« 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること | トップページ | 25%の民意依存政府でも倒すには団結と戦略必要 »

2013年9月12日 (木)

安倍政権の巨大矛盾解消第一歩は東電の法的整理

安倍晋三氏は福島原発の放射能事故が完全に管理下にあると宣言したが、これを肯定する者は、少なくとも現実を知っている者のなかには一人もいない。


under controlとは、事態が制御されていることを指す。


放射能汚染水が地下水や海洋に流出しているのは、事態が制御されていないから生じているもので、定義の上で、福島原発の放射能事故は“under controlの状態にはない。


しかし、安倍氏はオリンピックを招致するために、このような虚偽を宣言してしまった。


この事実が安倍政権の命運を左右する問題になると思われる。


安倍氏が福島原発放射能事故はunder controlの状態にあると宣言したことは、福島の現実とは異なっている。


ここに「矛盾」がある。


ものごとが崩壊する原因は、常に「矛盾」である。


例えば、株価のバブルが崩壊すること。


これは、現実の株価と、企業の真実の価値との間に「矛盾」が広がる際に生じる。


「矛盾」を生み出すこと、「矛盾」を創り出すことが、ものごとの崩壊を導くのである。

人気ブログランキングへ

オリンピックという新たな目標が生まれて、上昇する「気」の流れを生み出すことは悪いことではない。


「陰の気」が支配し続けてきた日本に、「陽の気」を創り出すことは良いことである。


しかし、オリンピックを実現すればそれだけで良いのかと言えば、むろんそうではない。


日本の国はいま重要な分岐点に差し掛かっている。


米国流の弱肉強食社会に完全に移行してしまうのか。それとも、助け合い、分かち合い、支え合いの文化、哲学、価値観を取り戻すのか。


2001年に発足した小泉政権が、日本の方向を変えた。


「助け合う社会・分かち合う社会」から「叩き合う社会・奪い合う社会」に基本方向を大転換させた。


鳩山由紀夫政権が誕生した背景には、小泉政権が推進した弱肉強食社会創設の政策路線への反省、見直しの気運があった。


日本の針路は、いったん大幅に修正される方向に進み始めた。


ところが、日本の弱肉強食化、日本収奪の目論見を持つ米官業トライアングルが、この流れを再転覆させた。


彼らは目的のためには手段を選ばぬ暴虐の限りを尽くした。


その結果として、まず、民主党内のクーデター政権である菅直人政権と野田佳彦政権が樹立され、そのうえで、昨年12月に第二次安倍晋三政権が樹立されたのである。

人気ブログランキングへ

私の考えは、「オリンピックの前にやるべきことがある」というものだ。


いま安倍政権が推進していることは、社会保障制度の破壊である。


消費税増税は社会保障制度を拡充するためのものと説明されているが、現実はまったく違う。


庶民増税を強行するが、同時に社会保障も切り刻むのである。


増大する税収は、官僚利権と政治利権のために使われるのである。


このような政策の流れでオリンピックを招致しても、それは、ごく限られた人々の利権のためのものにしかならない。


オリンピックを実施するなら、特定少数の利益のためのオリンピックではなく、すべての国民のためのものにしなければならない。


オリンピックと同時にパラリンピックが開催されることの意味を見つめ直すべきである。

人気ブログランキングへ

さて、「矛盾」の話に戻るが、最大の矛盾は、政府の東電への対応にある。


「原賠法」は放射能事故発生時の損害賠償責任を事業者に課している。


原発事故の損害賠償責任を負うのは東電である。


ところが、東電には損害賠償能力がない。


したがって、まずは法律の規定に沿って、東電に最大の責任を果たさせ、そのうえで、不足する部分の政府が責任を持って対処することが必要だ。


つまり、東電を破綻処理して、責任ある当事者の適正な責任を問い、そのうえで、国が責任をもって事後処理にあたるべきなのである。


ところが、いまだに東電の法的整理が行われていない。

 

東電の経営責任、株主責任、債権者責任が問われぬまま、巨大な血税負担が注がれようとしているのである。


これ以上の「矛盾」は存在しないと言ってよいだろう。


安倍氏は汚染水対策に国費を投入する方針を発表したが、国費を投入するなら、その前に、経営責任、株主責任、債権者責任を問うのは当たり前のことだ。


当たり前のことを当たり前に実行できない政権に大きな仕事を遂行できるわけがない。


そして、もうひとつの重大事態は、東電と国の刑事責任が適正に処理されていないことだ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第663号「東電と国の刑事・民事責任を適正に問わぬ腐敗 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること | トップページ | 25%の民意依存政府でも倒すには団結と戦略必要 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権の巨大矛盾解消第一歩は東電の法的整理:

» 消費税増税という出来レース [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
 安倍晋三は調子に乗りすぎだ。  朝日新聞は9月11日の社説で安倍政権による消費税増税を示唆し、翌日には讀賣新聞が1面スクープとして消費税増税を発信した。そして、今日13日の東京新聞の一面である。そこには「消費税 来年4月8% かすむ社会保障目的」と銘打ってあ...... [続きを読む]

« 政策運営の極意は「気」の流れを支配すること | トップページ | 25%の民意依存政府でも倒すには団結と戦略必要 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ