« 創作された右傾化の空気に騙されてはいけない | トップページ | 情報最先進県沖縄知事選が政局転換の契機になる »

2014年6月 4日 (水)

STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ

STAP細胞騒動の真相が明らかになり始めている。


私は4月17日付ブログ・メルマガに次の記述を示した。


「STAP細胞そのものが、極めて疑わしいものであることが判明したのである。


(
中略)


大きな騒動が起きて、明らかにするべきことは、STAP細胞の存在が確認されているのかどうかという点である。


小保方氏は記者会見で「STAP細胞はあります」、「200回以上、STAP細胞の作製に成功した」と述べたが、小保方氏が発言した「STAP細胞」は学術的な意味でのSTAP細胞ではないと考えられる。


小保方氏が述べた「STAP細胞を作製した」というのは、「未分化の細胞を確認した」だけに過ぎないのだと思われる。


その「未分化の細胞」から、LIFと副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を含む培地を用いることにより、多能性と自己複製能を併せ持つ細胞株、すなわちSTAP幹細胞を得る方法が確立されたとされているが、STAP幹細胞を得る実験を行ったのは小保方氏ではなく山梨大学の若山教授である。


問題は、この若山教授がSTAP細胞の作製に異議を唱えたことである。


その最大の根拠とされたのは、以下の事実である。(Wikipediaより転載)


「小保方が若山に提供した細胞から、若山が小保方に実験を依頼した系統のマウスとは異なる遺伝子が検出されたことがわかった。小保方はいずれの株についても「129」と呼ばれる系統のマウス由来の細胞だとして若山に提供した。しかし遺伝子を調べたところ、「B6」系統のマウスと、B6129との間の子どものマウスに由来する細胞とわかった。」

人気ブログランキングへ

幹細胞作製は若山教授が担当したということであると思われるが、若山教授は小保方氏から提供を受けた「未分化の細胞(小保方氏が言うところのSTAP細胞)」からSTAP幹細胞の作製を行い、その万能性を確認したのだと思われる。


ところが、論文の学術上の疑義が生じたことから、若山教授は小保方氏から提供された細胞の解析を第三者機関に依頼した。


その結果、小保方氏から提供された細胞が、若山氏が小保方氏に実験を依頼した系統のマウスとは異なる遺伝子を持つことが判明したのである。


ただし、この解析は、今回のネイチャー論文に掲載した実験とは異なる実験で提供された細胞についての解析であるという。


この事実が判明したために、若山教授が論文の撤回を呼びかけた。


これが今回の問題が大不祥事に発展した直接のきっかけである。

人気ブログランキングへ

こうして事実関係を負ってみると、極めて不可解な現実が浮かび上がる。


若山教授の指摘は、まさに核心を衝くものなのである。


そして、もし、若山氏が依頼した遺伝子の解析が、今回のネイチャー論文にかかる細胞についての実験ではない、別の実験にかかるものであるとの説明が真実でなかったらどうなるのか。


完全なる不正が存在したことになる。


不可思議だと思われるのは、若山教授が、今回のネイチャー論文にかかる実験で用いた細胞を保管しており、この細胞の遺伝子解析を第三者機関に依頼することが十分に可能であると考えられることだ。


そうであるなら、その核心の解析を依頼すれば、真実は誰の目にも明らかになるはずである。


その解析結果に、何らの矛盾がなければ、若山教授は論文の撤回を提案などしなかったのではないか。


未分化の細胞が作製され、その未分化の細胞から万能性を有する幹細胞が作製されたこともたしかなものになるはずである。

人気ブログランキングへ

ここから先は、一つの推論である。


若山教授は、すでに、問題の核心、確証を得ているのではないかと思われる。


若山教授が、ネイチャー論文にかかる実験で用いた細胞についての解析を依頼し、その解析結果から、若山氏が依頼したマウスとは異なる系統の遺伝子が含まれていたなら、その過程で重大な不正が介在した蓋然性が著しく高まる。


この結果を受けて、若山氏は論文撤回を提案したのではないのか。


しかし、その事実を公表することのインパクトは想像を絶するものになる。

人気ブログランキングへ

理研サイドは、関係者から十分に事情を聴き、かつ、証拠関係の資料、保管物などを詳細に検証すれば、論文に不正が存在したのかどうかは判定できるはずである。


科学論文であるのだから、客観的に誰でもが確認できることが、証明の価値そのものである。


誰も確認もできず、証拠も掲載されていない論文を、世紀の大発見と表現すること自体が、そもそもの間違いである。


STAP細胞問題が、巨大不正事案として決着することは、いまの政治事情からすれば、容認され難いこととなる。


理研の「特定国立研究開発法人」指定など、はるかかなたに吹き飛ぶことは間違いない。

人気ブログランキングへ

まずは、若山教授がネイチャー論文で幹細胞作製に用いた細胞の解析結果を公表することが先決である。


メディアは若山教授に取材しても、「論文撤回の考えは変わらない」のコメントしか引き出せずにいる。


問題の核心は別のところにある。


若山教授が提供を受けた細胞がどの系統のマウスのものであるのかを確認するべきである。


専門知識を要する問題であることを利用して、核心の調査、調査結果公表がはぐらかされ、問題の核心を闇に葬る策略が進行していないかどうか。


常識的判断力のあるメディアが、積極的に行動し、真実を明らかにしてゆく必要がある。


同時に、主権者国民の血税を意味不明な領域にばら撒くことだけは絶対に阻止しなければならない。」

人気ブログランキングへ

引用が長くなったが、問題の核心が明らかになり始めている。


小保方氏が作製したとされる「STAP細胞」が正当に作製されたものではなく、別のマウス由来のES細胞などであるということになると、これは単なる論文の不備、論文不正の域を完全に超えることになる。


犯罪的な捏造ということになる。


真相の徹底解明が必要不可欠である。

人気ブログランキングへ

(訂正とお詫び)安倍首相による神戸の理化学研究所:発生・再生科学総合研究センター視察日時は2013年1月11日でしたので、訂正してお詫びします。

続きは本日の
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
第879号「科学技術振興の美名による財政バラマキをやめよ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 創作された右傾化の空気に騙されてはいけない | トップページ | 情報最先進県沖縄知事選が政局転換の契機になる »

STAP細胞」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ:

« 創作された右傾化の空気に騙されてはいけない | トップページ | 情報最先進県沖縄知事選が政局転換の契機になる »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ