« 日本国民の命を守ろうとしない安倍晋三政権 | トップページ | 賃金減少悪性インフレに消費税大増税で生活崩壊 »

2014年4月 5日 (土)

ベストセラー間違いなしの孫崎享『小説外務省』

元外務省国際情報局長である孫崎亨氏が書き下ろしたノンフィクション小説


Photo 『小説外務省』(現代書館)


http://goo.gl/Qtmh81


の発売が開始される。


私の手元にも届けて下さった。一気に読み終えた。


現代日本を代表する知性、叡智である孫崎亨氏の待望の描き下ろし新著、しかもノンフィクション小説の公刊である。


副題は「尖閣問題の正体」。


ベストセラー間違いなしだ。




日本にとって正しい選択は「棚上げ」である。


誰が、何のために、尖閣問題の紛争化を仕組み、実行したのか。


膨大な資料と証拠を重ね合わせて明快に真実=正体を浮かび上がらせる。


同時に、孫崎氏がどのような思想と哲学の下に行動し続けてきたのか。


その真相が明かされる。


すべてが氷解するのだ。


孫崎氏は、容易には理解されない事象の絡み合った糸を一本一本、丁寧に取り除く。


そして、寸分のまやかしもなく、証拠と資料を積み重ねて真実を暴く。


孫崎氏の主張に異論のある者は、真正面から対決を挑むべきだ。


いかなる圧力を加えようとも、真実の強さにはかなわぬはずである。

人気ブログランキングへ

国際ジャーナリスト連盟は、2009年に「ロシアでは1993年から約300名のジャーナリストが殺害されたか行方不明になっている」と伝えたことが記される。


孫崎氏は次のように記述する。


「そのほぼすべてが政府の批判を行っている。民主化弾圧と闘うロシア人は、多くの場合、逮捕され、シベリアなどの過酷な収容所に送られる。


この中で国際的に最も著名なのはアンナ・ポリトコフスカヤである。


彼女は次のように書いた。


「権力機構に従順なジャーナリストだけが、“我々の一員”として扱われる。報道記者として働きたいのであれば、プーチンの完全なる奴隷となることだろう。


そうでなければ、銃弾で死ぬか、毒殺されるか、裁判で死ぬか―たとえプーチンの番犬であっても」


ポリトコフスカヤは自らの予言どおり、2006年、自宅アパートのエレベーター内で射殺された。」


孫崎氏は続ける。


「これらのジャーナリストはなぜ自分の命を犠牲にしてまで、ロシア政府を批判するのか。


この現象は何もプーチン政権特有の現象ではない。ソ連時代もあった。ロシア帝国時代もあった。


権力と闘える人、それがソ連・ロシアの知識人の資格かもしれない。


この国に勤務する西側の外交官や情報機関の人間は、権力と闘うロシア人に共感し、時に助ける。


やがて彼らは自国に帰る。そして、自国の政治や社会状況を新たな目で見、その腐敗に驚く。


「なんだ。腐敗しているという点ではロシアと同じじゃないか」と思う。


彼らの中に、自国の政治や社会状況が問題だとして闘い始める人間が出る。」

人気ブログランキングへ

孫崎氏自身のことを語っているのだろう。


企業でも役所でも、権力志向の強い者は、必ず上を目指す。


人事競争に勝ち、高い地位を得ることが目的になる。


外務省もむろん例外でない。


『どんな人物であろうと上司の意見に従う。上司の考え方を自分が感じ取って主張する。それが外務省の生き方だ』


ついでに言えば『米国の意見に従う』だ。


残念ながら、日本は米国に支配されている。


米国の属国、植民地の状態に置かれ続けている。


この国で、自己の利益の最大化を図るために最良の方策は「米国の犬」になることだ。


現に、多くの人間が自己の利益、自己の欲望を満たすために、魂を売って、米国の犬、僕となっている。


米国がどのように日本を支配しているか。孫崎氏はリアルに、そして核心に迫って再現する。

人気ブログランキングへ

「しかし、すべての日本人が魂を売っているわけではない。


「木阿弥の一族にとっては何より大事なのは、まず自己の自己に対する誠実であって、〔中略〕外に対する器用さは己れの心にたがうことを行うのを恐れる」という考え方は西京寺の中でゆるぎない人生の道標になっていた。」


の言葉に孫崎氏の思想・信条が鮮明に示されている。


孫崎氏は2020年に向けての日本を限りなく悲観的に予言するが、この予言どおり、日本は転落の一途を辿ってしまうのか。


さわやかな純愛小説でもあり、都内随所のレストラン、カフェがさりげなく盛り込まれた、「尖閣問題の正体」を一気に体得できる恰好のノンフィクション小説に仕上げられている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第831号「尖閣問題を歪め戦争を誘導する売国者たち」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 日本国民の命を守ろうとしない安倍晋三政権 | トップページ | 賃金減少悪性インフレに消費税大増税で生活崩壊 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/55648508

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラー間違いなしの孫崎享『小説外務省』:

« 日本国民の命を守ろうとしない安倍晋三政権 | トップページ | 賃金減少悪性インフレに消費税大増税で生活崩壊 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ