« 株高だけアピール大本営NHKスルーの大発会株安 | トップページ | 消費税増税の影響限定的との情報を信用できるか »

2014年1月 8日 (水)

都知事選で最も深刻な問題は主権者勢力の人材枯渇

1月19日の沖縄県名護市長選。


安倍政権にとっては、この選挙が最大の試金石になる。


現職の名護市長は稲嶺進氏。


辺野古基地建設阻止を掲げて当選を果たした。


2010年のことだ。


鳩山政権が発足して、沖縄に、これ以上、基地を作らせないことが目指された。


普天間の辺野古移設阻止は、沖縄県民の総意である。


これは、いまもまったく変わっていない。


仲井真弘多知事は、沖縄の負担軽減のために、辺野古海岸埋め立て申請を承認したと強弁するが、こんな主張が通用するわけがない。


仲井真氏は安倍首相と会談して、普天間の5年以内の閉鎖の確約を得たのか。


日米地位協定廃止の確約を得たのか。


何も得ていないではないか。


安倍政権から命令されて、県民との約束を一方的にかなぐり捨てて、政権に尻尾を振っているだけに過ぎない。


もはや知事の座に留まるべきでない。


沖縄県民は早く、仲井真弘多氏をリコールによって辞職に追い込むべきである。

人気ブログランキングへ

安倍政権が誕生して、露骨な利益誘導が展開されている。


安倍政権は名護市で激しい実弾戦術を展開していると見られる。


札束でほおを叩いて、基地建設を認めさせようというのだ。


これで名護市民が基地建設推進派候補を当選させるなら、日本全体が唖然とするだろう。


安倍政権はこの問題に対する情報操作工作を拡大させている。


インターネット上の大手ポータルサイトには、辺野古埋め立て申請承認問題が大きく取り上げられ、コメント欄が設定されている。


ネット上の世論調査も実施されているが、いずれも、埋め立て申請承認を是認する声が太宗を占めている。


政府が巨額の資金を投下して、ネット上の工作員を大量動員しているのだと考えられる。

人気ブログランキングへ

ところが、沖縄の地元紙である琉球新報などを見れば、こうした情報操作された状況が、沖縄県民の皮膚感覚とまったく異なっていることは歴然としている。


沖縄県民はいまこそ、怒りを爆発させるべき局面である。


名護市民は基地反対の主張についての矜持を問われることになる。

人気ブログランキングへ

そして、2月9日には、東京都知事選が実施される。


安倍首相が提示した3条件は、絶対に負けないこと、行政経験があること、できれば女性、であるが、優先順位は、一番目の「絶対に負けないこと」にある。


自民党が実施した世論調査では、舛添要一氏が第一位であり、自民党はこの調査結果を最重視している。


民主党は独自候補の擁立を断念して舛添支持に相乗りする姿勢を強め始めている。


この情勢下で東国原英夫氏が出馬しても、勝算は現時点では高くない。


細い松の枝新党(細野・松野・江田新党)が創設され、その候補者として東国原氏が立候補する可能性は存在するが、新党設立構想は頓挫している。


舛添、宇都宮、田母神での選挙になるなら、やる前から勝負はついている。


何の争点もなくなってしまう。


この方向に事態は急速に傾いている。

人気ブログランキングへ

だが、だからと言って安倍政権が安泰ということにはならない。


すでに記述したように、安倍晋三氏のおひざ元である山口県で、3月にも知事選が実施される可能性が高まっているのだ。


自民党が支援した山本繁太郎知事が昨年10月から長期入院しており、執務を行えない状況が続いているのだ。


山本氏は近く辞意を表明するとの情報も流れ始めている。


山口県で知事選が実施されることになる。


原発問題が最重要争点になる。

人気ブログランキングへ

さらに、石川県では3月16日に知事選が実施されるが、現職の谷本正憲知事は6選を目指して出馬する見込みだ。


知事の多選批判が唱えられるなかで、6選に向けて出馬し、それを阻止できない状況が生じている。


日本のもっとも深刻な現実は、


人材の枯渇


である。

人気ブログランキングへ

永野護氏が著した


『敗戦真相記』(バジリコ)


http://goo.gl/XUJG8X


なる書がある。


「立ち読み電子図書館」


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33373


に次のように紹介されている。


元日本商工会議所会頭である永野重雄らを輩出した「永野兄弟」の長兄で岸信介内閣で運輸大臣を務めた永野護。その彼が敗戦翌月、廃墟となった広島で行った講演に、さらに加筆して修正し、翌昭和21年元旦に発行したのが、この「敗戦真相記」である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第757号「出来レース化する都知事選と山口・石川知事選」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 株高だけアピール大本営NHKスルーの大発会株安 | トップページ | 消費税増税の影響限定的との情報を信用できるか »

2014東京都知事選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選で最も深刻な問題は主権者勢力の人材枯渇:

» いくらなんでも田母神俊雄は泡沫候補でしょう!? [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ]
 1月8日の東京新聞、「こちら特報部」では今月に告示される東京都知事選の候補者3名を取り上げている。  宇都宮健児・前日弁連会長、舛添要一・元厚生労働相、そして田母神俊雄・元航空幕僚長である。  宇都宮健児氏、舛添要一氏はさておき、一体どうしたわけか全...... [続きを読む]

« 株高だけアピール大本営NHKスルーの大発会株安 | トップページ | 消費税増税の影響限定的との情報を信用できるか »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ