« 理性と知性を欠く茶坊主作家の暴言が続く | トップページ | 10月26日抜き打ち総選挙説の可能性を検証 »

2014年6月20日 (金)

人物破壊冤罪事案への再審請求と取調べ可視化

私が巻き込まれた冤罪事件について、東京地裁に再審を請求した。


不当な裁判について、やり直しを求める。


裁判では、私の無実を完璧に証明した目撃証人が現れて法廷で証言してくれた。


この目撃証人は現場の状況を正確に法廷で証言した。


私の無実は完全に証明された。


しかし、裁判所はこの決定的な目撃証人証言を否定して、信憑性のまったくない別の証人の証言を肯定して私に不当な有罪判決を示した。


再審請求では現場の状況の再現実験結果が、信憑性のない目撃証人の供述が現実にはあり得ないことを証明する再現映像が添付された。


朝日新聞は繊維鑑定の結果が私の犯行を証明しているかのような「誤導」する情報工作記事を掲載したが、私の手指から採取された繊維片は、私ともみ合った京急駅員制服に由来する可能性が極めて高いものだった。


専門家による繊維鑑定結果も新証拠として提出された。


裁判所が正しく機能し、間違った判断を是正することが強く求められる。

人気ブログランキングへ

足利事件、袴田事件など、警察・検察・裁判所の巨大不正が次々と明らかになっている。


厚生労働省次官に就任した村木厚子氏の冤罪事案では、検事が証拠を改ざんしていたことが明らかにされた。


小沢一郎氏が不当に起訴された事案では、検察が事情聴取内容を改ざんして、うその報告書を検察審査会に提出していたことが明らかにされた。


村木氏の事案では担当検事、上司が刑事責任を問われたが、小沢氏の事案では、検察が被疑者を無罪放免した。


法治国家としてあり得ぬ対応が取られたのである。


小沢一郎氏の不正起訴事案では、元衆議院議員の石川知裕氏に対する事情聴取の内容を全面的に捏造した捜査報告書が作成された。


この報告書が検察審査会に提出されて小沢一郎氏が不正な起訴に持ち込まれたのである。


日本政治を根底から転覆させる、日本政治史上最大、最悪の政治謀略事案の中核に、この不正起訴事案を位置付けることができる。


その不正起訴事案の核心に、検察による史上空前の巨大犯罪があった。


しかし、検察自身が、この巨大犯罪を無罪放免にしているのである。


この巨大犯罪を白日の下に晒した原動力になったのが、石川氏による秘密録音だった。


元外務官僚である佐藤優氏の助言が功を奏したのである。

人気ブログランキングへ

暗黒の警察・検察・裁判所制度を、少しでも近代化しなければならない。


裁判官のなかには、大飯原発運転差し止め命令を示した福井地裁の樋口英明裁判長や、小沢一郎氏および秘書の事案に関して完全無罪判断を示した東京高裁の小川正持裁判長などの、優れた裁判官が存在する。


しかし、こうした正しい裁判官は例外的にしか存在しない。


こうした裁判官の裁判を受けられるのは、宝くじで高額当選するより難しいのが実情である。


このなかで、日本の警察・検察・裁判所制度の近代化を図る、第一歩に位置付けられるのが取り調べ状況の可視化である。


検察が可視化を拡大する方針を示したことをメディアが大きく報道しているが、「木を見て森を見ず」の論議にならないようにしなければならない。


法制審議会のこれまでの論議では、可視化の範囲は、


裁判員裁判の対象事件や特捜部などによる独自事件


に限られ、しかもその対象は、


被疑者に限られてきた。


私は、全面・完全可視化が必要不可欠であると主張してきた。


裁判員裁判の対象は全国の地方裁判所で受理した事件のわずか3.2%に過ぎない。


全事件の3%について可視化を実現したところで、ほとんど意味はないのである。


すべての事案に可視化を適用する必要がある。


同時に重要なことは、可視化の対象を被疑者だけでなく、被害者、目撃者、逮捕者などの関係者すべてに広げることである。

人気ブログランキングへ

警察や検察は事件を捜査するのではなく、事件を捏造する場合がある。


とりわけ、特定人物を政治的な理由で犯人に仕立て上げる「人物破壊工作」を実行する場合には、こうした「犯罪の捏造」が行われるのである。


この「犯罪の捏造」を防止するには、関係者全員の完全可視化が必要不可欠なのだ。


まったく信憑性のない目撃証人などが出現するのは、目撃者の証言について、可視化が行なわれていないためである。


目撃者がいないのに目撃者が作られることもあるかも知れない。


その創作された目撃者が被害者および警察・検察と口裏を合わせて、犯罪が捏造されるかもしれない。


人物破壊工作を実行する場合、事案は裁判員裁判に委ねられるような大きな事件である必要はない。


微罪でも構わないのだ。


人格を破壊して、社会的生命を抹殺するには、小さな事件で十分なのである。


だからこそ、すべての事案について、完全・全面可視化が必要不可欠なのだ。


可視化されていない供述については、証拠能力を認めないとの基準を設置することも必要になる。

人気ブログランキングへ

日本の警察・検察。裁判所制度は、前近代の状況に置かれたままである。


一般の人々は、この世界に縁が薄い。


自分とは関係のない話だと思う人も少なくない。


しかし、冤罪の恐怖は、いつ誰の身に降りかかるかも知れない問題なのだ。


とりわけ留意が必要なのは、この国家権力が政治目的で悪用されることだ。


これを


人物破壊工作」=Character Assassination


と呼ぶ。


政治的な敵対者の社会的声明を抹殺するために、公権力を濫用するのである。


警察・検察・裁判所制度が近代化されていることは、この人物破壊工作の重大な障害になる。


だからこそ、日本の制度は前近代のままに、取り置かれているのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第892号「日本の警察・検察・裁判所前近代性示す三大問題」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 理性と知性を欠く茶坊主作家の暴言が続く | トップページ | 10月26日抜き打ち総選挙説の可能性を検証 »

冤罪・名誉棄損訴訟」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人物破壊冤罪事案への再審請求と取調べ可視化:

« 理性と知性を欠く茶坊主作家の暴言が続く | トップページ | 10月26日抜き打ち総選挙説の可能性を検証 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ