« 消費税再増税決定すれば安倍政権は終焉する | トップページ | 政策運営・過剰債務問題に安倍政権が採るべき対応 »

2014年10月 2日 (木)

えん罪被害者石川知裕元議員を全面支援する

日本の司法は正常に機能していない。


例外的には司法が正しい判断を示すことはある。


本年5月21日には、福井地裁は関西電力大飯原発について運転差し止め命令を示した。


また、本年3月27日には、静岡地方裁判所がえん罪・袴田事件について再審開始を決定するとともに、死刑の執行と拘置の執行を停止する判断を示した。


袴田巌さんは、逮捕されてから実に47年7ヵ月ぶりに東京拘置所から釈放された。


例外的に司法が正しい判断を示すことはある。


しかし、多くのケースで、裁判所はまったく司法の役割を果たさず、闇の勢力として悪徳を働いている。


2010年1月15日に、石川知裕衆議院議員など3名が政治資金規正法違反容疑で不当逮捕された、いわゆる「陸山会事件」について、最高裁判所がこの9月30日付で、石川知裕氏の上告を棄却する決定を出した。


禁錮2年、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。


政治資金規正法の規定により、執行猶予期間中は選挙への立候補が禁じられる。


今世紀最大の不正裁判、不正判決のひとつであると言ってよいだろう。


日本の司法はまったく機能していないのである。

人気ブログランキングへ

この現実に対して、私たちが取るべき対応は、司法の判断を「相対化」することである。


日本の司法は、歪んだ判断、間違った判断、不当な判断を示すことが多い。


この司法の判断を「絶対視」すれば、真実を見誤る。


無実であるのに罪を着せられ、基本的人権が根底から侵害されるケースが多数存在する。


とりわけ、政治的な意図によって、特定の人物の社会的生命を抹殺するために、司法の力を利用して、不当で不正な司法判断を示すケースが存在する。


この種のえん罪事案を


「人物破壊工作=Character Assassination


と呼ぶ。


政治権力が政治的敵対者の社会的生命を抹殺するために、警察・検察・裁判所、そしてマスメディアを総動員して、その政治的敵対者を激しく攻撃する行動のことである。


小沢一郎氏は人物破壊工作の代表的な被害者の一人であり、私も、その一人である。


無実の真実が厳然と実在していても、権力が人物破壊工作を実行すれば、その影響は計り知れない。


小沢一郎氏の裁判においては、最後の局面で、無罪が確定する逃げ道が用意されたが、元秘書の石川知裕氏に対しては有罪確定という攻撃が実行された。


最終的な取り扱いはケースバイケースである。

人気ブログランキングへ

私たちは、日本の司法が正常に機能していないことを正確に把握しておく必要がある。


その現実を正確に把握しているなら、司法が示す判断を「絶対視」しない習慣が身につくのである。


裁判所が有罪の判断を示したとしても、それはひとつの可能性を示したことに過ぎないのだ。


裁判所が正しい判断を示すことはある。


しかし、間違った判断を示すことも少なくないのである。


とりわけ、政治的要因が絡んでくると、裁判所の判断は著しく歪むケースが激増する。


この現実を正確に認識しておくなら、裁判所の判断を「絶対視」しない対応が一般化するのである。


「裁判所はあのように判断したが、自分はそれを鵜呑みにせず、自分の目でものを見て、自分の頭で判断しなければいけない」


と考えるようになるのである。

人気ブログランキングへ

私は裁判所が不正で不当な判断を示したが、


常時清風 自他同然 悠々堂々


の心境で日々を過ごしている(上記の言葉は故舩井幸雄氏によるもの)。


天、地、我、汝のみが真実を知る。この「四知」において無実潔白の真実がある以上、心に曇りは一点もないのである。


石川知裕氏は最高裁の判断が示されたことを受け、毎日新聞の取材に対して、


「ある程度覚悟はしていたが、最高裁の良識に期待もしており、司法に対する失望を感じる。これからも自らの無実を訴えたい」


と強調するとともに、今後の政治活動について、


「気持ちを切り替え、後援会とも相談しながら継続していきたい」


と話したと報じられている。


石川氏が無実潔白であることは、多数の心ある者が確信している「真実」なのである。


このような不正で不当な司法に対して、最後まで筋を通して闘い抜いた石川氏の毅然とした姿勢は賞賛されるべきものである。


2009年3月3日の大久保隆規氏逮捕に始まった「西松事件」、「陸山会事件」は、我が国の政治史に最悪の汚点を残した政治謀略不正えん罪事件である。


この事件を風化させてはならない。


そして、この事件によってもたらされた日本政治の転覆の現実を放置してはならず、必ず、「原状回復」を実現してゆかねばならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第975号「希望の裁判所と絶望の裁判所の分類不可欠」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 消費税再増税決定すれば安倍政権は終焉する | トップページ | 政策運営・過剰債務問題に安倍政権が採るべき対応 »

小沢代表秘書不当逮捕(5)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/57553504

この記事へのトラックバック一覧です: えん罪被害者石川知裕元議員を全面支援する:

» 政治的ではいけないのか? 〜佐野市の小役人どもに物申す〜 [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ]
〔2014年9月30日 東京新聞〕 ◆◆不破利晴のオリジナル・メールマガジンです。価格と面白さの両立を目指しています◆◆  憲法九条への想いを綴った短歌の掲載拒否といった ”事件” は、未だ我々の記憶に新しい。しかも、掲載拒否したのがさいたま市の地元公民館の月報だった...... [続きを読む]

» 最高裁事務総局が憲法を無視している!? [高橋敏男のブログ]
植草一秀さんの『知られざる真実』ブログから、 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-c365.html [続きを読む]

« 消費税再増税決定すれば安倍政権は終焉する | トップページ | 政策運営・過剰債務問題に安倍政権が採るべき対応 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ