« 消費税再増税強行主張谷垣法相の本末転倒 | トップページ | 国と自治体は土砂災害警戒区域を一斉点検せよ »

2014年8月20日 (水)

ティーオフせず官邸に戻るべきだった安倍首相

「安倍晋三首相は20日午前6時30分、関係省庁に対し、「政府の総力を挙げて救命・救助などの応急対策に全力で取り組む」ことなどを指示した。その後、夏休みで山梨県富士河口湖町で行っていたゴルフを切り上げて首相官邸に戻った。」


これは、朝日新聞ウェブサイトに掲載されている


2014
8201248分の


「安倍首相、ゴルフ中断し官邸へ 大雨で情報連絡室を設置」


とのタイトル記事の記述である。


広島で大規模な土砂災害が発生して多数の死傷者、行方不明者が発生している。


報道によると、大規模災害は次のような経過のなかで発生した。


広島地方気象台は19日午後9時25分、最初の大雨警報を発表した。


広島県などは20日午前1時15分に、大雨による土砂災害の危険が高まったとして、広島市と廿日市市に「土砂災害警戒情報」を出した。


そして、広島市で20日午前3時以降、土砂崩れや生き埋めの通報が相次いだ。


しかし、広島市が避難勧告を出したのは午前4時20分以降であった。

人気ブログランキングへ

安倍政権は20日午前4時20分に首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、これを午前11時15分に官邸連絡室に格上げした。


この間に安倍晋三首相は山梨県河口湖畔にある富士桜カントリークラブでゴルフを楽しんだ。


時事通信社配信の首相動静によると、安倍首相は、


午前722分、山梨県鳴沢村の別荘発。


26分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。


森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相、岸信夫外務副大臣、加藤勝信官房副長官、萩生田光一自民党総裁特別補佐、山本有二同党衆院議員、日枝久フジテレビ会長、笹川陽平日本財団会長とゴルフ。


その後、


被害の情報は安倍氏に伝えられたが安倍氏はゴルフを開始した。


約1時間後に打ち切り、いったん近くの別荘に戻った後、官邸に向かった。


首相動静では、


9
22分、同県鳴沢村の別荘。


10
59分、官邸。11時、危機管理センターで古屋防災相、西村内閣危機管理監。菅官房長官同席。


23
分、報道各社のインタビュー。

人気ブログランキングへ

安倍氏がゴルフを始めた時刻には、すでに甚大な災害に発展していた。

危機管理の鉄則に従えば、ゴルフに興じるのをあきらめて、直ちに首相官邸に向かうべきであった。

一緒にゴルフを楽しんだのが森喜朗氏であった点がポイントである。


2001年2月10日8時45分(日本時間)に、アメリカ合衆国ハワイ州のオアフ島沖で発生した、愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」が浮上してきたアメリカ海軍の原子力潜水艦「グリーンビル」と衝突して沈没した事故(えひめ丸事故)では、事故の一報を聞いた森喜朗首相(当時)がゴルフ場に留まったことが大きな問題となり、その後、辞任に追い込まれた。


国内で発生した甚大な災害であり、安倍氏が一報を知った時点で、現在進行中の惨事である。


この状況下でゴルフに興じることができる神経は並大抵のものでない。


しかも、冒頭の朝日記事が示すように、


「関係省庁に対し、「政府の総力を挙げて救命・救助などの応急対策に全力で取り組む」ことなどを指示した」


上で、ゴルフをスタートさせたのだから、驚きを禁じ得ない。

人気ブログランキングへ

多くの参加者がいたから、ゴルフ場に集合するところまでは理解できる。


メンバーがそろった時点で、安倍氏が状況を説明して、ゴルフを中止して解散。その上で、安倍氏が首相官邸に直行するというのが、常識的な危機管理のあり方であると思われる。


1時間で切り上げたから良いということにはならない。


一国の首相として、国民の、


「生命、自由および幸福を追求する権利」


を、安倍晋三氏は極めて重視しているようなことを、いつも国会で述べているように感じてきたが、それほどは重視していないということなのだろうか。

人気ブログランキングへ

災害だけでなく、日本はいま、いろいろなことで大変な状況に陥っている。


安倍氏はアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で、福島の状況について、


The situation is under control.


と述べた。


すべての日本人がビックリ仰天した。


また、汚染水について、


「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」


と述べたが、汚染された地下水を凍土壁で遮断する工事も失敗しつつある。


景気は大崩落。シリアでは邦人が拘束されている。


ゴルフ三昧を公言できる環境にはないように思われる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第941号「ゲリラ豪雨による土砂災害への抜本対応急務」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 消費税再増税強行主張谷垣法相の本末転倒 | トップページ | 国と自治体は土砂災害警戒区域を一斉点検せよ »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティーオフせず官邸に戻るべきだった安倍首相:

» 日本はどうなる?安倍晋三首相の命理を見る 2 范仲淹ー2     後楽園 子平(四柱推命)   先憂後楽 [南華のブログ]
先述のように、北宋の名臣と謳われる 范仲淹 の命式は、 年干支と日支を除き、阿部首相 と同じ干支の並びとなっています。 范仲淹といえば、台湾系の女優で2002年に亡くなった范文雀さんのご先祖とされ、日本ではもっぱら『岳陽楼記』にある「先憂後楽」という言葉で知られています。 「天下を以て己が任となし、天下の憂いに先んじて憂え、天下の楽しみにおくれて楽しむ」  これは、政治家の心得を述べたもので、 判りやすく言いますと、 首相たるもの、 人々が大雪で食料や燃料にも苦しんでい... [続きを読む]

» 【広島土石流とゴルフ】安倍首相とマスコミの関係を覗き見るには十分な報道ぶりだ [みなと横浜みなみ区3丁目]
安倍首相のゴルフに批判 広島土砂災害、報告後にプレー(Doshinweb 北海道新聞8月21日06:00) 安倍晋三首相が20日、広島市の土砂災害の第一報を受けながら静養先の山梨県でゴルフを始め、約1... [続きを読む]

« 消費税再増税強行主張谷垣法相の本末転倒 | トップページ | 国と自治体は土砂災害警戒区域を一斉点検せよ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ