« 東電法的整理拒絶する財務省の狙いは天下り利権 | トップページ | 柿沢氏離党「民みん維新新党」主導黒幕は米国 »

2013年8月22日 (木)

「食の戦争」で米国の罠に落ちる日本

Photo_2
「今だけ、金だけ、自分だけ」


は、東京大学教授鈴木宣弘教授の新著


『食の戦争 米国の罠に落ちる日本』
(文春新書)


http://goo.gl/wxTNAq


の冒頭で、最近の世相をよく反映する言葉として紹介されているものだ。



鈴木氏はこのフレーズが、池田整治氏の、


『今、「国を守る」ということ』
(PHP研究所、2012年)


http://goo.gl/1XDAQ8


よりヒントを得たものだと記述する。


鈴木氏は上記新著のあとがきに、


「食だけではない。これ以上、一部の強い者の利益さえ伸びれば、あとは知らないという政治が強化されたら、日本が伝統的に大切にしてきた助け合い、支え合う安全・安心な社会は、さらに崩壊していく。競争は大事だが、あまりにも競争に明け暮れる日々は人心も蝕み、人々は人心共に疲れ果てる。」


と記述する。


いまこの国が直面しているもっとも重要な問題は、この国の進路である。


日本古来の風土、伝統である、「分かち合いの社会」を再構築する道を選ぶのか。


それとも、米国流の弱肉強食社会、「奪い合う社会」を選ぶのか。


その選択が問われている。

人気ブログランキングへ

安倍政権は2001年に発足した小泉政権の焼き直しの側面を強く有している。


小泉政権が押し進めた政策は市場原理主義、弱者切り捨て、弱肉強食奨励、拝金主義礼賛の政治だった。


しかし、その政策路線のひずみが2008年末の年越し派遣村に象徴される格差社会として私たちの眼前に姿を現した。


人々はようやく大きな誤りに気が付き、世直しの気運が広がった。


これが、2009年に鳩山由紀夫政権を生み出す原動力になった。


しかし、日本の既得権益にとって、これは悪夢のシナリオであった。


日本政治の実権が主権者国民の手に完全に移ってしまえば、既得権益がひたすら利益を追求する道が閉ざされることになる。


米・官・業・政・電の既得権益は、鳩山由紀夫政権を破壊するために総力を結集した。


民主党の内部では、菅直人氏、野田佳彦氏がクーデター政権を樹立し、主権者国民が支配権を確保する政治は、8ヵ月の短命で幕を閉じてしまったのである。


そして、小泉竹中政治の市場原理主義政権=弱肉強食奨励政権が再樹立され、原発・TPP・消費税を猛烈な勢いで推進している。

人気ブログランキングへ

昨年12月の総選挙で


「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。日本を耕す自民党!」


のポスターを貼り巡らせた安倍政権は、その舌の根も乾かぬ本年3月に、TPP交渉への参加を表明した。


TPP交渉の情報は隠蔽され、日本を破壊してしまう取り決めが、安倍政権によって強行に締結されようとしている。


鈴木氏は、農林水産省の官僚として日本の農業政策に携わったのちに、学者に転じ、農業の裏も表も知り尽くしている。


その鈴木氏が、いま日本の農業が本当の意味での危機に直面していることを警告する。


その警告は、単に農業だけの問題ではない。


日本社会が、冒頭に示したように、「今だけ、金だけ、自分だけ」の風潮に支配され、社会全体の枠組みが破壊されつつあることに強い警告を示している。


問題の根源にあるのは、政治家、官僚、学者、企業人、ジャーナリストの多くが、「今だけ、金だけ、自分だけ」の行動に走る傾向が著しく強くなっていることである。


いまの自分の金銭的な損得だけを考えれば、米国と大資本が主導する強欲資本主義=欲得主義に同調することが有利であろう。


ただそれだけの判断で、米国と大資本が主導する路線にひた走る者が激増してしまっているのである。

人気ブログランキングへ

著書では、人間社会にとって根源的に重要な「食料」の意味、食の安全、TPPの本質が詳細に解説されたうえで、最後に、日本の農業の進むべき道が示される。


すべての日本国民が必読の書である。


人は「食」なくして生きてゆくことが出来ない。


同時に、「食」は人間にとって「益」にもなるが「害」にもなる。医食同源という言葉があるが、人間の命と健康にとって、何よりも大切なもののひとつが「食」なのである。


Photo_3
「食政策センター ビジョン21」を主宰される安田節子氏が2009年に公刊された


『自殺する種子‐アグロバイオ企業が食を支配する』
(平凡社新書)


http://goo.gl/lx3NJ1


と合わせて読むことによって、遺伝子組み換え(GM)食品の現実がより深く理解できる。

人気ブログランキングへ

食料、エネルギー、鉱物資源、兵器、原子力、金融、マスメディア


これが、世界の巨大資本が独占支配する対象である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第645号「幸福な日本が壊され西洋の悪徳が持ち込まれている 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 東電法的整理拒絶する財務省の狙いは天下り利権 | トップページ | 柿沢氏離党「民みん維新新党」主導黒幕は米国 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/52981604

この記事へのトラックバック一覧です: 「食の戦争」で米国の罠に落ちる日本:

» 日本の司法は腐敗の極地にある [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
Introduction: 1891年(明治24年)に日本を震撼とさせる大事件が起きた。当時、日本を訪問中のロシア皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が警備をしていた警察官、津田三蔵に切りつけられるという事件である。現在の滋賀県大津市で起こったそれは、後に「大津事件」と...... [続きを読む]

» 【社会】お好み焼きや『道とん堀』で男性客が鼻にソースとマヨネーズを突っ込みツイッターに公開! アイスケースダイブより悪質? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
アイスクリームや冷蔵庫に入るなど様々な飲食に関する話題が日々問題化されている中またも炎上しそうな話題が出てきた。それはお好み焼き屋のチェーン店『道とん堀』店内にて男性客が鼻にソースとマヨネーズを突っ込み、その写真をツイッターに「道頓堀なう!」と公開。 …... [続きを読む]

« 東電法的整理拒絶する財務省の狙いは天下り利権 | トップページ | 柿沢氏離党「民みん維新新党」主導黒幕は米国 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ