« 全展望監視囚人房に閉じ込められた裁判官たち | トップページ | 仲井真知事が辺野古埋立申請を一蹴できない理由 »

2013年12月23日 (月)

軍事属国化と経済植民地化に抗うことができるか

IWJ恒例の年末シンポジウムが12月22日、品川のTHE GRAND HALLで開催された。


多くの市民と多くのゲストが参集して、熱気あふれる討議が交わされた。


シンポジウムのテーマは


「前夜」


~取り返しのつかない軍事属国化と経済植民地化に抗うために


であった。


シンポジウムでは三つのテーマについて、ゲストがそれぞれ10分程度のプレゼンテーションを行い、そのうえで討議が行われた。


テーマ1 秘密と改憲
 <スピーカー>
 
 ・梓澤和幸氏
 
 ・澤藤統一郎氏
 
 ・海渡雄一氏


テーマ2 経済植民地
 <スピーカー>
 
 ・醍醐聰氏
 
 ・岩月浩二氏
 
 ・植草一秀氏


テーマ3 軍事属国化
 <スピーカー>
 
 ・孫崎享氏
 
 ・国枝昌樹氏
 
 ・柳澤協二氏
 
 ・伊波洋一氏
 
 ・矢吹晋氏

人気ブログランキングへ

このシンポジウムの直前に、


自民党憲法改正草案および現行日本国憲法の逐条解説がまとめられた


『前夜-日本国憲法と自民党改憲案を読み解く』(現代書館)


http://goo.gl/QAJvyK


が刊行された。


弁護士の梓澤和幸氏、澤藤統一郎氏、岩上安身氏の三名による、自民党憲法改正草案を読み解く、半年間にわたる12回、延べ25時間にわたっての鼎談が収録されたものである。


テーマ1では、「前夜の著者に弁護士の海渡雄一弁護士が加わり、特定秘密保護法と憲法改定論議について討議が行われた。


私はテーマ2の「経済植民地」のセッションに出演した。


東大名誉教授の醍醐聰氏と弁護士の岩月浩二氏からは、TPPに関連する具体的かつ急迫した重大な事実が数多く示された。


TPPの核心を抉る文字通りディープな事実適示が行われた。


TPPとは単なる農産品の関税交渉ではない。


グローバルに活動領域を拡大する、ひとにぎりの巨大資本が主権国家の上に立って、世界の経済市場に支配権を確立するものなのである。


ISD条項は、国家から主権を奪い去り、グローバルな巨大資本の強欲な利益追求の論理が強制力をもって市場を覆うことを可能にするものなのである。


その具体的な行動が、これから始まるのではなく、すでに大きく始動していることが鮮明に示された。

人気ブログランキングへ

私は、「経済植民地」との視点に立って、安倍政権の現状を含めて、五つの重要事項を説明した。


1.アベノミクスの真実


2013年の日本経済のキーワードはアベノミクスである。


アベノミクスがもてはやされたのは、円安と株高が進行したからである。


そのメカニズムを明らかにした。


2.日本財政と消費税増税


安倍首相は2014年4月の消費税増税実施の方針を表明した。政府は日本財政が危機に直面していると訴える。


しかし、日本財政は危機に直面していない。その事実をデータによって明示した。


また、安倍政権が推進する財政政策運営が2014年度の日本経済に重大な脅威を与える事実を指摘した。


3.弱肉強食の推進


安倍政権が推進する経済政策の基本に、「弱肉強食の推進」が置かれている。


税制改正の基本構図には、この思想・哲学が鮮明に表れている。


また、財務省が推進する、括弧つきの「財政改革」とは、「財政健全化」とは似て非なるものである。羊頭狗肉と言ってもよい。


財務省が推進する「財政構造改革」の正体を明らかにした。


4.米国への上納金


財政が急迫していると言いながら、財務省は外貨準備運用で巨額損失を計上してきた。

 

4年間で50兆円という、想像を絶する巨額損失を生み出してきたのである。


ドル高でその損失が大幅に縮小しているいま、米国国債を売却して、損失回避の行動を取るべきであるが、日本政府はまったく動こうとしない。


5.日本支配戦略


米国の日本経済支配戦略の大きな流れを掴むことが必要である。


米国の対日経済支配戦略の歴史は長い。


その文脈上にいまのTPP戦略が位置付けられる。


また、米国最大の産業は産軍複合体産業であり、米国はこの利権構造のなかに日本を組み込むことを強化しつつある。


大きな戦略の図式の中に問題を捉えることが必要である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第746 号「日本の経済植民地化を推進する安倍政権経済政策」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 全展望監視囚人房に閉じ込められた裁判官たち | トップページ | 仲井真知事が辺野古埋立申請を一蹴できない理由 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍事属国化と経済植民地化に抗うことができるか:

» ユドヨノ大統領からのクリスマス・プレゼント [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ]
 〔画像出典:http://goo.gl/zZ7bs9〕  今日になって初めて知った。  12月14日の「しんぶん赤旗」に掲載された極めて重要な記事は、今世界で一番求められている最高の「クリスマス・プレゼント」に違いない。  12月13日、東京都内で講演したインドネシアのユドヨノ大...... [続きを読む]

« 全展望監視囚人房に閉じ込められた裁判官たち | トップページ | 仲井真知事が辺野古埋立申請を一蹴できない理由 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ