« 既に決まっている原発再稼働に向けての茶番劇 | トップページ | そもそも橋下維新をもてはやしていたのが間違い »

2013年9月29日 (日)

「絶好調」全開安倍政権に巨大な暗雲が迫りつつある

9月25日が9月末の株式配当権利付売買の最終日。


9月26日に権利落ちとなる。


米国株価が小反落して、日本株価も連れ安になり易い局面だが、日本株価は持ちこたえた。


9月末の配当獲得の権利を得るため、投資家の多くが、9月25日時点の株主の地位を得ようとするからだ。


9月26日は権利確定後になるので、投資家は売却意向の株式を手放すことになる。


その9月26日、日経平均株価が前日比179円高の14799円で取引を終了した。


取引時間中には、14410円まで値を下げたから、日中の上昇幅は389円に達した。


権利落ち日に株価が急伸し、日本の株式市場の地合いが強いと判断した投資家も多いのではないか。


しかし、油断大敵である。


『金利・為替・株価特報』2013年9月30日号に記述したが、この先の日本株式市場には最大の警戒が必要になる。


http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html

人気ブログランキングへ

安倍晋三氏は外遊を繰り返し、今週は、米国を訪問した。


9月25日にニューヨーク証券取引所で行ったスピーチでは、


[

「世界経済回復のためには、


 
Buy my Abenomics


の3語で十分だ。」


と述べた。


中畑清横浜ベイスターズ監督同様、「絶好調」なのだ。


投資環境の重要な変化については、『金利・為替・株価特報』をご高覧賜りたいが、一言で言って「いつか来た道」なのだ。


10月1日には日銀短観9月調査結果が発表になる。


この日、安倍首相は2014年4月に消費税率を8%に引き上げる方針を会見で発表するのだろう。


そして、10月7日には、インドネシアのバリで開催されるAPEC首脳会議に出席する。


もうひとつの最重要事項であるTPP参加の悪夢が日本を襲うことになる。

人気ブログランキングへ

昨年12月に発足した安倍政権。


12月総選挙と本年7月参院選に大勝して我が世の春を謳歌しているが、国民の側が浮かれる要因は決して多くはない。


株価が上がったことと、オリンピック招致が決まったことが、安倍政権絶賛の背景を成しているが、これとて、賛否は分かれる問題だ。


株価上昇は悪い話でないが、上昇したのは5月22日までで、それ以降は、緩やかながらも下落している。


オリンピックは、利権を得られるメディアが絶賛しているが、福島の惨状を踏まえれば、「オリンピックの前にやるべきことがある」というのが、正しい判断である。

人気ブログランキングへ

安倍政権の足元を掬うことになる、最有力の要因は、日本経済の崩落である。


私が強調してきたように、2014年度の財政デフレの規模が22兆円になることを見落としてはならない。


この指摘を示している者は、現段階では私以外に存在しないが、もっとも重大な事実である。


そして、日本株高を支えてきた円安の流れにも、目先は変調の可能性が存在する。


中国は、依然として崩壊論が根強く存在するが、私は一貫して、2014年の底入れの可能性を強調してきた。


9月23日に発表されたPMI指数の意味は極めて重要である。

人気ブログランキングへ

安倍政権の経済政策がうまくいっているように見える理由は、株価が昨年11月と比べて高くなっていることだが、その最大の理由は、野田政権の経済政策が最悪だったことだ。


安すぎた株価が適正水準に回帰しただけのことなのだ。


国民が考えなければならないことは、安倍政権が目指す経済社会の方向が正しいのかどうかという点だ。


現実の経済政策の細部を見ると、その根本精神は、「弱肉強食奨励」でしかない。


したがって、弱肉強食で勝利者になると考える人が安倍政権支持者になることは理解できるが、弱肉強食で敗北者になる人が安倍政権を支持するのは、おかしいのである。


数の上では、ほんの一握りの者だけが勝利者になり、大多数の残余の人々が敗北者になる。


数の上では、弱肉強食で敗北者になる人が圧倒的に多いのである。


このことから、安倍政権の弱肉強食政策が支持されることは、一種の論理矛盾を含んでいる。


言い方を変えれば、弱肉強食政策で敗者になるにもかかわらず、この弱肉強食政策を支持してしまっている人が多いということになる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第678号「規制改革論議に憑りつく利権まみれ政商の影」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

</

« 既に決まっている原発再稼働に向けての茶番劇 | トップページ | そもそも橋下維新をもてはやしていたのが間違い »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/53429501

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶好調」全開安倍政権に巨大な暗雲が迫りつつある:

» 売国的軍国主義者安倍晋三 [Dendrodium]
安倍政権を天皇制国家主義等と称している人々があるのをしばしば見掛け、私は違和感を覚えている。 民主党政権の時代でさえ、皇居を移転して皇族を放射能からお守りする計画があったというのに、 日本は放射能汚染された東京に、7年後のオリンピックを招致した。 安倍総理はオリンピック招致でこれから7年間、天皇皇后両陛下並びに皇族方を、東京都内でも放射能の濃い・ホットスポットと言われている千代田の...... [続きを読む]

« 既に決まっている原発再稼働に向けての茶番劇 | トップページ | そもそも橋下維新をもてはやしていたのが間違い »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ