« 林芙美子『鶴の笛』が暗示する現代日本の世相 | トップページ | ハゲタカに日本を献上する為のTPPと秘密保護法 »

2014年1月 4日 (土)

主権者は名護市長選と二知事選で矜持を示せるか

次の参議院通常選挙が行われるのは2016年夏。


他方、衆議院の任期は2016年12月まである。


2014年は本格的な国政選挙の実施が見込まれない。


日本の主権者の意思が政治に反映されない時期が続くことになり、この間に日本が変質させられてしまうことに強い危惧を感じる。


とはいえ、民意を表わす機会が皆無というわけではない。


いくつかの重要な選挙が予定されている。


これらの選挙を通じて、日本の主権者がその意思を正しく選挙結果に反映してゆくことが望まれる。


まずは、1月19日に沖縄県名護市で市長選が行われる。


沖縄県の仲井真弘多知事が、沖縄県民に対する裏切り行為と言える辺野古海岸埋め立て申請を承認した。


2006年の知事選で徳洲会病院が糸数慶子候補支持から仲井真候補支持に鞍替えすることによって当選を果たしたと言われる仲井真弘多氏。


徳洲会が糸数陣営から仲井間陣営に鞍替えすることを指揮したのが安倍晋三政権であると見られている。


このときも、徳洲会病院には生体腎移植問題で揺さぶりがかけられていた。


今回は徳洲会病院の選挙違反問題で徳洲会が揺さぶられた。


徳洲会による選挙違反事案と無関係ではいられないと見られるのが沖縄県の仲井真弘多氏である。


この仲井真氏が沖縄県民を裏切って辺野古軍事基地建設を後押しすることは、読み筋から見れば既定路線であった。


限りなく黒に近いグレーに包まれた仲井真弘多氏は年末に知事選を迎えるが、その前に、辞職に追い込まれることも考え得る。

人気ブログランキングへ

1月19日の名護市長選は、名護市民が辺野古海岸米軍基地建設について、どのような判断を示すのかが問われる選挙である。


米国の命令に従い、辺野古に巨大軍事基地を建設して米国にプレゼントしようとする安倍晋三政権は、あらゆる手を尽くして基地建設推進派の末松文信候補を全面支援している。


辺野古に基地を作らせないことを公約に掲げている稲嶺進現市長が再選を果たして、辺野古海岸米軍基地建設にブレーキをかけることができるのか。


名護市民の矜持が問われる選挙である。

人気ブログランキングへ

2月9日には東京都知事選が実施される。


猪瀬直樹氏は徳洲会から5000万円の不明朗な資金を受領した。


都知事選支援を要請し、その要請を受けて提供された5000万円である。


また、徳洲会は東京都内の病院取得を希望しており、東電病院の取得の希望を示していた。


猪瀬直樹氏は徳洲会の意向を知ったうえで、東電の株主総会で東電病院の売却を強く働きかけた。


関連証拠が揃えば収賄の罪が問われる可能性もある。


東京都民はとんでもない候補者に大量の票を投じてしまったことになる。


猪瀬氏の東京都知事辞任は「天網恢恢疎にして漏らさず」を証明する出来事であり、悪は最後には裁かれることを示す事案である。


猪瀬知事辞任に伴い、2月9日に東京都知事選が実施される。


東京都民だけではなく、日本政治全体に影響を与える重要な選挙になる。


4月27日には、衆議院補欠選挙が実施される可能性がある。


3月15日までに衆議院議員の欠員が生じれば、4月27日が補欠選挙の実施日になる。


鹿児島2区選出の徳田毅議員は、親族が公職選挙法違反で逮捕、起訴されており、連座制により議員資格を失う可能性が濃厚である。


徳田議員の姉であるスターン美千代氏は公職選挙法違反容疑をすでに認めており、徳田毅議員の辞職は確定的な情勢である。


1月下旬に召集される通常国会でこの問題が取り上げられるのは必至で、安倍政権は4月27日の衆院補選を避けることができないだろう。


東京都知事選に現職衆院議員が立候補する場合も、4月27日に補選が実施されることになる。

人気ブログランキングへ

さらに、山口県知事選が実施される可能性もある。


山口県知事の山本繁太郎氏は体調不良で昨年10月から長期入院している。


県政の停滞を招いていることは明白である。


山口県選出の自民党衆議院議員である河村建夫氏は、1月2日、


「(2月下旬頃に開会する)次の県議会にも出席できなければ(知事を辞職して)知事選もあり得る」


と語ったと報じられている。


山口県は安倍晋三首相の選出県であり、ここで知事選が実施されることになると、国政に影響を与える重要選挙になる。


問題は、これらの選挙がどのように展開するか。


そして、主権者がこれらの選挙にどのように対応するかである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第755号「東京都知事選最新情勢と主権者勢力の課題」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 林芙美子『鶴の笛』が暗示する現代日本の世相 | トップページ | ハゲタカに日本を献上する為のTPPと秘密保護法 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主権者は名護市長選と二知事選で矜持を示せるか:

» 自民党の改憲草案は常に滅茶苦茶だった件について [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ]
LDP headquarters / Joe Jones  私の2005年という年は、おそらく死ぬまで忘れられない年となっている。  理由は明瞭だ。  最も精神疾患に程遠いと周囲に思われていた私(自分もそのように確信していたのだが)が、「うつ病状態」として心療内科の診察が下った年だった...... [続きを読む]

« 林芙美子『鶴の笛』が暗示する現代日本の世相 | トップページ | ハゲタカに日本を献上する為のTPPと秘密保護法 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ