« FRBの金融緩和政策縮小先送りをどう読むか | トップページ | 主権者のための政権はどのように破壊されたのか »

2013年9月20日 (金)

暗黒日本政治変革する新たな政治運動が始動する

日本の主権者にとって極めて重要な問題が山積している。


原発・憲法・TPP


そして、


消費税・沖縄


日本の命運を左右する問題であると言って過言でない。


もちろん、国民の生活にとって、経済状況は死活問題であるから、景気=雇用の問題が同時に重大であることは言うまでもない。


経済・景気・雇用との関連で言えば、いわゆる「アベノミクス」と呼ばれてきた安倍政権の経済政策の評価と正しい経済政策の方向を論議することも当然重要になる。


安倍政権の経済政策の論点が


消費税とインフレ誘導だが、消費税問題との関連で見落としてならないのが官僚利権=シロアリ退治の問題だ。


経済問題としてのインフレ・消費税・シロアリ退治


そして、


原発・憲法・TPP・沖縄


の七つの問題について、主権者の意思を反映する政治を実現すること。


それが、いまの日本の民主主義に課せられた課題である。


これらの問題についての論考をまとめたのが、


『アベノリスク-日本をメルトダウンさせる7つの大罪-』


(
講談社)


http://goo.gl/xu3Us


である。

人気ブログランキングへ

本来は、国政選挙でこれらの最重要問題が争点として明示され、十分な国民的な論議を経て、選挙で民意が問われなければならなかった。


それが、本来の昨年の総選挙、本年の参院選の意義であった。


ところが、これらの最重要問題が争点として論じられることはなかった。


日本の情報空間を支配するマスメディアが、意図的に重要問題の選挙争点化を阻止したのである。


マスメディアが誘導した選挙争点は、昨年12月の総選挙においては、


民主党政権の継続を求めるのか、それとも新しい政権の枠組みを求めるのか。


安倍晋三氏が提唱する経済政策を軸に景気問題が最重要争点。


自民・民主に対抗する「維新」を軸とする第三極の躍進。


これらが争点・焦点だとされた。


本年の参院選においては、


「ねじれの解消」が実現するかが最大の焦点。


「アベノミクス」の評価を軸とする景気問題が最大の争点。


このような情報誘導が展開された。


マスメディアの情報誘導に影響を受けやすい日本の国民の行動形態が影響して、選挙結果は、マスメディアの思惑通りのものになった。


結果として、原発・憲法・TPP・沖縄、そして、インフレ・消費税・シロアリなどの最重要問題はほとんど論議もないままに選挙が実施されてしまった。


選挙の結果、自公勢力が衆議院では3分の2を上回る議席を占有、参議院でも過半数の議席を占有した。


さらに、みんな、維新、民主などの自民党補完勢力と位置付けられる政治勢力を含めれば、これらの勢力が国会議席の大半を占有してしまうという状況が生まれてしまったのである。

人気ブログランキングへ

しかし、主権者国民の意思と国会における議席配分状況との間には大きなズレがある。


自公勢力は国会を支配する議席を保有したが、選挙で自公に投票した主権者の比率は、全体の約4分の1に過ぎない。


そもそも、国民の半分しか選挙に行かなかった。


そして、選挙に行った国民の半分が自公勢力に投票したのである。


主権者全体から見れば4分の1にしか過ぎない国民が自公に投票したわけだが、いまの日本の選挙実情では、主権者全体の4分の1の支持しか得なくても、その人々が結束して行動すると、国会を支配してしまう結果がもたらされるのである。


このことは理不尽であるとも言えるが、逆に言えば、主権者の25%が結束して政治行動を実行すれば、政治権力を奪還することも不可能ではないとの現実を示すものでもある。


25%の主権者の結束と連帯行動がいま求められているのである。

人気ブログランキングへ

9月23日月曜日の午後8時から、


『友紀夫・享・大二郎・孟のUIチャンネル』


http://ch.nicovideo.jp/eaci


において、


「鳩山友紀夫×植草一秀対談「アベノリスク」」


http://ch.nicovideo.jp/eaci/blomaga/ar345307


が放映される。


「アベノリスク」の主要な問題点と、現状を踏まえて、日本政治をどのように変革してゆくべきかについて、鳩山由紀夫元首相とじっくりと対談させていただきたいと思っている。


ぜひ、ネットからの番組配信をご高覧賜りたく思う。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第670号「日本政治変革のため市民による連帯・結束行動が必要 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« FRBの金融緩和政策縮小先送りをどう読むか | トップページ | 主権者のための政権はどのように破壊されたのか »

主権者国民連合」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗黒日本政治変革する新たな政治運動が始動する:

« FRBの金融緩和政策縮小先送りをどう読むか | トップページ | 主権者のための政権はどのように破壊されたのか »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ