« 猪瀬氏や渡辺氏の政治資金問題は実質的かつ重大 | トップページ | 日本の3分の1を巻き込む狂気の経済売国特区 »

2014年3月27日 (木)

冤罪より残忍な国家犯罪はこの世に存在しない

「国家にしかできない犯罪、それは戦争と冤罪である」


これは、弁護士の故後藤昌次郎氏が遺された言葉である。


国民を殺し殺される状況へ追いやる戦争


やってもいない罪をきせる冤罪


これが国家によるもっとも重大な犯罪である。


日本は第二次大戦後、戦争を放棄する国に生まれ変わったが、安倍晋三政権がいま、日本を、戦争を創作し、戦争を実行する国に改変しようとしている。


冤罪もまた国家によるもっとも重大な犯罪である。


基本的人権の尊重が近代憲法の根幹に据えられてきた。


冤罪の抑止は、そのなかで、中心的な位置を占めてきた金科玉条である。

人気ブログランキングへ

いまから200年以上も前に定められたフランス人権宣言。


1789年に制定されたフランス人権宣言に、冤罪を防ぐための根本原則が定められている。


第7条(適法手続きと身体の安全)
何人も、法律が定めた場合で、かつ、法律が定めた形式によらなければ、訴追され、逮捕され、または拘禁されない。


第8条(罪刑法定主義)
法律は、厳格かつ明白に必要な刑罰でなければ定めてはならない。何人も、犯行に先立って設定され、公布され、かつ、適法に適用された法律によらなければ処罰されない。


第9条(無罪の推定)
何人も、有罪と宣告されるまでは無罪と推定される。ゆえに、逮捕が不可欠と判断された場合でも、その身柄の確保にとって不必要に厳しい強制は、すべて、法律によって厳重に抑止されなければならない。


適法手続き、罪刑法定主義、無罪推定の原則、などの根本原則が定められている。


日本国憲法にもこの考え方が取り入れられたが、日本の警察・検察・裁判所の現実は、これとは異なるものである。


刑事訴訟法第336条は犯罪の証明について次のように定めている。


(無罪の判決)
336条被告事件が罪とならないとき、又は被告事件について犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡をしなければならない。


また、日本国憲法には次の規定が置かれている。


第三十六条  公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
○2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
○3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

人気ブログランキングへ

袴田事件の再審開始決定が示された。


1966年6月に発生した強盗殺人放火事件。


味噌製造会社専務宅が放火され、焼け跡から一家4人の他殺死体が発見された。


この年の8月18日に、味噌製造会社従業員で従業員寮に居住していた、元プロボクサーの袴田巌氏が強盗殺人、放火、窃盗容疑で逮捕された。


袴田氏は頑強に否認していたが、勾留起源3日前に自白。


9月9日に静岡地検が起訴した。


1968年9月11日に地裁で死刑判決が示され、最高裁でも上告が棄却され、1980年11月19日に死刑が確定した。


袴田氏は逮捕の日から48年にわたり拘束され続けてきた。


この事案について、静岡地裁が本日3月27日、再審開始を決定する判断を示した。


検察が特別抗告すれば、再審開始決定は効力を発揮しない。


検察は地裁の再審開始決定を受け入れるべきである。

人気ブログランキングへ

警察が取調べで行ったことは拷問だった。


「無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会」サイト


http://www.h3.dion.ne.jp/~hakamada/jiken.html


に掲載されている袴田巌氏の獄中書簡の一部を転載させていただく。


「……殺しても病気で死んだと報告すればそれまでだ、といっておどし罵声をあびせ棍棒で殴った。そして、連日二人一組になり三人一組のときもあった。


午前、午後、晩から一一時、引続いて午前二時まで交替で蹴ったり殴った。


それが取調べであった。


……息子よ、……必ず証明してあげよう。お前のチャンは決して人を殺していないし、一番それをよく知っているのが警察であって、一番申し訳なく思っているのが裁判官であることを。


チャンはこの鉄鎖を断ち切ってお前のいる所に帰っていくよ。」


(一九八三年二月八日)

人気ブログランキングへ

警察は証拠を捏造して、無実の袴田氏を殺人犯人にでっちあげた。


その犯罪によって、無実の市民が、死刑判決を受け、48年間も獄につながれてきた。


これ以上の凶悪犯罪は世の中に存在しない。


重罰に処せられるべきは、冤罪という重大犯罪に手を染めた警察・検察・裁判所の関係者の側である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第824号「暗黒社会日本の元凶は警察・検察・裁判所」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 猪瀬氏や渡辺氏の政治資金問題は実質的かつ重大 | トップページ | 日本の3分の1を巻き込む狂気の経済売国特区 »

警察・検察・裁判所制度の近代化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/55538715

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪より残忍な国家犯罪はこの世に存在しない:

» 袴田事件は明日の我が身 [棒に怒る日本人]
東京高裁は袴田巌さん(78)の釈放を認めた静岡地裁決定に対する検察側の抗告を棄却 [続きを読む]

» 袴田事件再審決定、「認定された衣類は捜査機関がねつ造した疑い」「これ以上勾留を続けることは耐えられないほど正義に反する」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 静岡地裁決定要旨 ・元被告が事件を起こした時に着ていたと死刑判決で認定された衣類は捜査機関がねつ造した疑いがある。 ・元被告は死刑の恐怖のもとで極めて長い間、身柄を拘束された。これ以上勾留を続けることは耐えられないほど正義に反する。 ・死刑の執行と勾留を停止し、釈放を認めることを決定する。  「八木啓代のひとりごと」さんの——冤罪事件とは、「真犯人」を警察と検察が逃がしたということですよね——がなかなか強烈で必読です。江川紹子さんの——「刑事司法の理念からは耐え難い不正義」――袴田事件で再審開始&... [続きを読む]

« 猪瀬氏や渡辺氏の政治資金問題は実質的かつ重大 | トップページ | 日本の3分の1を巻き込む狂気の経済売国特区 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ