« 「金で動かせない人の心がある」証した名護市長選 | トップページ | 原発再稼働是非は都知事選最大争点にふさわしい »

2014年1月21日 (火)

安倍晋三政権を震撼させた名護市長選の大敗

基地問題を考える際に、何よりも重視するべきことは地元自治体の意思である。


1月19日の名護市長選は、辺野古海岸を破壊して巨大な軍事基地を建設することの是非について、地元の名護市民が判断を示す最重要のイベントであった。


安倍政権はこの市長選に照準を定めて行動してきた。


沖縄県では県を挙げて、普天間の県外・国外移設を求めてきた。


そのなかには、仲井真弘多知事も含まれてきた。


仲井真弘多氏は2010年の知事選においても、県外移設を公約に掲げてきたのである。


「普天間の固定化」、「沖縄の負担軽減」、「普天間の危険性除去」


などの言葉が常套句として用いられるが、普天間を閉鎖し、辺野古に基地を作らなければよいだけのことだ。


辺野古に基地を作らなければ普天間を閉鎖しないというのは、米国の言い分であって、日本政府がこれに同調する必要はない。


米国に対して、辺野古とは切り離して普天間の返還を求めればよいだけのことである。


日本が米国の植民地で、日本政府は米国に隷従するしかなく、独立国として当然の主張さえ示すことができないというのなら話は別だが、日本は独立国であるとの前提に立って考えるなら、その主張を米国に示すことは当然のことである。

人気ブログランキングへ

名護市民は、辺野古海岸を破壊して米軍基地を建設することに対して、明確にNOの意思を示した。


安倍政権は市長選では建設支持派が4割以上もの得票を得たから、この意向を尊重すべきだとの見解を示しているが、ご都合主義はほどほどにするべきだ。


国政において、主権者の強い反対のある施策について、国会における「数の論理」を振り回して横暴な政治運営をしているのは、どこの誰かをよく考えてからものを言うべきである。


辺野古に基地を作ることについて、何よりも重視されなければならないことは、名護市民の意思である。


その名護市民が基地建設にNOの意思を示した。


この選挙を受けて、基地建設強行はあり得ない選択である。


安倍政権は名護市長選挙の結果が判明したにもかかわらず、直ちに基地建設を強行する姿勢を示している。地方自治の本旨、民主主義の根幹に反する行為である。

人気ブログランキングへ

安倍政権は名護市長選で基地建設推進の候補を勝利させるために全精力を注いできた。


この過程で、仲井真弘多知事は、県民を裏切る背徳の辺野古埋め立て申請承認に突き進んだ。


徳洲会の選挙違反事案で仲井真氏は揺さぶられたのだろう。


哀れな行動である。


1月19日の名護市長選の結果を確認してから埋め立て申請を判断するのが当然の手順ではないか。


どのような弱みを握られているのか知らないが、県民を裏切り、魂を売り渡すような埋め立て申請承認に踏み切ったことで、仲井真氏は晩節を汚した。


埋め立てを既成事実化して、札束で頬を叩けば、名護の市民など、基地建設に賛成に回ると読んでいたのだろう。


しかし、名護市民はこの策略に籠絡されなかった。


その判断は見事というほかない。


沖縄の叡智が日本を変える原動力を与えることになるかも知れない。

人気ブログランキングへ

基地問題と原発立地問題は重なる部分が多い。


誰もが嫌がるものを金の力で押し付けるという構図は、基地と原発に共通する。


日本を滅亡させる一歩手前の状況を生み出した東電福島原発事故。


これだけの惨事が広がったのに、日本全国の原発立地自治体で、原発ゼロの運動が広がらない。


福島県などでは、この状況下で、原発を推進する自民党の候補者が国政選挙で当選を果たしている。


金の力の威力というべきだろう。


名護市長選では、露骨な合法的買収活動が展開された。


500億円などの数字が飛び交い、金の力で住民をねじ伏せる動きが本格化した。


しかし、名護市民はこの恫喝、買収工作に打ち克った。

人気ブログランキングへ

ここが賞賛に値する点である。


三つの重要な点を指摘できる。


第一は、名護の市民が札束に動かされず、未来への正しい判断を示す矜持を示したこと。


第二は、市民の正しい判断を誘導する適正なリーダーが存在したこと。


第三は、メディアが社会の木鐸として真実の情報を提供したことである。


この三点が沖縄と本土の相違である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第770号「都知事選契機に民主主義を再興するための三条件」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「金で動かせない人の心がある」証した名護市長選 | トップページ | 原発再稼働是非は都知事選最大争点にふさわしい »

辺野古米軍基地建設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三政権を震撼させた名護市長選の大敗:

» 【大激震】舛添の巨額資金疑惑追及せよマスゴミ!【都知事選】 [大辛カレーのブログ]
「しんぶん赤旗ソース」の報道をあてにするのは辛いが、昨日の報道で、舛添の新党改革 [続きを読む]

« 「金で動かせない人の心がある」証した名護市長選 | トップページ | 原発再稼働是非は都知事選最大争点にふさわしい »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ