« 五輪が持つスポーツの祭典と利権の祭典の二面性 | トップページ | 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること »

2013年9月 9日 (月)

世界を騙せても国民を騙せない放射能汚染の真実

安倍晋三氏はIOC総会での日本へのオリンピック招致のためのプレゼンテーションのなかで、福島原発は完全に政府のコントロール下にあると述べた。


そうなると、汚染水の流出も政府の管理の下で実行されていることになる。


政府の制御下にないから放射能汚染水が外部流出しているのであり、根本的な言葉の矛盾をはらんでいる。


光に群がる蛾のように、オリンピックのような話題に人々の関心は寄せられるが、放射能事故の被害者は、強い疎外感を味わっている。


安倍財政で公共事業が拡張され、官僚の勤務先や居住先の施設が整備されてゆく。


首相官邸も議員会館も豪華に建造されてきた。


その一方で、生活保護は削減され、子ども手当は廃止され、高校授業料無償化も縮小される。


企業が労働者を解雇する自由は拡大され、年金の支給開始年齢は引き上げられる。


病院窓口での本人負担は大幅に引き上げられ、介護を利用する本人負担も大幅に引き上げられる。


障がい者に対する公的給付も冷酷に切り込まれている。

人気ブログランキングへ

メディアはオリンピックの招致決定だけを、お祭り騒ぎにして報道し続ける。


スポーツの価値を否定するつもりもないし、アスリートの活躍を批判するつもりも毛頭ない。


しかし、このような話題が情報空間を占拠して、国民生活にとって本当に重要な問題が脇に追いやられ、主権者である国民がものごとを十分に考え、検討しない間に、国会議席の多数を確保した勢力が、独断で重要事項を決定していってしまうことは、あまりにも恐ろしい。


原発事故はまったく収束していない。


放射能による汚染は続いているし、重大な健康被害も確実に増加している。


国際社会に対して、「原発は完全に政府のコントロール下にある」と宣言したことも重大さに安倍晋三氏はまったく気付いていないようである。

人気ブログランキングへ

考えてみれば、安倍晋三氏には「強い運」があるように見える。


総理大臣の職を無責任に投げ出した人物が、首相の座に返り咲くこと自体が不可思議である。


リベンジや再チャレンジを否定するつもりはないが、無責任な行動に対する適正な対応策は、いまだに示されていない。


昨年12月の選挙で、安倍晋三氏が率いる自民党が大勝した最大の理由は、国民の大半が野田民主党に強い怒りの気持ちを持ったことである。


「シロアリ退治なき消費税増税はおかしい」と啖呵を切っておきながら、厚顔無恥に「シロアリ退治なき消費税増税」を決めた。


国民は野田民主党をせん滅しようと考えた。


このことが、安倍氏にとって最大の順風になった。


株価が急騰したのも、最大の理由は、野田政権の下で日本の株価が不当に割安な水準に暴落していたためである。


財務省主導の増税まっしぐらの政策スタンスを修正しただけで、株価は2倍近い水準に暴騰したのである。


野田のマイナスの裏側が、安倍政権が享受したプラスなのである。

人気ブログランキングへ

日経平均株価は5月22日に15627円まで上昇したが、6月13日には12455円にまで急落した。


安倍政権が大きく掲げた金融緩和政策を実際に決定して実施したのが4月4日のことだ。


これを境に、日本の金利は上昇し、これが5月以降の円高回帰の原因になった。


アベノミクスの「副作用」が強烈に表面化して、安倍政権は重大な危機に直面した。


あのまま株価下落が続いていたなら、安倍政権は参院選に大勝できなかったはずだ。


ところが、日経平均株価は6月13日から7月18日にかけて急反発したのである。


米国金利が上昇し、これがドル高をもたらした。ドル高=円安に連動して日本の株価が急反発した。


米国金利上昇とドル高は、米国が量的金融緩和縮小の方針を表明したことによってもたらされた。


米国金融政策当局の発言が、結果的に、安倍政権の窮地を救ったことになる。

人気ブログランキングへ

そして、三つ目の強運がオリンピック招致だ。


日本が争った相手がイスタンブールとマドリッドであったから、日本招致を決めることができた。


トルコの国内政治情勢不安定化、シリア情勢の緊迫化がイスタンブール支持を大幅に減少させる原因になった。


マドリッドは、欧州政府債務危機問題の直撃を受けた。


とてもオリンピックどころの状況ではなくなってしまったのだ。


この結果として日本が選出された。


日本はさらに重大な放射能問題を抱えているが、安倍氏をはじめとする日本の招致委員会メンバーが、真実ではない発言を繰り返して、IOCの支持を取り付けてしまったのだ。


この咎が火を噴く可能性は決して低くない。


原発事故に関する情報隠ぺい、虚偽情報流布の罪は限りなく重い。


安倍晋三氏は強運の持ち主であるように見えるが、これだけの強運が続いたことを踏まえると、そろそろ運の使い果たしの可能性を考えるべきであるように思う。


「禍福はあざなえる縄の如し」と言う。強運も深刻な「矛盾」の前には綻びる可能性が高い。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第661号「日本政治再建のために一からの出直しが必要」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 五輪が持つスポーツの祭典と利権の祭典の二面性 | トップページ | 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を騙せても国民を騙せない放射能汚染の真実:

» 憲法と皇族と安倍晋三 [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
 ご存知の通り、2020年のオリンピックは東京での開催が決まり、世間やマスコミはオリンピック・ムード一色になっている。オリンピック招致に関しては、9月4日に「高円宮妃久子様の顔に泥を塗る安倍晋三」と題してエントリーを書いたが、これに関し「どのような形であれ、...... [続きを読む]

» 【自動車】警察庁、『中型自動車免許』見直しへ--トラック運送業界や高等学校校長協会の要望受け [政治経済ニュース・今私の気になる事]
警察庁は、中型自動車免許制度を見直す方針を固めた。近く有識者による検討会を設置し、検討を始める予定だ。 中型免許は、2007年に創設され、車両総重量5トン以上11トン未満の車両を運転できる免許(経過措置として8トン未満限定あり)で、受験資格が20歳以上とされてい…... [続きを読む]

» 海外にダダ漏れする日本のイカサマ原発事情 [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
 私は東京オリンピックについては反対の立場だったか、別の角度から考えると開催地は案外東京で良かったのかもしれないと思うようなった。というのも、事故原発をめぐる放射線、汚染水流出の問題がこれまで以上に海外からの厳しい視線を受け、日本の原発対策のイカサマぶ...... [続きを読む]

« 五輪が持つスポーツの祭典と利権の祭典の二面性 | トップページ | 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ