« 「新成長戦略」という名の新手の政策詐欺にご用心 | トップページ | 小保方リーダーが若山教授に渡した細胞の真実 »

2014年6月11日 (水)

党首討論での安倍首相オバマ来日発言の虚偽引用

6月11日の国会で党首討論が行われた。


民主党の海江田万里氏代表が質問に立ち、安倍政権の憲法解釈変更の姿勢を糺した。


これに対して、安倍晋三氏は、質問に正面から答えることをしないだけではなく、事実に反する発言を示した。


海江田氏の質問は正鵠を射るものである。


歴代内閣が公式見解として示してきた憲法解釈を変更するなら、堂々と憲法改定の手続きを取る必要があるというもの。


海江田氏は、なぜ憲法改定の手続きを取らずに、憲法解釈の変更という道を進もうとするのかを質した。


しかし、安倍晋三氏はこの質問に答弁しなかった。


真正面から答弁できる論拠が存在しないためであると推察される。


そして、事実に反する発言を示した。


それは、オバマ大統領が来日した際の発言についてである。


安倍晋三氏は、オバマ大統領が、


「尖閣諸島が日米安保条約第5条の適用範囲で、尖閣有事の際に、米国が防衛義務を果たす」


と明言したと述べた。


これは虚偽である。


国会の党首討論でさえ、このようなウソを平然とつけるのである。


安倍政権の「ペテン体質」を改めて浮かび上がらせることになった。

人気ブログランキングへ

オバマ大統領が来日した際、オバマ大統領は尖閣諸島が、日米安全保障条約第5条に記述のある


「日本施政下の領域」


に該当することを認めた。


米国は従来から、安保適用範囲は第5条が定めており、その第5条は、


「日本施政下の領域」


と表現していることを繰り返し表明している。


尖閣諸島は日本施政下にあり、このことから、尖閣諸島は日米安保条約第5条の適用範囲に該当するとの見解を示してきたのだ。


オバマ大統領が来日して、新しい見解を示したものではない。


オバマ大統領は、尖閣諸島が日米安保条約第5条が定める領域に該当することを認めたが、


「米国が防衛義務を果たす」


などとはまったく明言していない。

人気ブログランキングへ

日米安全保障条約第5条には次の表現がある。


「各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。」


「自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動する」


とは既述されているが、


米国が「日本防衛義務を果たす」


などとは、まったく書かれていない。


このような「ウソ」を国会の党首討論の場で言ってはいけない。


1996年9月15日付のニューヨークタイムズ紙は、


「モンデール大使は『米国は(尖閣)諸島の領有問題にいずれの側にもつかない。米軍は(日米安保)条約によって介入を強制されるものでない』と述べた」


と伝えている(孫崎亨著『小説外務省』)。

人気ブログランキングへ

オバマ大統領が来日した際の日米首脳共同記者会見で、尖閣問題について次のような質疑応答があった。


記者―――尖閣諸島についてオバマ大統領に明確に聞きたい。米国は中国が尖閣に軍事侵攻を行った場合、武力を行使するのか。超えてはいけない一線はどこにあるのか。


オバマ大統領―――いくつか予断に基づいた質問といえるが、そして私はそれに同意できないところがある。


米国と日本の条約は私が生まれる前に結ばれたものだ。ですから、私が超えてはならない一線を引いたわけではない。


これは標準的な解釈をいくつもの政権が行ってきた。この同盟に関してだ。


日本の施政下にある領土は全て安全保障条約の適用範囲に含まれている。


そしてレッドライン、超えてはならない一線は引かれていない。


同時に私は安倍首相に直接言った。日中間で対話や信頼関係を築くような方法ではなく、事態がエスカレーションしていくのを看過し続けるのは重大な誤りだと。


日本と中国は信頼醸成措置をとるべきでしょう。」

人気ブログランキングへ

安倍晋三氏は、オバマ大統領が来日した際に、


「オバマ大統領が尖閣諸島について、米国が防衛義務を果たすことを明言した」


と述べたのだ。


ところが、日米首脳共同会見でオバマ大統領が述べたのは、上記の内容である。


安倍晋三氏の党首討論での発言は、事実と明らかに異なっている。


ここに、安倍政権の本質がくっきりと浮かび上がっている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第885号「憲法破壊を止められない国会が示す日本の暗黒」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「新成長戦略」という名の新手の政策詐欺にご用心 | トップページ | 小保方リーダーが若山教授に渡した細胞の真実 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論での安倍首相オバマ来日発言の虚偽引用:

» 資料・集団的安全保障 江崎孝vs安倍晋三 [木霊の宿る町]
★ 六月九日、参議院決算委員会でもって民主党・江崎孝議員(1956・8・11〜)と自民党・安倍晋三(1954・9・21〜)が集団的安全保障に関する質疑応答を行った。  以下にオノマの感想を述べる。 ★ 安倍晋三は粗雑だなあと改めて思ったが、一方の江崎孝も、用意した素材はいいものだったが長口舌に淫するきらいがあり、それゆえに、ひとつひとつの論点に関して安倍から回答をひきだす、あるいは窮地に立たせることができずに終わった。 一時間かけた割には成果が小さい。まとまりがない。云... [続きを読む]

« 「新成長戦略」という名の新手の政策詐欺にご用心 | トップページ | 小保方リーダーが若山教授に渡した細胞の真実 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ