« 食物連鎖によってもたらされる水産物の放射能汚染 | トップページ | 原発事故適正責任処理で東電の法的整理は不可避 »

2013年10月 4日 (金)

株価急落主因は史上空前超デフレ政策決定にあり

日経平均株価は9月29日に14,799円の高値を記録して以来、大幅に下落している。


拙ブログでは9月29日に、


「「絶好調」全開安倍政権に巨大な暗雲が迫りつつある」


と題する記事を掲載した。


10月4日には、日経平均株価が取引時間中に14,000円の大台を割り込んだ。


『金利・為替・株価特報』2013年9月30日号のタイトルは、


2014年度「財政の絶壁」への対応が不可欠」


http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html


である。


ロイターは、


「日本株は続落、日経平均が一時1万4000円割れ-米財政と円高」


と題する記事を配信しているが、もっとも重要な問題に対する指摘がない。


それは、安倍政権が史上最大の「デフレ政策」を実施する決定を示したことだ。


安倍政権は「デフレからの脱却」に全力を挙げる方針を提示しているが、その安倍政権が、史上最大の「デフレ政策」を実施することを決定した。


本年最大のブラックジョークである。


この決定を示せば、経済・金融の流れが転換する。


この点を私は警告してきた。

人気ブログランキングへ

残念ながら、今回もまた、警告は聞き入れられなかった。


米国の予算が成立せず、米政府機関が一部閉鎖に追い込まれている。


オバマ大統領は議会対応に追われて、インドネシアのバリで開かれるAPEC首脳会議にも出席しないことになった。


米国で最重要の経済統計である雇用統計も、10月4日発表予定の数値が公表されなくなる。


米国は政府債務上限を引き上げる法律を成立させる必要があるが、議会において政権与党である民主党と野党共和党が対立して、法律成立のめどが立っていない。


米国国債の債務不履行のリスクが高まっていることが懸念されている。


最終的には債務不履行は回避しなければならないが、そこにたどり着くまで、なお紆余曲折が見込まれている。


オバマ大統領の指導力の低下が深刻な状況に陥っている。


オバマ大統領はシリア政府が化学兵器を使用したとして、シリアに対する軍事攻撃の方針を示したが、根拠が不明確な米国によるシリアへの軍事介入に対して、世界から批判が高まった。


英国ではシリア攻撃の政府方針を議会が否決する事態が生じた。


結局、オバマ大統領は軍事介入を見送る決定を示さざるを得なくなり、指導力の翳りは深刻な状況に立ち至っている。

人気ブログランキングへ

内外の金融市場はいま、三つのリスクファクターに直面している。


米国の財政金融をめぐる不透明要因の浮上。


中国の金融問題。


そして、日本経済の再悪化懸念である。


米国では、FRBによる量的金融緩和政策の縮小がいつ行われるのかに関心が寄せられている。


これと関連するのが、次期FRB議長人事だ。


オバマ大統領は10月にも次期FRB議長に指名する者を公表すると見られているが、世界経済に重大な影響を与える米国金融政策の運営方針を決める最重要人物の人事であるだけに注目を怠れない。


そして、政府債務上限の引き上げ問題。


債務上限が引き上げられないと、米国政府は新たな資金調達を行うことができず、最悪の場合、過去債務の償還が不可能になる。


米国国債が債務不履行になれば、その影響は測り知れないものになる。


他方、中国経済の先行きに対する警戒感も依然として強い。


影の金融=シャドーバンキング問題を解決できるかどうか、疑念はまだ晴らされていない。

人気ブログランキングへ

しかし、日本株価の下落を考察する際、見落とせない第一の要因は別にある。消費税増税問題だ。


2014年4月に実施される予定の消費税増税等の影響で、国民負担は約9兆円増大する。


これだけでも極めて強力な財政緊縮政策になる。


しかし、もっと大きな爆弾が潜んでいるのだ。


それは、2012年度13兆円補正予算の効果が剥落することである。


これを合わせると、2014年度の財政デフレ政策の規模は22兆円になる。史上最大の財政デフレ政策なのだ。


史上最大の財政デフレ政策を発表しつつ、「デフレからの脱却を最優先政策課題に位置付ける」ことが、最大の矛盾なのだ。


これが主因で、日本株価が急落している。


ところが、権力迎合のマスメディアは、この点に一切触れようとしない。


消費税増税の障害になるからだ。


しかし、財政政策が史上空前の急ブレーキを踏むことになるなら、日本経済の悪化は避けることは難しいだろう。


ようやく休眠状態から覚めることになる国会では、財政デフレ政策の是非を十分に論議してもらわねばならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第682号「日本社会を破壊し尽くすアベノミクスの罠」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 食物連鎖によってもたらされる水産物の放射能汚染 | トップページ | 原発事故適正責任処理で東電の法的整理は不可避 »

経済政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株価急落主因は史上空前超デフレ政策決定にあり:

« 食物連鎖によってもたらされる水産物の放射能汚染 | トップページ | 原発事故適正責任処理で東電の法的整理は不可避 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ