« 世界を騙せても国民を騙せない放射能汚染の真実 | トップページ | 安倍政権の巨大矛盾解消第一歩は東電の法的整理 »

2013年9月11日 (水)

政策運営の極意は「気」の流れを支配すること

景気、天気、元気、病気、陽気、陰気、勇気、人気、活気。そして運気。


ものごとの流れ、上昇、下落の流れを決めるのは「気」の流れである。


安倍晋三氏はこれまでのところ、強い運気を有している。


最大の強運は前任者が最悪であったこと。


民主党の菅直人氏と野田佳彦氏が民主党を崩壊させたA級戦犯である。


両戦犯の
最大の誤りは、財務省路線に完全に乗ったこと。


財務省の利権を切るはずの民主党政権が財務省の手のひらに乗って官僚利権を温存したまま増税路線に突き進んだ。


震災・原発事故があり、日本経済を復興させることが最優先課題であったときに、増税まっしぐらの路線を突き進んだ。


安倍氏が人気を得るのは簡単なことだった。


財務省主導の財政再建原理主義にほんの少し修正の手を加えるだけでよかった。


第二の強運は、日本の株価が6月13日から7月18日にかけて急反発したこと。


5月22日に15627円まで上昇した日経平均株価だったが、6月13日には12455円にまで急落した。


昨年11月14日から反騰しかけて急騰した株価上昇の45%がわずか3週間で消えた。


アベノミクスの第一の矢、金融緩和を決定したら日本の長期金利が急上昇し、これが円高をもたらして株価が急落してしまったのだ。


アベノミクスの幻想が一気にしぼんだ局面だ。


ところが、この窮地を救ったのは米国だった。


FRB議長のバーナンキが量的金融緩和政策縮小を打ち出して米金利が上昇。連動して為替レートがドル高=円安に振れて日本株価が急反発したのだ。


バーナンキが安倍政権救済を目的に動いたのかどうかは定かでないが、この金融変動がなかったなら、安倍自民党の参院選大勝はぐらついたはずである。

人気ブログランキングへ

そして、第三の強運がオリンピック招致の決定。


東京招致のために、巨額の闇資金が動いたと推察される。


オリンピックはスポーツの祭典ではあるが、実態は利権の祭典である。


この利権を確保するために、巨大な金が動く。


私費を投じるなら許されるが、公金が闇資金となることにはメスが入れられなければならない。


見かけ上の美談の裏に、どろどろの利権が渦巻いている。


このオリンピックで東京招致が実現した最大の理由は、競合相手の自滅だった。


内政不安とシリア不安がイスタンブールの障害になった。


欧州政府債務危機、2024年オリンピック招致を狙う欧州国家がマドリッドの障害になった。


日本では「オリンピックの前にやるべきことがある」のが現実だが、政治的にはオリンピック招致は恰好の得点稼ぎの成果になる。


この果実を安倍氏が受け取ったことは強運のなせる業である。

人気ブログランキングへ

しかし、「好事魔多し」という。


この強運を生かせるのか。それとも、強運の上に慢心が生じて、事態を暗転させるのか。


安倍氏の器量が問われる局面だ。

人気ブログランキングへ

何よりも大事なことは、「気」の流れを的確に捉えること。


「気」の流れを支配することである。


昨年11月から本年5月にかけて、安倍晋三氏は、強運な金融市場の流れを掴むことに成功した。


その背景になったのは、昨年7月に米国長期金利が最低値を記録したことだった。


私が執筆する政治経済金融レポート『金利・為替・株価特報』では、昨年なかばにこの点に着目した。


http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html


米国長期金利が7月に1.38%を記録し、これが、中長期の最低値になる可能性が高いことを指摘した。


そのうえで、米国長期金利が最低値を記録するなら、円ドルレートがドル安=円高のトレンドからドル高=円安のトレンドに転換する可能性が高いと指摘したのである。


アベノミクスの最大のポイントは金融緩和政策強化だったが、この施策によって円安=ドル高の流れが生まれる背景には、米国金利の上昇波動への転換があったのだ。


これがなければ、円安=日本株高の激変は生じていない。


これも安倍氏の強運を示す事例である。

人気ブログランキングへ

問題は、せっかく生まれつつある「上昇」の「気」の流れを生かすことができるのか。


それとも、この大切な「気」の流れを短命に終わらせてしまうのか。


政策責任者としての「器量」が問われるのが、ここからの「采配」である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第662号「財務省主導の政策運営が日本経済を再転落させる 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 世界を騙せても国民を騙せない放射能汚染の真実 | トップページ | 安倍政権の巨大矛盾解消第一歩は東電の法的整理 »

経済政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること:

« 世界を騙せても国民を騙せない放射能汚染の真実 | トップページ | 安倍政権の巨大矛盾解消第一歩は東電の法的整理 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ