« 袴田事件再審開始決定への検察即時抗告を糾弾す | トップページ | 「消費税増税の影響軽微」は4月1日用の嘘だった? »

2014年3月31日 (月)

シロアリ消費税大増税で国民滅びシロアリ栄える

今日で2013年度が終わる。


明日から2014年度入りだ。


消費税率が5%から8%に引き上げられる。


日本の消費税率は低いというが、国税収入に占める消費税=付加価値税の比率は2009年度には25%を上回った。


重税国家=福祉国家と言われる北欧並みの水準である。


日本の場合、生活必需品に対する非課税措置、軽減税率も適用されていない。


すべての国民が消費のたびごとに税金を払わされる。


実際に納税義務が課せられるのは課税事業者だが、零細な業者で、消費税増税分を価格に転嫁できない者は、自腹を切って消費税を納税することを強要される。


そのような余裕のない零細事業者は倒産に追い込まれる。


経済苦自死が急増することになるだろう。


高齢化が進む日本で、社会保障制度を充実するためにどうしても財源が必要だというなら、多くの国民は負担の増加を受け入れるだろう。


非常に理解力の高い、協力的な国民である。


しかし、無条件で国民負担を容認するわけではない。


まずは政府の無駄を切ること。そして、現在の財政支出のなかに含まれる無駄な支出を根絶すること。


これが国民負担増加の前提条件である。


この条件も満たされずに、国民負担の増加を受け入れるわけにはいかない。

人気ブログランキングへ

今回の増税の法律が制定されたのは2012年8月のことだ。


増税の法制化を強行したのは悪名高い野田佳彦政権である。


いまでは、そんな首相が存在したことを覚えている人もほとんどいなくなったのではないかと思われるが、この野田佳彦氏というのは、日本政治史上に名を残すペテン師宰相の一人だった。


2009年8月30日の総選挙で、民主党が政権を樹立した。


政権樹立の立役者は小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏だった。


鳩山由紀夫政権は消費税増税を封印した。


「消費税増税の前にやるべきことがある」


これを訴えたのが鳩山由紀夫政権である。


この最重要の政権公約を分かりやすく、声を大にして訴えたのが野田佳彦という名の国会議員だった。


2009年8月15日に大阪街頭で行った消費税増税糾弾の演説は、


「シロアリ演説」


として、広く世に知られることになった。

人気ブログランキングへ

2009年8月総選挙に向けて民主党の野田佳彦氏や岡田克也氏がどのような公約を示していたのか。


動画による記録が残されている。


1.2009年7月14日野田佳彦氏衆院本会議討論演説


http://goo.gl/5OlF8


2.2009年8月15日野田佳彦氏街頭演説


http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


3.2009年8月11日岡田克也氏街頭演説


http://nicoviewer.net/sm13731857


野田佳彦氏は次のように述べた。


消費税の増税が実施されるにあたり、野田佳彦氏の2009年8月15日演説を改めて確認しておこう。


マニフェスト、イギリスで始まりました。
ルールがあるんです。


書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。
それがルールです。


書いてないことを平気でやる。
これっておかしいと思いませんか。

 
書いてあったことは四年間何にもやらないで、
書いてないことは平気でやる。

 
それは、マニフェストを語る資格はないというふうに、
ぜひ、みなさん、
思っていただきたいと思います。

  
その一丁目一番地
税金の無駄使いは許さないということです。


天下りを許さないわたりを許さない。
それを徹底してゆきたいと思います。


消費税1%分は二兆五千億円です。
十二兆六千億円ということは、
消費税5%ということです。


消費税5%分の皆さんの税金に、
天下り法人がぶら下がっている。
シロアリがたかっているんです。


それなのに、シロアリを退治しないで、
今度は消費税引き上げるんですか?


消費税の税収が二十兆円になるなら、
また、シロアリがたかるかもしれません。


鳩山さんが四年間消費税を引き上げないと言ったのは、
そこなんです。


シロアリを退治して、
天下り法人をなくして、
天下りをなくす。


そこから始めなければ、
消費税を引き上げる話は
おかしいんです。


徹底して税金の無駄使いをなくしていく。
それが民主党の考え方であります。



主権者国民は、4月以降、徹底的に消費を絞り込んで、消費税増税の支払いに抵抗するべきである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第826号「消費は今日で完了し明日から消費しない」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 袴田事件再審開始決定への検察即時抗告を糾弾す | トップページ | 「消費税増税の影響軽微」は4月1日用の嘘だった? »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロアリ消費税大増税で国民滅びシロアリ栄える:

« 袴田事件再審開始決定への検察即時抗告を糾弾す | トップページ | 「消費税増税の影響軽微」は4月1日用の嘘だった? »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ