« 立春大吉日の予兆は安倍政権の衰颯的景象に在り | トップページ | 御用放送NHK受信料支払いを任意制に移行せよ »

2014年2月 5日 (水)

安倍政権政策が株価下落主因を報道しないメディア

日本の株価が急落している。


その最大の理由は安倍政権の経済政策にある。


私はこの見解を昨年11月に、拙著


『日本経済撃墜-恐怖の政策逆噴射-』(ビジネス社)


http://goo.gl/lgZ9ky


に著した。


51zhaze7lwl__ss500_
予想通りの株価下落である。


ところが、年末に強気一色の見通しを示した日本経済新聞などは、株価下落の理由が米国にあるとして、懸命に自己弁護に走っている。


御用放送の日本テレビ「NEWS ZERO」では、司会の村尾信尚氏が必死に、「株安の震源地は米国だ」とアピールしている。


日本経済新聞などは滑稽なことに、年初来の株価下落率の国際比較を行う際に、2013年初の株価を基準に棒グラフを作成している。


昨年の日本株価の上昇が大幅であったことを強調したいとの、浅はかな意図が浮かび上がる。

人気ブログランキングへ

米国の金融政策が超緩和から超緩和縮小に転じた。


金融政策の「方向」は「緩和」から「引き締め」に転じたのである。


このベクトルの変化の意味は大きい。


昨年12月にFRBが金融緩和縮小を開始したとき、金融市場は緩和縮小の規模が小さいことを重視して株価上昇の反応を示した。


マーケットというのはえてしてこのような反応を示しやすいものである。


しかし、金融政策の「引き締め」への転換が持続的株価上昇をもたらすことはほとんどない。


私は、会員制レポート『金利・為替・株価特報』


http://www.uekusa-tri.co.jp/report/


に、早晩、米国金融政策変更の影響が金融市場に表れることを指摘してきた。


HPで公開している、


『金利・為替・株価特報』2013年12月10日号


http://www.uekusa-tri.co.jp/report/report_194-121013.pdf


は、全体タイトルを


「秒読み態勢に入る米国金融緩和縮小の影響」


としている。


第9節の【投資戦略】表題は、


9.【投資戦略】掉尾の一振後の日本株価下落リスクに備える


としている。


2013年末までは、「掉尾の一振」で株高は続くが、年明け以降は、内外の株式市場での株価下落に警戒が求められるとの見通しを示した。


その予測通りの現実が生じているだけである。

人気ブログランキングへ

私は株式市場に三つのリスクが迫っていることを指摘してきた。


第一は、米国金融政策方向転換がもたらすリスク


第二は、中国経済が人民元高の影響で下振れするリスク


第三は、日本経済が史上空前の超デフレ財政政策により撃墜されるリスク


である。


日本株価の下落は、NY市場と比較しても大きなものになっている。


企業利益の水準を踏まえれば、日経平均株価は2万円台に上昇しておかしくない。


それなのに、株価はいま下落傾向を強めている。


その理由は、国内に存在する。


メディアは安倍政権を支えるために、「アベノミクス」という「おべんちゃら」を撒き散らしているが、その実相は、


『アベノリスク-日本を融解させる7つの大罪』(講談社)


http://goo.gl/xu3Us


である。

人気ブログランキングへ

国会では補正予算審議が行われているが、この補正予算にも日本経済撃墜のカギが隠されている。


いま審議されている補正予算が世の中に出回るのは2014年度である。


2013年度には、昨年決定された補正予算が出回っている。


昨年決めた補正予算の規模は13兆円。今回の補正予算の規模は5.5兆円。前年比-7.5兆円の超緊縮財政政策なのだ。


2014年度は、ここに9兆円の国民負担増加が加わる。


合計16.5兆円の史上空前の超デフレ財政が実行される。


補正予算の中身は無駄ばかりだから、中身に重大な問題があるのは事実だ。


しかし、日本経済を浮上させるか、撃墜するかを決めるのは、マクロの金額である。


安倍政権の政策逆噴射=日本経済撃墜政策が実行されるから日本株価が下落しているのだ。


私はこのことを昨年来主張し、いま、その現実が広がっている。


この指摘の存在がありながら、このことにまったく触れない日本のマスメディアは、メディアとして有害無益の存在でしかなくなっている。

メディアが取り上げるのは、三流学者の頓珍漢な風説である。


アベノミクスの第三の矢である成長戦略が不十分だから日本株価が下落しているなどという、見当違いの言説を紹介するメディアがある。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第783号「売国三流学者が唱えるアベノミクスへの海外投資家失望」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 立春大吉日の予兆は安倍政権の衰颯的景象に在り | トップページ | 御用放送NHK受信料支払いを任意制に移行せよ »

金利・為替・株価特報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/54871905

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権政策が株価下落主因を報道しないメディア:

« 立春大吉日の予兆は安倍政権の衰颯的景象に在り | トップページ | 御用放送NHK受信料支払いを任意制に移行せよ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ