« 冤罪多発に3%可視化示した警察検察の厚顔無恥 | トップページ | 民意踏みにじる安倍政権は最後に叩きのめされる »

2014年7月 6日 (日)

安倍内閣支持率5割切り、不支持率との逆転が確実

安倍政権の政策運営を主権者国民がどのように評価しているか。


民主主義の視点から言えば、これが一番大切である。


主権者の判断を直接知ることは難しいが、ひとつの参考になるのが、メディアが実施する世論調査である。


しかし、世論調査には多くの問題があり、調査結果をそのまま鵜呑みにはできないという制約がある。


例えば、主要論点に関する主権者国民の判断が、調査するメディアによって偏りが生じるからだ。


集団的自衛権行使容認の解釈改憲に賛成のメディアが調査すると、賛成多数の結果が得られ、反対のメディアが調査すると反対多数の結果が得られたりする。


各新聞の購読者を対象に調査しているというなら分かる話だが、主権者を無作為に抽出して調査しているというなら、メディアによる偏りは、本来生じないはずである。


したがって、世論調査は中立公正の調査ではなく、調査機関の意図や操作が入り混じる調査であるということになる。


考えられるのは、質問の言い回しによって回答を誘導していることと、調査を実施するメディアが、調査に何らかの人為的な操作を加えていること。


恐らく、その両者が実行されているのだろう。

人気ブログランキングへ

こうした限界を持つ世論調査であることを念頭に入れて世論調査結果を見なければならない。


例えば、集団的自衛権の問題では、読売、産経、日経は、御用機関に堕落して、これに賛成の見解を表明しており、世論調査も適正に行われているとは考えられない状況にある。


他方、朝日や中日は集団的自衛権行使容認の解釈改憲に反対の見解を明示しており、世論調査でも、幾分のバイアスがかかることが考えられる。


この意味で、比較的中立の立場から調査を行っていることが期待できるのが、通信社共同である。


安倍晋三政権は、共同通信を完全支配できないことから、新しい通信社を創設することを画策しているとも見られている。


裏側で暗躍するのが読売である。


つまり、読売が指揮して、共同とは別に、もうひとつの通信社を創設する企みが存在しているのだという。


通信社は日本全国の情報空間を支配する上で、決定的な役割を担う。


全国47の都道府県に地方紙がある。


地方では、新聞購読者数のシェアで、この地方紙が第一位になっているケースがほとんどである。


読売、朝日、毎日、産経、日経の全国紙5紙のシェアは、地方ではさほど高くない。


地方紙がNO.1の地位を占めているケースがほとんどである。


この地方紙は中央の政治、国の経済政策などに関する記事を十分には供給できない。そこで、こうした地方紙は、通信社が提供する記事を、そのまま掲載しているのである。


したがって、日本のマスメディア情報空間を支配する上で通信社が持つ意味は極めて大きいのである。


安倍政権は読売と結託して、新しい通信社を創設し、日本の情報空間の支配をさらに強めようとしていると、業界ではささやかれているのである。

人気ブログランキングへ

さて、本題は主権者の判断である。


共同通信社が6月21、22日に実施した全国世論調査は、足下の主権者の判断をそれなりに正しく伝えている部分があると感じられた。


6月23日付の


ブログ記事「主権者の意思に反する安倍政権暴走政策運営」


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-6acc.html


および、


メルマガ第895号記事


「主権者の意思に基づく政権樹立の決定的条件」


http://foomii.com/00050


にその内容を記述した。


その共同通信社が7月1、2日に、全国緊急電話世論調査を実施した。


ここで、ひとつの重要な結果が得られている。


それは、内閣支持率が50%を下回ったことだ。


内閣支持率は47.8%、不支持率は40.6%となった。


10日前の調査では、


内閣支持率は52.1%、不支持率は33.0%だった。


支持率の急落と不支持率の急上昇が生じたのである。


070214


共同通信が提示した世論調査結果では、主権者は、


集団的自衛権行使そのものに反対し、


安倍政権の行使容認の範囲が今後広げられてしまう危険が大きい、


解釈改憲に向けて検討が十分に尽くされていない


との判断を明示した。


さらに、


衆院を解散して国民に信を問う必要性について、


必要があるが68.4%、必要がないが24.6%


の結果を示した。


安倍政権の暴走に対する主権者の判断が、急激に厳しいものになっていることが示されている。


政治の主役は、本来主権者であるべきだ。


しかし、いま、その主権者の手に主権が存在しない。


主権者国民の手に主権を取り戻さなければならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第903号「安倍政権の下で暗黒社会に突き進む日本」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 冤罪多発に3%可視化示した警察検察の厚顔無恥 | トップページ | 民意踏みにじる安倍政権は最後に叩きのめされる »

集団的自衛権行使憲法解釈」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍内閣支持率5割切り、不支持率との逆転が確実:

» 権力の抑制均衡のメカニズム [興趣つきぬ日々]
目白の学習院大学です。 ゆったりとした敷地に洒落た建物。とてもきれいなキャンパスですね。 きのう(7月4日)、小雨降る夕どき、この学び舎で青春を謳歌する若い学生たちのなかに、チラホラとふだんおそらく見かけないであろうと思われるおじさん、おばさんたちがい...... [続きを読む]

« 冤罪多発に3%可視化示した警察検察の厚顔無恥 | トップページ | 民意踏みにじる安倍政権は最後に叩きのめされる »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ