« 消費税増税前に野田佳彦岡田克也三大演説再確認 | トップページ | 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 »

2013年11月 9日 (土)

偽装食材の和食文化遺産で観光客をお・も・て・な・し

安倍政権が海外諸国にアピールする日本の価値は、


お・も・て・な・し


ということだそうだが、この


お・も・て・な・し


とは、


う・ら・が・あ・る


ということらしい。


中国産のそばを信州産そばと表示し、


ブラジル産の鶏肉を大和肉鶏と表示し、


ロブスターを伊勢海老と表示し、


普通の豚肉を沖縄豚や霧島ポークと表示し、


春雨加工品をふかひれと表示する。


これが日本の料理飲食業界、観光サービス業界の常識だった。


選りすぐりの高級食材という「おもて」はなく、安価な食材という「うら」があったわけだ。

人気ブログランキングへ

これらを「誤表示」と表現すること自体が「偽装」である。


安い食材を使った料理を、高価な食材を使ったように見せかけて、高価な食材に見合う価格を顧客に支払わせていたとすれば、これは「詐欺」である。


景品表示法以前に、刑法の詐欺罪の適用を視野に入れて捜査当局が動かないことがおかしい。


日本を代表する百貨店から有名ホテルが、軒並み食材偽装に手を染めていた事実が次から次へと明るみに出ている。


事情を一番よく知っているのは、こうした企業の内部にいる人々であろう。


政府はこうした企業の内部告発者を擁護しつつ、広く情報提供を求めるべきである。


偽装を実行してきた企業のなかには、このまま隠ぺいを貫くことを検討しているところもあるだろうが、それを阻止するのが内部告発である。


公益通報者保護法が存在するのだから、偽装企業の実態を広く世間に明らかにすることを、政府が推奨するべきである。


そのうえで、「誤表示」と「偽装」=「詐欺」を明確に区分するべきである。


国産地鶏をブラジル産と表示していたなら、これは「誤表示」であると言える。


しかし、ブラジル産を国産地鶏と表示していたなら、「偽装」=「詐欺」である。


なぜなら、前者においては、消費者が損失を蒙ることがない。


しかし、後者においては、消費者が損失を蒙るからだ。

人気ブログランキングへ

とりわけ、ブランド食材を表示しておいて、実際には、安価な食材を使用していたケースは悪質であり、捜査当局はこれを刑事問題として取扱い、厳しく摘発する必要がある。


そもそも、9月7日のIOC総会では、安倍首相の発言内容に明白な「偽装」があった。


福島原発はいま、コントロールされた状況にはない。


コントロールされていないからこそ、汚染水が外部に漏出しているのである。


この汚染水流出自体が、国際原子力事象評価尺度のレベル3=重大な異常事象に位置付けられている重大放射能汚染事故なのである。


こうした放射能漏出事故が存在していること自体が、福島原発の状況が、”under control”にはないことを物語っている。


また、汚染水は海洋に流出しており、港湾は外洋と接触している。


したがって、汚染水が港湾の0.3平方キロ内で完全にブロックされているとは言えない。


安倍首相が「表」として示した、原発事故は完全にコントロールされているとの発言は、実態がなかった。「裏」があったのだ。

人気ブログランキングへ

その安倍首相が創設した「産業競争力会議」。


楽天の三木谷浩史社長をそのメンバーに起用したのは安倍首相自身であると伝えられている。


三木谷氏は、楽天の事業拡大のために、医薬品のネット販売の全面解禁を強く要請してきた。


ところが、安倍政権は、最終的に処方薬のネット販売を解禁しなかった。


処方薬のネット販売が解禁されれば、全国の薬剤師=薬局業界が大打撃を受ける。


薬剤師連盟は国会議員に多額の政治献金を行っており、この金の力で処方薬のネット販売解禁を阻止したのである。


これが「政治とカネ」問題の本質である。


企業献金を認めれば、政治の決定が金で買われるようになる。


「政治とカネ」問題の解決のためには、企業献金の全面禁止が必要不可欠である。


ネット販売業者は、薬剤師連盟に負けない金額を政治献金で払うことを選択するようになるかも知れない。


国会議員は主権者の側ではなく、カネの出処の側を向いて仕事をするようになるだろう。


これが合法的な受託収賄なのである。

人気ブログランキングへ

甘利経財相は、政府が処方薬のネット販売を解禁しなかったことを不服として産業競争力会議の委員を辞任する意向を示した三木谷浩史氏を批判し、今度は楽天の「偽装」をやり玉にあげている。


ドタバタ悲喜劇が幕を開けた。


安倍政権の内紛が始まり、馬脚を現し始めている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第711号「偽装天国日本とアダム・スミス、渋沢栄一」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 消費税増税前に野田佳彦岡田克也三大演説再確認 | トップページ | 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装食材の和食文化遺産で観光客をお・も・て・な・し:

» アメリカは、200万人の新生児に粉ミルクを支給する。但し、遺伝子組み換え大豆のものに限る。 [街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋]
晴耕雨読さんのサイトで教えてもらいました。 印鑰 智哉さんのページで紹介されています。 WTOの牛成長ホルモン事件でEUを撃破した(つもりの)米国食品メーカーは、赤ちゃんの粉ミルクに牛成長ホルモンを使うという残酷な人体実験の暴挙に出ている。 また、米国政府はアメリカの新生児200万人に粉ミルクを提供します。但し、それらは全て遺伝子組み換えの粉ミルクだけです。 晴耕雨読さんと印鑰智哉氏は、ジカンバ耐... [続きを読む]

« 消費税増税前に野田佳彦岡田克也三大演説再確認 | トップページ | 敗戦から68年いまだに日本を占領し続ける米軍 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ