« 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 | トップページ | 偽装事件で逮捕起訴される人とされない人の相違 »

2013年11月11日 (月)

安倍晋三政権の新・三大日本破壊悪徳政策路線

安倍政権が現在進めている政策のなかで、見過ごすことができない重大なものが三つある。


特定秘密保護法案


TPP交渉


東電分社化


である。


特定秘密保護法は、政府が恣意的に秘密事項と認定すると、その内容を国民が知ることができなくなる結果をもたらす。


秘密を暴露した公務員も、秘密を知ろうとした市民も厳罰に処せられる。


しかも、何を秘密にするかが政府の恣意で決められる。


つまり、国民主権の大原則が否定されることになる。


もちろん、憲法違反の違憲立法である。


この違憲立法が、安倍政権与党が衆参両院の多数を占有しているという、ただそれだけの事情でまかり通ることになる。


日本は名実ともに暗黒国家に陥ることになる。

人気ブログランキングへ

TPP交渉では、紛争仲裁制度が導入され、「国家と投資家の間の紛争解決」(ISDS)条項を導入することで折り合ったことが報道されている。


ISDS条項はTPPの核心である。


ISDS条項の導入を認めれば、各国制度の決定に関して、国家権力の上に裁定機関が位置付けられることになる。


国家が主権を喪失することを意味する。


国家が主家を喪失するということは、国家の主権者である国民が主権者としての地位を失うことを意味する。


日本はISDS条項を導入するTPPに参加してはならない。


このことは、自民党が総選挙および参院選に際して、6項目の公約として示したものの中に含まれる。


TPP交渉の過程で、ISDS条項の導入が決まれば、その時点で、自動的に日本は交渉から離脱することを決めなければならない。


それが、自民党の政権公約の意味である。


新聞がISDS条項の導入が決まったなどと報じて、日本の交渉離脱を主張しないのは、主権者国民に対する反逆行為でしかない。

人気ブログランキングへ

東電については、法的整理を行うことが必要不可欠である。


原発事故の処理費用、損害賠償金額は10兆円を超える。


東電の純資産はこれを圧倒的に下回る。


東電は実質破たん状態にある。


最終的に原発事故対応費用、損害賠償費用は国が責任を持つことになる。


国が責任を持つということは、国民が負担するという意味である。


国民に負担を求めるなら、その前に、責任ある当事者である、東電の経営者、株主、債権者に適正な責任を負ってもらう必要がある。


東電を法的整理する場合、東電経営者、株主、債権者が応分の責任を問われることになる。


国民に費用負担を強制するなら、責任ある当事者に応分の責任を求めるのは当然のことである。


だから、東電の法的整理が必要なのである。

人気ブログランキングへ

ところが、安倍政権は東電の責任ある当事者の責任を求める行動を示していない。


責任ある当事者に責任を求めず、事故処理費用、損害賠償費用を一般国民に押し付けようとしている。


このような筋違いの政策対応を、日本の主権者国民は絶対に許してはならない。


東電を分社化するというのは、原子炉の廃炉、損害賠償、除染などの費用の掛かる事業を別会社にして、それ以外の部分を救済する施策である。


責任ある当事者である経営者、株主、債権者は、応分の責任を負わされるのではなく、国から利益供与を受けることになる。


このような無法をまかり通らせて良いわけがない。

人気ブログランキングへ

衆参の両院の多数議席を安倍政権与党が占有し、傍若無人の暴走を繰り広げること。


これが「アベノリスク」である。


http://goo.gl/xu3Us


特定秘密保護法が制定されれば、国民主権の大原則は崩壊する。


国民には何も知らせず、政府が国民の目の届かぬところで暴走することが放置されることになる。


日本は民主主義国家をやめることになる。


ISDS条項を導入するTPPに日本が参加することは、日本が国家主権を失うことを意味する。


米系巨大資本が日本の諸制度を都合の良いように改変し尽くすことになる。


原発事故の巨大な債務がすべて国民につけ回しされる。


その一方で、責任ある当事者である東電経営者、株主、債権者は、国から利益供与を受けて巨大な不当利得を得ることになる。


こんな日本を私たちは容認するのか。


早く目を醒まして、事態の是正に取り組まねば、日本は、シロアリ官僚、ハゲタカ外資、ハイエナ強欲資本に食い尽くされてしまう。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第714号「新治安維持法・ISDS・東電利益供与と三人事権濫用」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 | トップページ | 偽装事件で逮捕起訴される人とされない人の相違 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三政権の新・三大日本破壊悪徳政策路線:

» 【戦前回帰】「民主主義と国民の敵」パンパース安倍一味を国民自身の手によって打倒しよう!【秘密の中身が秘密】 [ステイメンの雑記帖(暫定復活版)]
 去る10月15日に招集された第185臨時国会は、本来経済状況を無視した消費税増税の是非や経済対策、TPP問題、社会保障切り捨て問題そして際限なく問題が拡大する福島第一原発の「高濃度汚染水ダダ漏れ問題」など国民生活に直結する内外に山積する諸課題を議論するものだった筈だ!  しかるに現実は、会期末まで1ヶ月を切った状態なのに、それら諸課題はどこかに吹き飛んでしまい日本版NSC設置...... [続きを読む]

» 特定秘密保護法案は過去の事例のどれが逮捕か明示せよ! [大辛カレーのブログ]
特定秘密保護法案は過去の事例のどれが当たるか明示すべきだ。 たとえば尖閣問題の漁 [続きを読む]

« 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 | トップページ | 偽装事件で逮捕起訴される人とされない人の相違 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ