« 日本政治再刷新に向け年内に大同団結体制を構築 | トップページ | 外交の私物化が日本と安倍政権を窮地に追い込む »

2014年3月 7日 (金)

PC遠隔操作事件での警察検察裁判所の重大犯罪

パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害罪などにより起訴された片山祐輔氏は、1年以上もの長期にわたって東京拘置所に勾留されていたが、ようやく3月5日に保釈された。


日本の刑事裁判制度の重大な欠陥が露わになった事例のひとつである。


片山氏が逮捕されたのは昨年の2月10日だった。


片山氏は1年以上の長期にわたり身体の自由を奪われたことになる。


報道されている情報によれば、検察側は決定的な証拠を掴んでいない。


「犯罪の証明」はまったくなされていない。


そして、さらに重大な事実は、警察・検察は、片山氏を逮捕する前に、この事案において、4人の市民が逮捕され、その一部が起訴されるという事態が生じたことである。


そのすべてが、誤認逮捕、誤認起訴であった。


しかも、警察は誤認逮捕した市民から、全面自白の調書まで取り付けていた。


完全無実の人間が自発的に自白調書の作成に応じるわけがない。


自白調書の作成を強要したか、あるいは利益誘導したということになる。


片山氏の保釈については3月4日に東京高裁が保釈決定を示したが、検察が抗告して保釈が停止された。


ところが、高検が行うべき抗告を地検が行なっていたことが判明し、高検が再度抗告したが、高裁はこれを認めず、片山氏の保釈が実現した。


犯罪の証明が極めて不確かな事案で、片山氏は1年以上にわたって身体の自由を奪われてきた。


しかも、接見禁止措置が取られていたために、外部の情報と接することも遮断されてきた。


一連の経過は、日本が人権蹂躙国家であることを明白に物語っている。


日本の警察・検察・裁判所制度は、いまなお、前近代の暗黒の時代にとどまっているのである。

人気ブログランキングへ

日本国憲法には次の条文がある。


第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。


第三十四条  何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。


第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。 


○2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。 


○3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。


身体の自由は、基本的人権のなかでも、もっとも根源的なものである。


18世紀的人権、19世紀的人権、20世紀的人権という表現がある。


自由権が18世紀的人権、参政権が19世紀的人権、生存権が20世紀的人権と表現される。


身体の自由は人間の最も根源的な基本的人権なのである。

人気ブログランキングへ

片山氏および弁護士の説明を聞く限り、犯罪の立証は客観的になされていない。


有罪と無罪の分かれ目はどこにあるか。


その根拠となる法律条文は次のものである。


刑事訴訟法
第三百三十六条  
被告事件が罪とならないとき、又は被告事件について犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡をしなければならない。


有罪の認定は「犯罪の証明」による。


「犯罪の証明」がない場合は、無罪の判決が言い渡されなければならない。


ここで問題になるのが「犯罪の証明」である。


「犯罪の証明」の程度が問題になる。


この点について最高裁判例が示していることは、


「刑事裁判における有罪の認定に当たっては,合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。」


というものである。


「犯罪の証明」について、合理的な疑いを差し挟む余地があれば、裁判所は無罪の判決を言い渡さなければならない。


これが「疑わしきは被告人の利益に」という大原則なのである。

人気ブログランキングへ

しかし、日本の警察・検察・裁判所の現実は、こうした憲法および法令の定めに反する「前近代」の状況そのものなのである。


「前近代」の意味を一言で表現するなら「法の支配」が実現していないことである。


PC遠隔操作事件では、誤認逮捕された被疑者がうその自白調書作成に追い込まれている。


このこと自体が、日本の警察・検察取調べの前近代性を如実に示しているのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第808号「日本の警察・検察・裁判所制度の恐るべき実態」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 日本政治再刷新に向け年内に大同団結体制を構築 | トップページ | 外交の私物化が日本と安倍政権を窮地に追い込む »

警察・検察・裁判所制度の近代化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/55272535

この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作事件での警察検察裁判所の重大犯罪:

» (ビデオ・ニュースコム) 【遠隔操作ウイルス事件】片山祐輔被告保釈会見「自由の眩しさをあらためて感じている」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 検察のデッチ上げ国策逮捕とマスゴミ使っての大本営発表報道で冤罪を捏造しようとした、5人目の「誤認逮捕」の完全敗北(笑)  この事件での最大の成果は、片山氏が録音・録画の可視化しなければ取り調べ捜査には応じないと言う前例を作った事。 【遠隔操作ウイルス事件】片山祐輔被告保釈会見「自由の眩しさをあらためて感じている」videonewscom http://youtu.be/U3GLREATQCY 公開日: 2014/03/052分35秒から、フジTVの質問。まず釈放された印象を、。片山氏:正直に申し上... [続きを読む]

« 日本政治再刷新に向け年内に大同団結体制を構築 | トップページ | 外交の私物化が日本と安倍政権を窮地に追い込む »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ