« 特定秘密保護法から始まるアベノリスクの大暴走 | トップページ | 辺野古基地建設を普天間閉鎖条件にするのが過ち »

2013年11月28日 (木)

特定秘密保護法だけではない深刻なアベノリスク

「アベノリスク」が猛威を奮い始めた。


http://goo.gl/xu3Us


野田佳彦氏が民主党を壊滅的な状況に陥れた最大の要因は、野田佳彦氏が主権者である国民に対して、背信の行動に突き進んだからである。


野田佳彦氏が2009年の総選挙に際して、何を言ったのかを、ここで詳しく繰り返すことはしない。


次の三つの演説を再確認するだけで十分である。


1.2009年7月14日野田佳彦氏衆院本会議討論演説

http://goo.gl/5OlF8


2.2009年8月15日野田佳彦氏街頭演説

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


3.2009年8月11日岡田克也氏街頭演説

http://nicoviewer.net/sm13731857


消費税増税について、


「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」


と明言し、シロアリ退治に邁進することを主権者に約束したのである。


シロアリ退治とは、天下りとワタリの根絶である。


ところが、この約束を明確に示した野田佳彦氏が、シロアリを一匹も退治することなく、消費税大増税に突き進んだ。


そのうえで、衆議院解散・総選挙に突き進んだのである。


まさに「自爆解散」だったが、予想通り、野田佳彦民主党は玉砕した。


野田佳彦民主党の崩壊は、必然の結果であった。

人気ブログランキングへ

昨年12月16日の総選挙を通じて、安倍晋三政権が誕生した。


メディアの誘導も、安倍政権誕生に大きく寄与したと思われる。


しかし、最大の要因は、野田佳彦民主党の自爆である。


野田佳彦氏は、意図してオウンゴールを五発も打ち込んだように見える。


野田氏がなぜこのような行為に突き進んだのか。


それは、野田佳彦氏が主権者国民の側に立つ人間ではなく、既得権益の側に立つ人間であったからだろう。

人気ブログランキングへ

民主党は水と油の混合物だった。


主権者国民の側に立つ者と、既得権益の側に立つ者が同居していた。


「小鳩の春」をもたらした、小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏は、主権者国民の側に立つ政治家であった。


2009年9月には、日本の歴史上、初めて、主権者国民の側に立つ政治勢力が政権を樹立した。


この事態に対応したのが既得権益勢力である。


既得権益勢力は、主権者国民の勢力に奪われた政治権力を奪還するために、文字通り、目的のためには手段を選ばぬ行動に突き進んだ。


第一弾として、民主党内に潜む既得権益勢力にクーデターを挙行させた。


その結果として誕生したのが、菅直人政権である。


その後、既得権益勢力は野田佳彦政権を樹立した。


そして、この野田佳彦政権に消費税大増税法を成立させたのである。


消費税大増税法は、同時に民主党を解体する強力な兵器でもあった。


野田佳彦氏に自爆を命じて政権を安倍晋三氏に引き継がせた。


そして、国政選挙が丸3年行なわれない空白の時間帯を形成して、この間に、日本のすべてを解体、改変することが、いま推進されている。

人気ブログランキングへ

問題は、政治権力を掌握した安倍晋三政権が、主権者国民との契約=政権公約を踏みにじり、日本の根幹を左右する諸問題について、暴走を始めたことである。


特定秘密保護法が「数の論理」で強行成立される状況が進行している。


日本の民主主義を破壊する横暴である。


メディアが社会の木鐸として、権力批判を展開するべき局面だが、大半のメディアが堕落して、権力迎合を強めている。


このメディアが深刻な除法汚染をもたらしている。


除染を急がなければ、多くの主権者が汚染情報によって洗脳されてしまう。

人気ブログランキングへ

そして、原発、沖縄、TPPが、安倍政権の暴走によって、歪んだ方向に引き寄せられる。


重大な問題が山積しすぎており、どうしても目配りが行き届かなくなりやすい。


昨年12月の総選挙、本年7月の参院選でも同じことが言えた。


総選挙では、原発、消費税、TPPが最重要事項だった、


参院選では、これに憲法、沖縄が加わった。


ところが、メディアは、この重大テーマを陰に隠すために、まったく見当違いの争点設定を行った。


総選挙では、民主党政権の継続を望むか、政権交代を求めるか、第三極の躍進を実現させるのか、安倍政権の誕生を実現させるか、などを中心争点に位置付けたのである。


参院選では、景気=アベノミクスの評価が最大の争点であるとの刷り込みが展開された。


同時に、ねじれが「決められない政治」をもたらしているとの前宣伝とともに「ねじれの解消」が最大の焦点であるとの大宣伝が展開された。


つまり、原発・憲法・TPP・消費税・沖縄の五大争点に光を当てないように、選挙戦を誘導したのである。


結果として安倍政権が強い国会基盤を確保し、衆参両院を支配する状況が生み出された。


さらに重要なことは、この状況が次の国政選挙までの長期間維持されることである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第728号「日本は名実ともに米国の植民地に堕すのか」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 特定秘密保護法から始まるアベノリスクの大暴走 | トップページ | 辺野古基地建設を普天間閉鎖条件にするのが過ち »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/54082042

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法だけではない深刻なアベノリスク:

» 安倍政権は日本国民を殺す政権である 〜特定秘密保護法案を廃案にせよ!〜 [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ〜政治をグーグル化する〜]
 11月27日は日本海賊党が主催するトークイベント「STOP 秘密保全法」に参加した。  メインゲストは上智大学・田島泰彦教授である。  この模様はニコニコ動画でも生中継された。プレミアム会員ならタイムシフト視聴もまだ可能なので、以下のアドレスにて視聴いただけれ...... [続きを読む]

» 特定秘密保護法案に反対します [image is an image]
特定秘密保護法案が衆議院で可決されました。 2013-11-26 特定秘密保護法案、強行採決で衆院委通過 維新は退席:朝日新聞デジタル 恣意的に運用される恐れがある、報道の自由を侵害する恐れがある、知る権利を侵害する恐れがある、十分な審議がなされていないなど、問題点を指摘されているにも関わらず強行採決。 恣意的運用による知る権利の侵害こそ、このツールの核心部分の一つではないかと予想しています。 何が秘密かを明確にしてしまったら便利に使えませんからね。 というか、実は内容について詳しく知らないの... [続きを読む]

« 特定秘密保護法から始まるアベノリスクの大暴走 | トップページ | 辺野古基地建設を普天間閉鎖条件にするのが過ち »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ