« 日本の真実を見抜く-思考停止に陥らないために | トップページ | STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ »

2014年6月 3日 (火)

創作された右傾化の空気に騙されてはいけない

政界のメルトダウンが進んでいる。


みんなの党が分裂し、維新が分裂する。


日本の支配者であり続けた米・官・業のトライアングルは、米官業による日本支配の構造を死守しようと懸命だった。


2009年には、一時的にせよ、米官業トライアングルによる日本支配の構造が打ち破られたのは事実なのである。


この体制を維持し、2010年参院選で勝利を重ねて、新体制を盤石のものにできなかったことは痛恨の極みである。


米官業トライアングル勢力は、徳俵に足がかかったところで、全面的な巻き返し工作に打って出て、状況を大転覆した。


そのなかで、いまの安倍政権による一強多弱の状況が生まれた。


いま進んでいる政界再編は、米官業による日本政治支配の構造を、半永久的なものにする試みであるように見える。


私は、米官業による日本政治支配の構造は、米官業勢力と連携する二大勢力体制を強引に構築して、これを固めるものであると予測してきた。


この予測は的中しつつあるように見えるが、現実はこの予測よりも、さらに悪い方向に進む可能性を垣間見せ始めている。


このまま、日本政治の変質が進み、時計の針が完全に逆戻りさせられてしまうのか。


それとも、現在の流れを、もう一度大転換させる、重要な変化が生まれてくるのか。


この問題を考察してみたい。

人気ブログランキングへ

結論を先に示せば、事態は極めて悪い方向に進み始めている。


石原慎太郎氏は維新を割って新党を創設し、田母神俊雄氏を合流させて、安倍自民党のさらに右側に政党を構築しようとするものである。


同時に、この策略の狙いは、政権与党への潜り込みを図ることでもある。


ここに、ひとつの大きな塊が生まれることになる。


他方、橋下徹氏らによる新勢力結集は、第二自民党の構築である。


対米従属、新自由主義を基軸に置いて、対官僚では強面な装いを施しつつ、現実には官僚利権の根幹には切り込まないというのが、この新勢力の基本である。


対米従属を基礎に置く二つの大勢力が構築され、この二大勢力による日本政治支配の構造を定着させようとの目論見が読み取れる。


私はこの動きの大枠を予測してきたのであるが、現実の二大勢力の重心は、より右側に位置することになるのが、「極めて悪い方向に進み始めている」という表現の意味だ。

人気ブログランキングへ

この現状を踏まえると、2009年の政権交代実現時の空気は、もはや別の時代のものであると言わざるを得ない。


サブプライム危機が政界経済を大不況に陥れて、日本でも小泉竹中政治の市場原理主義政策の誤りに対する認識が広がった。


米官業の既得権が支配する政治を、主権者国民のための政治に転換しようとした、鳩山友紀夫政権のイニシアチブに、大多数の主権者が拍手喝さいを送った。


もしも、このときの主権者国民の意識がたしかなもので、その意識、希望、哲学、価値観が存在し続けているなら、現在の状況が再び大転換する可能性は残されることになる。


4年半の時間で、まるで別の時代にタイムスリップしたかのような激変が生じているのである。


逆に考えれば、もう一度、別の時代にタイムスリップすることがあってもおかしくはないということになる。


その可能性が残されているのか。


残されているとすれば、どのような戦術、戦略が必要になるのか。


このことを、とことん考えなければならない。

人気ブログランキングへ

石原氏は原発推進を公言し、憲法改定を強く主張し、集団的自衛権行使容認を唱える。


尖閣国有化につながる強硬外交を主張し、日中間の緊張を積極的に創作してきた人物である。

 

類似した人々が、跳梁跋扈する時代に転じている。


安倍晋三氏がNHK経営委員に抜擢した百田尚樹氏、長谷川千代子氏、あるいは、放射能のリスクをほぼ全否定する田母神氏など、従来の尺度では明らかに危険人物と認定されるべき人々が、大手を振って闊歩する状況が生まれている。


そして、その状況を人為的に作り出しているのが、極右傾向を強めるマスメディアである。


若い世代の人々が、こちらの陣営に引き寄せられているとの見方もしばしば伝えられる。


メディアが作り出す「空気」によって、この流れは確かなものであり、簡単には変えようのないものと、私たちはつい思ってしまいがちになるが、これこそ、まさに敵の策略である。


日本国民がそこまで劣化しているとは考えられない。


日本国民の多種多様な意見が存在することは当然のことだし、間違ってもいない。


だから、私は特定の考えを持って、これが唯一絶対の真実、正義だと述べるつもりはない。


現在の風潮を肯定する国民が多数存在しても、そのこと自体はおかしなことではない。

 

しかし、この流れに反対の主張を有し、現状を打破して、状況を変えなければならないと考える国民が圧倒的少数に陥っているとは考えない。


この「沈思黙考する人々」は、いま、積極的に躍動する場を失っているだけなのだ。


これこそ、まさに「サイレント・マジョリティー」である。


この人々の意欲と行動力が生み出されなければならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第878号「政界メルトダウンの下での大逆転シナリオ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 日本の真実を見抜く-思考停止に陥らないために | トップページ | STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ »

アベノリスク」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創作された右傾化の空気に騙されてはいけない:

« 日本の真実を見抜く-思考停止に陥らないために | トップページ | STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ