« 1月名護市長選前の辺野古埋立許可は言語道断 | トップページ | 小沢一郎氏が語った安倍晋三政権の怖さ危うさ »

2013年12月19日 (木)

猪瀬都知事辞意表明は事件捜査の出口でなく入口

東京都の猪瀬直樹知事が12月19日に辞意を表明すると報道された。


メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』


http://foomii.com/00050


では、


11月24日に


「猪瀬直樹東京都知事は必ず辞職に追い込まれる」


12月4日に


「猪瀬直樹東京都知事の辞任は避けられない」


と題する記事を掲載してきた。


ブログでは、12月10日に

「猪瀬知事が辞任し安倍内閣支持率が急落し続ける」


と題する記事を掲載した。


「天網恢恢疎にして漏らさず」


という。


天が悪人を捕えるために張りめぐらせた網の目は粗いが、悪いことを犯した人は一人も漏らさず取り逃さない。天道は厳正であり、悪いことをすれば必ず報いがある。


(
故事ことわざ辞典)

http://kotowaza-allguide.com/te/tenmoukaikai.html

という意味だ。


猪瀬直樹氏は上昇志向の強い人物である。


上昇志向の強い人物の特徴は、ポストとカネに対する執着が強烈であることだ。


同種の人物で大臣職を得た者がいた。


まだ天の網にかかってはいないが、いずれ捕らわれることになる。

人気ブログランキングへ

要するに「私」を主とするのか、「公」を主とするのかの違いだ。


「私」を主にするからさまざまな矛盾が生じる。


なぜなら、彼らが付く役職は「公職」だからである。


「公職」の立場を「私」の利益に利用するところに矛盾がある。


ものごとを破壊する原動力が「矛盾」である。


「公」の地位にありながら、「私」の利益を追求する者は、必ず、その矛盾から破滅に進むことになる。

人気ブログランキングへ

猪瀬氏の職務権限と徳洲会病院の利害は密接に絡む。


猪瀬氏が東京都の副知事職にあったとき、医療法人徳洲会グループが東京都内に開設した老人保健施設に、東京都が約7億5千万円の補助金を支出している。


徳洲会グループは東京都内に総合病院として東京西徳洲会病院(昭島市)を運営しており、さらに、2012年5月にグループ傘下の特定医療法人「沖縄徳洲会」が老人保健施設「武蔵野徳洲苑」を東京都西東京市に開設した。


武蔵野徳洲苑は、沖縄徳洲会が西東京市に設立を申請し、都が近隣所在の施設数などを考慮して150床を認可し、2010~11年度の2年間に建設された。


そして、その工事額全額の7億4970万円を補助金として支出したのが東京都である。

人気ブログランキングへ

そして、猪瀬氏の刑事責任と直結する可能性が高い事案が東電病院売却問題である。


猪瀬氏は東京電力の株主総会で、東電病院の早期売却を強く求める発言を行った。


これらの行動を受けて東電は東電病院の売却を決めた。


この売却に徳洲会が買い手として手を挙げた。


徳洲会の選挙違反問題が表面化してから徳洲会は入札参加を撤回したが、落札企業から購入することも検討されていたようである。


そして、猪瀬氏が都知事選の協力要請に徳洲会の徳田虎雄氏を訪問した際に、東電病院の売却の件が話し合われたとの証言があることが伝えられている。


この会話があり、猪瀬氏の株主総会での発言、徳洲会の東電病院売却入札への参加、徳洲会から猪瀬氏への資金提供などをつなぎ合わせれば、収賄の立件が視界に入ってくる。

人気ブログランキングへ

猪瀬直樹氏はのらりくらりと、都議会での質問をはぐらかし、答弁を二転三転させているが、これで議会を逃げ通せるわけがない。


徳洲会側の選挙違反事案に関わった関係者はすでに逮捕され、勾留されている。


徳田虎雄氏の次女にあたるスターン三千代氏は、勾留理由開示の裁判で、罪を認めてすべてを供述する考えを示した。


猪瀬氏が受領した資金を返済したとしているのは徳田虎雄氏の妻の徳田秀子氏だが、秀子氏も逮捕、勾留されている。


猪瀬氏の説明とは異なる供述を示している可能性が高い。


猪瀬氏の発言内容には「ウソ」が含まれていることがすでに明らかになってしまった。


ひとつのウソの威力は激烈である。


ウソがひとつでもあるなら、すべてのことばの信用力がなくなるのである。


借用書が郵送で返送されたとして、借用書を記者会見で示したが、折り目のまったくない借用書がどのような封筒で送られてきたのかについて問われても、その封筒を示すことができなかった。


多くの国民は、猪瀬氏が問題追及を受けてから、急造したものだと推察している。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第744 号「徳洲会事件関連3人の現前知事末路が焦点」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 1月名護市長選前の辺野古埋立許可は言語道断 | トップページ | 小沢一郎氏が語った安倍晋三政権の怖さ危うさ »

2012年東京都知事選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬都知事辞意表明は事件捜査の出口でなく入口:

» 「私は政治のアマチュアだった」と猪瀬直樹氏は語った 〜猪瀬直樹・東京都知事辞職会見〜 [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ〜政治をグーグル化する〜]
「傲慢だったと反省している」/猪瀬直樹東京都知事辞職会見 lt;videonews.comgt;  ご存知のように、猪瀬直樹氏が19日に東京都知事を辞任した。  彼は政治家として「傲慢だったと反省している」と言い、「私は政治のアマチュアだった」とも語った。  彼は...... [続きを読む]

« 1月名護市長選前の辺野古埋立許可は言語道断 | トップページ | 小沢一郎氏が語った安倍晋三政権の怖さ危うさ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ