« -6.8%成長どころでないGDP崩落の真実 | トップページ | 悪魔の枢軸中核米国にひれ伏し隷従する安倍政権 »

2014年8月14日 (木)

GDP報道に見る日経とNHKの救い難い劣化

昨日発表された4-6月期のGDP統計は、消費税増税に伴う影響が甚大であることを鮮明に示した。


「消費税増税の影響軽微」


の報道を展開し続けてきた日本経済新聞は、これまでの報道が「誤報」であったことを認めて謝罪するべきである。


ところが、その日経新聞が8月14日紙面で


「景気、緩やか回復続く」


の見出し記事を掲載した。


誤りを誤りとして認めることをせず、間違った主張を強引に押し通そうとする、弱い敗者に特徴的に見られる行動様式が示されている。


日本経済新聞の劣化は目を覆うばかりである。

人気ブログランキングへ

類似した報道を展開しているのがNHKだ。


NHKは昨日の定時ニュースでGDP激減統計について、


「大都市圏とそれ以外の消費回復は二極化している」


との報道を行った。


大丸東京店の売り上げは前年同月を上回る状態が続いているが、高知大丸の売り上げは下がっていることを紹介し、大都市と比べて、それ以外の地域では所得が増えている人が少ないことが背景にあるとみられるとの声が紹介された。


日本経済新聞とNHK報道の特徴は、こうした歪んだ見解を、第三者の言葉として報道していることである。


日経新聞の場合、民間調査機関のGDP成長率見通しの数値が「緩やかな景気回復が続く」根拠として用いられている。


NHKの場合は百貨店職員の声を根拠に大都市は堅調で地方都市が停滞の見方が示されている。


いずれも、間違った場合のリスクヘッジの手法である。


あくまでも第三者の見方を紹介したまでのことだと言い逃れる準備が施されているわけだ。

人気ブログランキングへ

経済統計を公正に見る限り、日本経済新聞もNHKもいずれも完全なる「誤報」である。


4-6月期GDP統計で経済成長率が前期比年率-6.8%となったが、この統計のポイントは、在庫急増がGDP成長率を前期比で1.0%も押し上げたことにある。年率換算では4%以上もGDP成長率を押し上げたのである。


在庫増が生産を押し上げたとはどういうことか。


経済分析の専門家でないと、その意味をすぐには理解できない。


GDPは「生産」の統計で「最終需要」の統計ではない。


4-6月期GDP統計が示した最重要のポイントは、売れ残りである「在庫」が激増して、この売れ残りを発生させた「生産」が経済成長率を4%も押し上げた点にある。


とんでもない売れ残りが発生してしまったのである。


売れ残りが出ないように生産していれば、つまり、モノの売れ行きに応じた生産が実行されていた場合、経済成長率は年率で10%以上の落ち込んだのである。


さらに、経済成長率は外需で前期比1.1%も押し上げられた。


輸入の急減が原因だが、この外需の成長押し上げ効果は今後期待できない。


この寄与を差し引くと、経済成長率の実態は年率-16%だったのである。


とんでもない日本経済崩落が生じたのである。

人気ブログランキングへ

百貨店売上を見てみよう。


日本百貨店協会が月次の地域別百貨店売上の前年比伸び率を公表している。


http://www.depart.or.jp/common_department_store_sale/list


東京地区の売上伸び率推移は


4月 -10.8% 5月 -4.3% 6月 -4.1%


だった。


四国の売上伸び率推移は、


4月 -14.3% 5月 -2.6% 6月 -4.6%


だった。東京と四国で大差はないのである。


大丸東京店という一つの例外を用いて、大都市圏は堅調だが地方は低迷しているとの報道を展開したNHK。


NHKの劣化も目を覆うばかりである。

人気ブログランキングへ

7-9月期のGDPは前期比では大幅プラスになる。


しかし、このような数字のトリック=偽計で消費税再増税を決められてはかなわない。


財務省の支配される日本の報道機関が日本劣化の大きな原因となっている。

人気ブログランキングへ

前日弁連会長の宇都宮健児氏が拙著をツイッターで紹介下さった。


「大分の実家に帰省中に読んで良かった本を紹介します。『日本の真実〜安倍政権に危うさを感じる人のための十一章〜』(植草一秀著、飛鳥新社)。「戦争と弱肉強食」社会を作ろうとしている安倍政権の実態と日本社会の構造的問題点がよく分かる本です。」


https://twitter.com/utsunomiyakenji


記して深く感謝の意を表したい。


Cover1


同じく、拙著『日本の真実』(飛鳥新社)



http://goo.gl/8hNVAo



について、良質な情報を提供する報道機関であるデータ・マックス社


http://www.data-max.co.jp/



が書評掲載と併せてプレゼント企画を提示してくださった。


http://goo.gl/Y6FMbS



追加で、当方からデータマックス社を通じて読者プレゼントを提案したく考えているのでご期待賜りたい。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第936号「家計消費基調が弱く消費税再増税余地は皆無」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« -6.8%成長どころでないGDP崩落の真実 | トップページ | 悪魔の枢軸中核米国にひれ伏し隷従する安倍政権 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GDP報道に見る日経とNHKの救い難い劣化:

« -6.8%成長どころでないGDP崩落の真実 | トップページ | 悪魔の枢軸中核米国にひれ伏し隷従する安倍政権 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ