散」


なのだ。


このことは、


「アベノミクス」の失敗を意味する。


安倍政権の経済政策が失敗し、再増税を先送りせざるを得なくなった。


経済政策運営に失敗し、白旗を上げて、その上で総選挙を実施するのだと言う。


安倍晋三氏は2007年に無責任に政権を投げ出しておいて、平然と首相の椅子に再び奪取した。


厚顔無恥の神様のような存在だから、常識は通用しない。


経済政策に失敗して増税を先送りすると言うなら、解散・総選挙ではなく内閣総辞職を選択するのが筋だろう。


規律とか、筋を通すとか、約束を守るというような、一般的な価値観とは無縁の存在なのである。

人気ブログランキングへ

安倍氏は日本の労働者の賃金が物価上昇に追いつきつつあると述べたが、事実無根である。


安倍晋三氏は総務省が発表している家計調査のデータすら知らないようだ。


総務省発表家計調査


http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm


最新のデータは、10月31日に発表されたもの。


ここに家計の収支が明確に記載されている。


勤労者世帯の実収入は、前年同月比 実質6.0%の減少


消費支出は、前年同月比 実質5.6%の減少


(いずれも二人以上の世帯)なのだ。


この数値のどこをどう読むと、


「所得の伸びがインフレに追いつきつつある」


との認識になるのか。


国民にウソをついてはいけない。

人気ブログランキングへ

日本経済を立て直すには、消費税再増税を中止するしかない。


延期では不十分である。


総選挙の最大争点に、


「消費税再増税を延期するのか、それとも中止するのか」


を置くべきである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1015号「消費増税中止で大同団結できなければ危機は拡大」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月20日 (木)

消費増税中止が実は財政健全化の近道

11月21日(金)午後6時から8時の予定で、


「再度の政権交代を実現する」集い


が開催される。


日時  20141121日(金) 18時~20


場所  プラザエフ(旧主婦会館)8階
    東京都千代田区六番町15 (四ツ谷駅徒歩スグ)


名称  「再度の政権交代を実現する」集い


発言者   辻   恵 (前衆議院議員)
      白井  聡 (政治学者)
      植草 一秀 (経済評論家)
      森田  実 (政治評論家)


特別ゲスト 鳩山由紀夫 (元内閣総理大臣)


参加希望の方は、お名前とご連絡先を明記の上、FAXで


辻事務所 FAX03-3573-7189 まで連絡を入れて欲しいとのことである。


安倍晋三首相は11月21日(金)に衆議院を解散する方針をすでに表明している。


予定されていた消費税再増税の実施時期を延期する方針を決めたため、国民の審判を仰ぐとしているが、消費税再増税の延期に反対する国民は極めて少数であるから、このために600億円もの費用をかけて総選挙を実施する必要はない。


日本国憲法は内閣に「解散権」を与えているわけではない。


国論を二分する問題があり、国民の審判を仰ぐ必要があるなら解散・総選挙には一定の合理性があるが、そうではないのに、衆院の任期半ばで解散・総選挙を自己都合で実施するのは「権力の濫用」である。

人気ブログランキングへ

しかし、主権者はこの総選挙を実施を「天佑」と捉えて、積極的に活用するべきである。


選挙を通じて、日本政治を立て直す必要がある。


主権者国民が「日本を取り戻さ」ねばならない。


安倍首相が消費税再増税の「延期」を掲げて選挙を実施するなら、


主権者国民は消費税再増税の「中止」の旗を掲げて選挙を戦うべきだ。


ここで重要なことは、衆議院の選挙が小選挙区を軸に実施されることだ。


消費税再増税の「中止」を求める主権者は、295の小選挙区に、ただ一人、「消費税再増税中止」を訴える候補者が立候補するように、力を注がねばならない。


安倍政権与党は、自民党と公明党ががっちりと連携して選挙に臨むから、反対勢力がバラバラでは勝負に勝てない。


各政治勢力にはいろいろな事情やいろいろな思惑があるだろうが、本当に消費税再増税の「中止」を実現しようと思うなら、この旗の下に集結し得る主権者、政治勢力が大同団結しなければならない。


政党エゴは排除しないと、総選挙に勝てない。

人気ブログランキングへ

消費税再増税を「延期」ではなく「中止」するべき理由は以下の通りだ。


1.そもそも、消費税増税の方針は主権者の意思に反して国会が勝手に決めたものである。


2.消費税増税で家計の所得と支出は実質ベースで大幅に落ち込み、まったく浮上の気配を示さない。この状況が変わらぬなかで消費税率がさらに引き上げられれば、日本経済は完全に崩落してしまう。


3.消費税増税の前提に「シロアリ退治」や「国会議員定数の削減」が掲げられたが、ほとんど実行されていない。


4.消費税増税は社会保障制度の拡充のためであるとされてきたが、社会保障制度は拡充ではなく、さらに圧縮されている。


5.消費税大増税は零細企業と低所得者の生存権を奪う「悪魔の制度変更」である。


この五つの理由から、消費税増税をいったん白紙に戻すべきである。


%に引き上げられた税率を5%に戻すべきとの声もあるが、そこまで求めると、まとまるものもまとまらなくなる。


そこで、取りあえず、8%から10%への引上げを中止することを決定するべきである。

人気ブログランキングへ

各政党は消費税問題について、「延期」か「中止」かの方針を明示するべきである。


そして、総選挙を通じて消費税再増税の「中止」を実現するには、消費税再増税の「中止」を求める勢力が大同団結する必要がある。


沖縄では「オール沖縄」などという表現が用いられたが、日本全体で消費税再増税を中止するには、「オール日本」の大同団結が必要不可欠だ。


消費税再増税は「必ず中止する」ことを公約に明確に掲げ、消費税再増税中止の旗の下に、主権者が主導して総選挙を戦うべきである。

人気ブログランキングへ

日本財政の健全化が遅れるとの懸念を持つ人がいるかも知れない。


日本財政の健全化は重要な課題である。


しかし、日本財政を健全化するためにも、消費税再増税はいったん白紙に戻す方が正しい。


これは過去の歴史が明白に証明している。


消費税増税をいったん白紙に戻す方が、財政再建にも実は近道なのである。


このことを以下で詳述しよう。


明日の会合で、私はこの点をも含めて「消費増税中止国民会議」創設の構想をお話ししようと考えている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1014号「消費税再増税中止実現には大同団結が不可欠」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月19日 (水)

11月21日消費増税中止の国民運動が始動する

横暴政治の安倍政権が横暴な解散を断行する。


総選挙では主権者がこの横暴政治・横暴解散に対して審判を下さねばならない。


横暴な政治、横暴な解散に主権者は鉄槌を下す必要がある。


それが教育的配慮というものである。


横暴な政治、横暴な解散を容認してしまっては、日本の子供たちが、横暴な行動を是としてしまうだろう


日本の子供たちに、横暴な行動、自分勝手な振る舞い、自己中心主義による行動が厳しく制裁されるという現実をしっかりと示してゆく必要がある。


日本の矜持が問われる選挙と言い換えてもよいだろう。


安倍首相は衆議院解散の方針を示した11月18日に、民放テレビ放送に生出演するなどして自己主張を展開したが、ほとんど支離滅裂、意味不明な内容であった。


「キレやすい」子供の増加が問題になっているが、安倍首相のキレやすさには、どこかに体調の深刻な悪さの気配が漂うと感じるのは私だけではないだろう。


9月の内閣改造の失敗もあり、安倍晋三氏が精神的に追い詰められている状況が浮かび上がってくる。

人気ブログランキングへ

安倍首相が提示する、


1.消費税増税の延期


2.国民の信を問う総選挙


3.再増税の際に景気弾力条項を削除すること


の三つの方針には根本的な矛盾がある。


第一に、「消費税増税の延期の是非を問う」と言うが、消費税増税の延期に反対する政治勢力が存在しない。


これでは争点になりようがない。


消費税増税の延期をめぐって、国民を二分する論争が存在するなら、争点になり得るがそうではないのだ。


それにもかかわらず、この年末の忙しい時期に、国費を600億円も投じて総選挙を実施するのは、横暴、暴挙としか言いようがない。

人気ブログランキングへ

第二に、安倍氏は消費税増税延期で国民に信を問う理由について次のように述べた。


「2009年の選挙で民主党は消費税増税をやらないと言ったのに消費税を増税した。


税制の抜本改革のような問題は、国民の判断を踏まえて行うのが議会制民主主義国の取るべき態度であって、消費税増税を行ったことはこの原則に反している。


私は消費税増税をやることになっている状況を変更して、これを先送りするので、国民の判断を仰ぐ必要がある。」


このような趣旨の説明をした。


安倍氏がこう考えるなら、本年4月の増税実施の前に総選挙を行うべきということになる。


安倍氏は「民主党は2009年の選挙での国民の判断と異なる増税をやった」と述べるが、増税を実施したのは安倍自民党であって野田民主党ではない。


2012年12月の総選挙の際も、増税実施を争点にする行動は示されなかった。


「民主党政権を維持するのか」、


「新しい経済政策(=アベノミクス)を実行するのか」


などの言葉だけが踊り、2014年4月の消費税増税の是非について国民の審判を仰ぐ姿勢は存在しなかった。


国民の判断を受けて税制改革を行うと言うなら、2012年8月に強引に消費税増税法を制定することに加担した自民党の行動は是認されない。


消費税増税法を制定する前に解散総選挙を求める行動を取るべきであった。


2012年の増税を決めた、いわゆる「三党合意」では、「近いうちに国民の信を問う」とされたが、その肝心の選挙で、消費税増税の是非を問う態度はまったく示されなかったのだ。

人気ブログランキングへ

第三に、安倍氏が2017年4月の消費税増税については、景気弾力条項をつけないと表明していることの矛盾である。


現在の消費税法では2015年10月に消費税再増税を行うことになっている。


これを、衆議院を解散してまで変更して、増税を延期する方針を表明した。


増税を延期する理由について、安倍氏は日本経済の回復を重視するからだと説明している。


増税実施が法律に定められているが、経済の状況が思わしくないから増税実施を延期する。


この判断と対応を是とするなら、2017年4月の増税に関しても、同じ条件を附則に盛り込むのは当然のことだろう。


これを安倍氏は、2017年4月の増税については、景気弾力条項を付さないとの考えを示している。


それは、景気循環の局面で増税実施がふさわしくないという局面でも増税を実施することを意味するのであって、その対応を取るなら、今回、増税を延期することを正当化することができなくなる。


完全に支離滅裂なのである。

人気ブログランキングへ

しかし、主権者はこの機会を最大限に活用するべきである。


選挙争点を消費税再増税の


「延期」対「中止」


とするのである。


「中止」勢力が295の選挙区に一人ずつ候補者を立てる。


そして、安倍政権と全面対決するのである。


主権者を味方につければ、政権交代を実現することも可能になる。


11月21日午後6時から、東京の四谷駅すぐそばのプラザエフ(旧主婦会館)8階で、


「再度の政権交代を実現する」集い


が開催される。


発言者   辻   恵 (前衆議院議員)
      白井  聡 (政治学者)
      植草 一秀 (経済評論家)
      森田  実 (政治評論家)


特別ゲスト 鳩山由紀夫 (元内閣総理大臣)


が登壇予定である。


参加希望者は、辻恵前衆議院議員事務所まで、氏名とご連絡先住所、電話番号を明記のうえ、FAXでご連絡を賜りたいとのことである。


FAX 03-3573-7189


消費税再増税の「中止」実現に向けて、主権者が行動を積極的に起こすべきときが到来した。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1013号「消費増税中止候補を295人に絞り総選挙に勝利する」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月18日 (火)

GDPショック総選挙争点は消費増税「延期」対「中止」

『日本経済撃墜』(ビジネス社)


http://urx.nu/efEq


に記述した通りの現実が広がっている。


この拙著を上梓したのは、日本がアベノミクス絶賛の声に包まれていた局面だった。


2014年は株価が大きく跳ね上がる年だとされた。


しかし、年初から株価は下落傾向をたどった。消費税増税の影響を織り込み始めたのだ。


そして、警告通りに日本経済は撃墜された。


この現状で消費税再増税に突き進めば、日本経済は奈落の底に突き落とされる。


『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


この警告を突き付けられて、安倍政権が消費税再増税の先送り決断に追い込まれた。

人気ブログランキングへ

安倍政権が本年4月の消費税増税を先送りしていれば、いまごろ日本経済は完全なる景気回復軌道に移行していたと考えられる。


これが安倍政権の表看板であるアベノミクスの生かし方であった。


安倍政権は野田政権が推進した財政再建原理主義からいったん離れて、日本経済の浮上を優先するスタンスを採用した。


このこと自体は正しい選択であった。


経済財政を健全化するには、経済という根本を大切にし、これを育てる発想が不可欠である。


「経済あっての財政」


であり、


「財政あっての経済」


ではない。


この基本を忘れて、経済財政の健全化を実現することはできない。

人気ブログランキングへ

安倍政権が経済再生に舵を切り替えたことは間違っていなかった。


しかし、この基本方針を捨て去り、逆方向に進んでしまった。


その結果が増税先送り判断に追い込まれた現在の姿である。


「アベノミクス」を「アベコベノミクス」に転換してしまった。


その結果として安倍政権は窮地に追い込まれているのである。


もうひとつ、アベノミクスには決定的な欠陥がある


それは、「成長」だけに目が向かい、「分配」に対する配慮がないことだ。


「政治は力の弱い者のためにある」


という根本が欠落しているのである。


アベノミクスは力の強い者がさらにのし上がることだけを目指すものである。


逆に力の弱い者をさらに踏みつけるものである。


ここに、アベノミクスのより本質の問題がある。

人気ブログランキングへ

さて、11月17日発表のGDP統計で2四半期連続のマイナス成長数値が発表された。


GDPショックが広がった。


11月16日の沖縄知事選で与党推薦候補が大敗し、11月17日のGDP速報で2期連続のマイナス成長に直面した。


主権者の安倍政権に対する評価は大きく沈み始めている


このなかで安倍政権は大義名分のない解散総選挙に突き進む。


消費税再増税を先送りすることを「売り」に選挙に挑む。


消費税再増税で「人気」を得ることができると考えていると思われる。


しかし、この目論見は甘い。


安倍政権が提示する「消費税再増税延期」


に対して、


「消費税再増税中止」


が提案されるからである。


つまり、今回の選挙は「消費税選挙」になる。


消費税再増税を


「延期」とするのか、


それとも


「中止」とするのか、


これを国民が判断することになる。


主権者の多数が消費税再増税の「延期」ではなく、「中止」を求める場合、安倍政権与党は大敗北する可能性が浮上する。


この見方を見落としてはならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1012号「「消費増税中止国民会議」が295候補を推薦する」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月17日 (月)

辺野古基地建設阻止公約の重大性が増した知事選

沖縄県知事選で翁長雄志氏が当選した。


「辺野古に米軍基地を造らせない」との県民の強い意志が翁長氏を勝利させたと評価できる。


翁長氏は選挙前に、埋立申請承認の撤回または取消を確約しなかった。


この点を明確にすることを求めて喜納昌吉氏が立候補したが支持を集めることが出来なかった。


しかし、喜納氏が立候補したことによって、翁長氏は埋立申請承認の撤回または取消について、前向きの発言を示さざるを得なくなった。


沖縄県民は翁長氏の「辺野古に基地を造らせない」という公約に思いを託して投票したのであり、選挙を通じて明確化せざるを得なくなった公約が今後の県政において重大な意味を持つことになる。


翁長氏が公約に反して、辺野古基地建設を阻止できないことは、もはや許されなくなったと理解するべきであろう。


この意味で、喜納氏による問題提起は大いなる意味を発揮したと考えられる。


「辺野古に基地を造らせない」


と唱えるだけで、辺野古基地建設は止まらない。


安倍政権の菅義偉官房長官は、9月10日の記者会見で辺野古基地建設問題は過去の問題だと明言した。


安倍政権は辺野古基地建設を粛々と推進する姿勢を示しており、この行動を踏まえて、辺野古基地建設を阻止する方策を具体的に提示してゆくことが求められる。

人気ブログランキングへ

しかし、結局のところ、カギを握るのは米国政府の判断である。


米国政府が沖縄県民の辺野古基地建設阻止の意思が確固たるものであると判断するなら、安倍政権ではなく、米国政府が辺野古基地建設を断念する可能性がある。


沖縄県民が総意で辺野古基地建設阻止を示すなら、この下で米国が基地建設を強行すれば、米国が沖縄全体を失う事態に追い込まれることも想定される。


こうした判断から、米国が主導して辺野古基地建設を断念する可能性が存在するのである。


結果論ではあるが、翁長氏は選挙前に、必要があれば、埋立申請承認を撤回または取り消すことを確約するべきであったと思う。


辺野古基地建設阻止に向けての、より明確で強い姿勢が、米国政府の譲歩をもたらし、その結果として、米国政府に隷従する安倍政権の行動を変えるからである。


だが、いまからで遅くはない。断固とした対応、ブレない対応で、必ず辺野古基地建設を阻止しなければならない。

人気ブログランキングへ

最初の試金石になるのは、沖縄防衛局による工事計画の変更申請に対する県の対応である。


辺野古に基地を造らせないことを基本に据えるなら、まずは、この変更申請を承認しないことが必要不可欠だ。


喜納氏の立候補による影響もあり、辺野古基地建設阻止に向けての行動は、飛躍的に高い県民監視の下に置かれることになった。


この効果により、翁長氏の辺野古基地建設阻止に向けての行動が厳しく制約されることになるなら、極めて望ましいことである。


第2次大戦後、沖縄は沖縄県民の意思に反して、「基地の島」にされてしまった。


日本政府によって沖縄は日本から切り棄てられ、沖縄県民は「銃剣とブルドーザー」によって蹂躙されたのである。


辺野古基地は、その沖縄が、初めて自らの意思で米軍基地を建設することを意味するわけで、歴史的にも、理念的にも、極めて重大な意味を持つものなのである。

人気ブログランキングへ

だからこそ、辺野古に基地を造らせないことは重大な意味を持つ。


私は、辺野古に基地を造らせないことを確実に確保するための方策を模索してきたが、翁長氏が「辺野古に基地を造らせない」という県民の負託を受けて、新知事に選出された以上、必ず「辺野古に基地を造らせない」という公約を遵守してもらわねばならないと考える。


繰り返しになるが、今回の選挙を通じて、翁長氏の選挙後の行動が厳しく監視されることになったことが、最大の成果であると考える。


辺野古米軍基地建設はすでに着工されているのであり、これを完全に阻止することは容易なことではないが、「造らせない」ことが公約である以上、いかなる弁解も許されないことになる。

人気ブログランキングへ

矢部宏治氏は新著


『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』


(
集英社インターナショナル)


http://goo.gl/bwpScY


の256ページに次のように記している。


「1946年の段階で「基地をなくしたうえでの返還」が決定されていたなら、いまごろ沖縄はハワイ(年間観光客780万人)をはるかに超える世界最高のリゾートアイランドになっていたことは間違いありません。


さらにはその後の冷戦の歴史そのものが、現実に起きた歴史とは大きくちがっていた可能性すらあるのです。」


私たちは沖縄から基地を撤去して、沖縄の新時代を切り拓いてゆくべきである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1011号「消費税再増税を白紙撤回させる総選挙にする」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月16日 (日)

大同団結により消費税再増税を白紙撤回させる

安倍政権が消費税再増税を先送りすることを決定して衆院解散・総選挙に踏み切る。


11月19日解散、12月2日公示、12月14日投開票の日程で進行するのではないか。


消費税再増税の先送りは、アベノミクスの失敗を意味する。


何が失敗の原因であったのか。


それは、2014年の消費税率8%への引上げが間違ったということである。


この大増税を強行すれば、日本経済は撃墜されることを警告した。


そして、その通りの現実が生じた。


このために、2015年10月の消費税再増税を断念せざるを得なくなった。


私は、2015年10月の消費税再増税を決定すれば、日本経済が奈落の底に突き落とされることを警告した。


『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


_今回は、この警告が受け入れられたのだと理解する。


「過ちて改むるに憚る勿れ」


の言葉があるから、安倍政権が消費税再増税を先送りすることを決断したことは前向きに評価したい。


しかし、これは安倍政権の得点ではなく、あくまでも失点である。


経済政策運営を誤らなければ、日本経済は順調な景気回復軌道を実現していたはずであるからだ。



人気ブログランキングへ

問題は総選挙の争点である。


消費税再増税の先送りが打ち出されたから、消費税問題は争点にならないとの声が聞かれるが、これは正しくない。


消費税再増税を先送りするためには法改正が必要になる。


年明け後の通常国会で消費税法の改定が必要になるのである。


その際に、決定的に重要なことについて、国会が判断を下すことになる。


それは、消費税再増税を


延期するのか


それとも


撤回するのか


という問題だ。


安倍政権は消費税再増税を撤回するのではない。


消費税再増税を延期するだけなのだ。


その時期は2017年4月に設定されるだろう。


今回は弾力条項が付されない可能性が高い。


これは、消費税再増税を実施することを意味する。


これに対論がある。


それは、いま計画されている消費税再増税を撤回=中止することである。


通常国会で論議される消費税法の改定は、決定的に重要な上記の内容を含むものになる。


この法改定の前に総選挙が実施される。


すなわち、主権者国民が消費税再増税実施について、


YES か NO か


判断する機会が与えられるのである。


この機会を逃す手はない。


私が消費税再増税の先送りを強く提唱してきた真の目的は、消費税再増税そのものを撤回させることにあった。


消費税再増税を先送りすれば、必ず、消費税再増税を実施する前に総選挙が実施される。


そうなれば、これまで阻害されてきた総選挙での消費税問題判断が実現する。


本年4月の消費税増税は、国民の審判=同意なしに実行されたものである。


国民が反対していたにもかかわらず、背徳の野田佳彦氏が、財務省に魂を売って、主権者を裏切るかたちで法律を制定したものである。


2012年12月の総選挙、2013年7月の参院選では、メディアが誘導して消費税増税問題を隠蔽した。


民主主義の根本が踏みにじられたのである。

人気ブログランキングへ

しかし、今回は、安倍政権の思惑とは離れて、消費税再増税の是非が最大の争点になる。

 

争点にしなければならない。


そこで、消費税再増税中止を主張する候補者を295の選挙区にただ一人擁立する準備を急がなければならない。


永田町では選挙目当ての合従連衡話が広がっているが、大事なのは政策路線である。


政党を問わず、今回は、


「消費税再増税中止」


の旗を掲げて、この方針に賛同する勢力による団結を推進するべきである。


政党に任せると「政党エゴ」が表面化するから、


「消費増税中止国民会議」


のような主権者運動を展開して、この「消費増税中止国民会議」が295選挙区について、推薦候補をただ一人ずつ認定し、主権者に訴えることが望ましいと考える。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1010号「「消費増税中止国民会議」を創設する 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月15日 (土)

消費税再増税中止野党連合なら地すべり勝利する

日本国憲法には「解散権」の規定はない。


衆議院の解散についての規定があるのは次の二つだ。


第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。


三 衆議院を解散すること。


第六十九条 内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。


衆議院の任期は4年であり、この任期を全うするのが国会議員の責務である。


内閣総理大臣が政権の勢力を維持、拡大することを目的に衆議院を解散するのは権力の濫用である。


消費税増税を決めておいて、日本経済が墜落したから消費税増税を先送りすることになったのなら、安倍晋三氏が選択するべきは衆議院解散ではなく、内閣総辞職である。


しかし、このような憲政の常道を安倍晋三氏に説いたところで意味はない。


憲法に則って国政を運営するという基本すら否定する暴走首相に正論は通用しないからだ。


安倍政権は日本政治を私物化している。


安倍氏の安倍氏による安倍氏のための衆院解散であり、政治私物化解散と言わざるを得ない。

人気ブログランキングへ

正当性のない衆議院解散ではあるが、日本の主権者は、この解散を「天佑」として活用するべきである。


日本政治の眼前には重大問題が山積されている。


原発・戦争・格差


そして


基地・消費税・TPP


の問題がある。


安倍政権は主権者国民の多数が反対する施策を強引に実行する構えを示している。


この政治の暴走を阻止するには、国会における議員の構成を大きく変えなければならない。


選挙結果に主権者の意思を正確に反映させて、日本政治を矯正しなければならないのである。


原発再稼働


戦争推進憲法破壊


弱肉強食推進


米軍基地建設


消費税再増税


TPP参加


の是非を主権者国民が判断しなければならない。

人気ブログランキングへ

しかし、選挙で争点が多数掲示されると力が分散する。


争点を絞り込み、主権者国民の力を結集しなければならない。


その中核に位置付けるべきテーマは


消費税再増税


である。


安倍政権が消費税再増税先送りの方針を示したことで、総選挙において、初めて消費税増税が争点の中核に置かれることになった。


安倍晋三氏は消費税再増税の先送りを「手柄」としてアピールして選挙を戦う目論見を持ったのだと思われるが、浅はかである。


対峙する勢力が「消費税再増税実施」なら、「先送り」は主権者国民にアピールするだろう。


しかし、いまや「消費税再増税実施」を主張する勢力は消滅した。


諸悪の根源=民主党でさえ、解散・総選挙を前に、消費税再増税実施を撤回した。


安倍政権に対峙する勢力は


「消費税再増税中止」


を旗に掲げて選挙を戦うべきである。


「先送り」ではない。「中止」である。


すでに野党が「凍結」法案を国会に提出しているが、より明確に「中止」を提示するべきである。


なにしろ、消費税増税の前提であった「シロアリ」が一匹も退治されていないのだから、消費税増税はいったん白紙に戻すべきだ。


そして、重要なことは、小選挙区制度を踏まえて、与党勢力に対峙する


「消費税再増税中止」


を主張する候補者を、各選挙区で一人に絞り込むことだ。


全選挙区に候補者を擁立するとする野党が存在するが、意気込みは評価したいが、候補者調整をしないことは、自民党を利することになる。


政党が党利党略で動くなら、主権者国民が動かなければならない。


「打倒安倍政権主権者連合」


が295選挙区の適正候補者を一人に絞り込む活動を展開する必要がある。


消費税増税問題では、民主党の菅直人氏、野田佳彦氏、岡田克也氏、玄葉光一郎氏の四名がA級戦犯であるので、この4名に対しては、徹底した落選運動を展開するべきである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1009号「「消費税再増税中止」候補者を295人に絞る」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月14日 (金)

沖縄県知事選に利用されている辺野古基地問題

「高くて硬い壁と、壁にぶつかって割れてしまう卵があるときには、私は常に卵の側に立つ


私は村上春樹さんのこの言葉を改めて噛みしめる。


沖縄で県知事選が行われている。


投開票日まであと2日である。


最大の争点は辺野古米軍基地建設の是非とされているが、本当にそのような選挙になっているのか疑問である。


辺野古に基地を作らせないことを真剣に考えるなら、そのための方策は何であるかが徹底的に論じられなければならない。


現状で、辺野古に基地を作らせない方策は、ただひとつである。


仲井真弘多知事が行なった埋立申請承認を取り消すことである。


仲井真知事による埋立申請承認には瑕疵がある。


とりわけ環境調査結果と埋立申請承認の間に決定的な矛盾がある。


だからこそ、埋立承認取消の訴訟まで提起されている。


この訴訟の代理人代表を務めている池宮城紀夫弁護士は、埋立申請承認の取消も撤回も可能であるとの見解を示している。


つまり、埋立申請承認の取消を新知事が実行することは可能と考えられるのである。


新知事が埋立申請承認を取り消す場合、国は訴訟に訴えてくる可能性が高い。


そうなると、県は国と裁判で闘わなければならなくなる。


しかし、安倍晋三政権の菅義偉官房長官が、9月10日の記者会見で明言したように、新知事が行動を起こさなければ、国は粛々と辺野古基地建設を進めてゆくのである。

人気ブログランキングへ

つまり、「辺野古に基地を作らせない」ことを真剣に考えるなら、埋立申請承認の撤回または取消を主権者に確約し、選挙後の知事の行動にしっかり「枠をはめる」ことが必要不可欠なのだ。


ところが、翁長雄志氏は、最後までこれを拒絶した。


この点を厳しく突いたのが喜納昌吉氏である。


喜納氏は翁長氏が埋立申請承認または撤回を確約するなら出馬しないことまで明言した。


この貴重な提言を尊重し、埋立申請承認の撤回または取消を確約して、候補者を一人に絞るべきであった。


ところが、これが実現しなかった。


そのために、極めて不透明感の強い選挙になっているのである。

人気ブログランキングへ

つまり、


「辺野古」が材料にされている。


「辺野古」が利用されている。


この疑いが非常に強い。


「辺野古に基地を作らせない」


ことを真剣に希求してきた人が、正しい方向に誘導されているのかどうか。


疑問が残存しているのである。

人気ブログランキングへ

翁長雄志氏の後援会には、沖縄の有力土木建設業者がついている。


仲井真弘多氏の背後にも、沖縄の有力土木建設業者がついている。


下地幹郎氏の背後にも、沖縄の有力土木建設業者がついている。


ところが、翁長氏陣営には、これと革新が相乗りしている。


革新は「辺野古基地建設阻止」を求めて、埋立承認撤回を公約に盛り込むことを要求していた。


しかし、翁長氏の有力後援者は、辺野古基地建設阻止を明確にすることに反対したのだと思われる。


この両者が手を組むための方策が、


「腹八分腹六分の契り」


だった。


このような「曖昧公約」で、本当に辺野古基地建設を阻止できるのか。


「辺野古に基地は造らせない」ことを掲げて翁長氏を支持する人々、勢力は、この点に責任を持ってもらわねばならない。

人気ブログランキングへ

利権と組織という「システム」による「壁」が立ちはだかっている。


「卵」となって、この「壁」に挑んでいるのは誰なのか。


「利権」や「組織」を離れて、純粋に市民の立場から、基地建設阻止を実現するための方策を熟慮し、草の根の市民の声で沖縄の新しい政治を作る。


これが実現するのかどうか。


沖縄知事選ではこのことが問われている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1008号「「消費税再増税の凍結」が打倒安倍政権総選挙公約」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月12日 (水)

12月14日総選挙争点は原発・戦争・格差だ

10月22日付ブログ記事


「日本経済が「奈落」に転落しないための条件」


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-939a.html


に記述したように、新著


『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


_は、日本経済が「奈落」に転落しないための処方箋を示した書である。


本日付の日本経済新聞に広告が掲載されているのでご参照賜りたい。


昨日付記事に記述したが、


11月19日解散


12月14日投開票


の日程で総選挙が実施される見通しが固まりつつある。


当初の年内解散のシナリオは、プーチン大統領来日、拉致被害者帰国実現によって政権支持率を高めたタイミングでの解散・総選挙であり、このケースでは選挙後に増税決定が予定されていた。


ところが、プーチン大統領来日と拉致被害者帰国の両方が実現せず、シナリオ修正が必要になった。


そこで、消費税増税先送りを武器に解散・総選挙を実施するシナリオが描かれたのである。


野党の総選挙対応が進まぬうちに先手必勝で勝利を得ようとするものである。

人気ブログランキングへ

このために、消費税再増税の先送りが決定される可能性が高まった。


これを反映して株価が急騰している。


日経平均株価はどこまで上昇するか。


その解答は拙著のなかに記してある。


背景はともかく、消費税再増税を先送りすることは適正であり、この政策判断によって、日本経済は非常に大きな恩恵を受けることになる。


しかし、これを安倍政権の「功績」とすることは正しくない。


もともと正当性のない消費税増税を推進してきたことに問題があるのであって、この間違った増税を先送りするからといって、評価されるものではないからだ。


安倍政権は増税先送りを安倍政権の「手柄」であるかのようにアピールして総選挙に臨む可能性があるが、これを「盗人猛々しい」という。


正当性がまったくない消費税再増税を前面に掲げてきたことが大きな間違いだったのであり、その間違いを正すという以上の意味はない。


それでも、


「過ちて改むるに憚る勿れ」


の言葉もあるから、間違った消費税再増税を先送りする決断をするなら、それはそれで正しい行動ではある。

人気ブログランキングへ

2年前の11月16日に衆議院が解散された。投開票日は12月16日だった。


安倍晋三氏は柳の下の二匹目のどじょうを狙っている。


そうは問屋が卸すかどうか。


カギを握るのは主権者の判断と行動である。


総選挙の争点は、


原発・戦争・格差


である。


1.日本が地震・火山噴火活動期に入ったなかで原発の再稼働を推進するのかどうか。


2.米国が創作する戦争に日本が積極参加することを推進するのかどうか。


3.派遣労働をさらに拡大し、日本をさらに深刻な格差社会に転落させるのかどうか。


この三点を争点に総選挙を行うべきである。


野党陣営の再編が進んでいないが、政党に委ねていては埒が明かない。


主権者が主導するべきである。


当選させるべきでないのは、安倍政権与党候補と悪徳民主党候補である。


全国300の選挙区で、主権者がただ一人の主権者勢力候補を定めて、この候補者に投票を一本化する。


党派を限定する必要はない。


上記の三争点についての公約が判断のカギである。


主権者勢力で複数候補が立候補する可能性がある場合には、主権者が候補者の一本化を誘導するべきである。


政党に委ねると政党エゴが前面に出るから、主権者が候補者調整を主導するべきである。


原発・戦争・格差


を争点に総選挙が行われるなら、安倍政権が楽勝するというわけにはいかなくなるはずだ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1007号「「戦争と弱肉強食」対「平和と共生」の総選挙」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2014年11月11日 (火)

増税先送りを「手柄」にする盗人猛々しい総選挙

11月19日に衆議院が解散され、12月14日または12月21日に総選挙が実施される。


衆院の年内解散・総選挙の可能性が急浮上している。


_拙著『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


に、年内解散・総選挙の可能性が高く存在することを記述した。


本来の年内解散・総選挙シナリオは、ロシアのプーチン大統領訪