« 新橋の鮨で籠絡される茶坊主な政治記者たち | トップページ | 日本の政治を主権者の積極的行動で刷新する »

2014年5月21日 (水)

戦争・弱肉強食政治排し平和・共生政治実現

5月23日(金)に開催される「小沢一郎議員を支援する会」主催のシンポジウム


『小沢一郎が語る これからの日本の政治と外交』


を日本政治再刷新の起点と位置付けてゆくべきであると考える。


政治の本来の主役は主権者である国民だ。


主権者の 主権者による 主権者のための 政治


を実現しなければならないことはあたりまえのことだ、


しかし、この、あたりまえのことを実現することが難しい。


現実は、


既得権の 既得権による 既得権のための 政治 


に陥っている。


既得権とは、


米国であり、 官僚機構であり、 大資本である。


この米官業のトライアングルが日本政治を完全支配してしまっている。


そして、米官業トライアングル勢力=日本の既得権の「手先」として活動しているのが、


利権政治屋および利権政治集団



御用電波産業=マスメディア=マスゴミ


である。

人気ブログランキングへ

2009年の政権交代は、日本の歴史上、初めて実現した、

 

主権者の 主権者による 主権者のための 政治


実現を目指す

 

主権者の 主権者による 主権者のための 政権


であった。


しかし、


民主党内に既得権勢力が数多く潜んでいたこと


既得権が検察・メディアを総動員して、総攻撃に出たこと


を主因に、主権者政権は、残念なことに8ヵ月半の短期日で終焉してしまった。


現在の安倍政権の政治は完全なる旧政復古政権である。


安倍政権は


政治権力の暴走を防ぐために存在する憲法



国民を縛り付けるために存在する憲法

に改定しようとしている。


また、


「国権の発動たる戦争、武力による威嚇、武力の行使は、国際紛争を解決するための手段として永久に放棄する」


との憲法の条文が厳然と存在するなかで、


「国権の発動たる戦争、武力による威嚇、武力の行使を、国際紛争を解決するための手段として用いる」


ことを容認する姿勢を示している。


これは、憲法破壊行為であって、公務員に憲法尊重・擁護義務を課している日本国憲法第99条違反である。

人気ブログランキングへ

シンポジウム


「小沢一郎ならどうする-これからの日本の政治と外交-」


の概要を「小沢一郎議員を支援する会」サイトより転載する。


http://minshushugi.net/activity/index.cgi


当日は鳩山友紀夫元首相が登壇される。


2009年の政権交代実現の原点に回帰し、日本政治再興の起点にしなければならない。


日   時   平成26年5月23日(金)
        午後5時半開場
        午後6時開演


場   所   豊島公会堂
        〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-19-1
        TEL:03-3984-7601


テ ー マ  「小沢一郎ならどうする-これからの日本の政治と外交-」


講   師   小沢一郎衆議院議員(生活の党代表)

        植草一秀(経済学者)


激 励 挨 拶   鳩山友紀夫(元・内閣総理大臣)


出 席 者   鈴木邦男(一水会名誉顧問)
        辻 恵(前衆議院議員)
        姫井由美子(元参議院議員)
        岡本幸三(生活の党総支部長)
        森ゆうこ(前参議院議員)
        川内博史(元衆議院議員)
        木内孝胤(元衆議院議員)
        三井 環(市民連帯の会代表、元大阪高検公安部長)
        山崎行太郎(文藝評論家)
        多ケ谷 亮(生活の党東京都第10区総支部長)ほか


会   費   800円


受 付 方 法   当日、会場にて
        (事前申込不要。定員数になり次第受付終了)

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第869号「日本政治刷新の起点となる小沢-鳩山登壇5.23シンポ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 新橋の鮨で籠絡される茶坊主な政治記者たち | トップページ | 日本の政治を主権者の積極的行動で刷新する »

主権者国民連合」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/56272701

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争・弱肉強食政治排し平和・共生政治実現:

» 小沢一郎・生活の党代表による“集団的自衛権”についての読売新聞記者への法律講義www・・・@2014年5月12日 小沢一郎代表 定例記者会見 [ボヘミアンな京都住まい]
一昨日の生活の党[http://www.seikatsu1.jp/]の定例会見で小沢一郎代表が読売ゴミ売りの記者から集団的自衛権について質問されて答えているのですが、それが約16分間、記者会見というよりもほとんど初心者向け講義な状態になってて、記者のマヌケなリアクションもあって面白くて、幸いにして『みんな楽しくHappy♡がいい♪』というブログを持ってらっしゃる方がその部分を文字起こししてくださってましたので、ありがたく転載させてもらうことにしました。 それにしても小沢さん、どこでスイッチ入ったんで... [続きを読む]

« 新橋の鮨で籠絡される茶坊主な政治記者たち | トップページ | 日本の政治を主権者の積極的行動で刷新する »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ