« 「食の戦争」で米国の罠に落ちる日本 | トップページ | 悪徳NHKがTPP6項目公約を農産品5品目にすり替え »

2013年8月24日 (土)

柿沢氏離党「民みん維新新党」主導黒幕は米国

柿沢未途氏がみんなの党を離党した。


メディアはみんなの党の渡辺喜美代表を悪者にする報道を展開しているが、その背後に、米国の日本政治再編の方針がある。


かねてより指摘しているように、米国は日本政治を対米従属の二大政党制に移行させようとしている。


その具体的な姿が、自公と民みん維新による二大政党体制である。


邪魔な存在は何か。


それは、対米従属でない、既得権益での政治を否定し、主権者を軸とする政治を目指す政治勢力である。


2009年9月に鳩山由紀夫政権が誕生した。


この政権樹立を主導したのは、小沢-鳩山ラインである。


この新政権こそ、主権者政権と呼ぶべきものであった。


基軸にあったのは次の三つである。


第一に、対米従属を改め、自主独立に転換する。


第二に、大資本が政治を支配する状況を転換する。


第三に、官僚が政治を支配する状況を廃絶する。


そのために、具体的に次の方針が明確に掲げられた。


第一に、普天間飛行場の移設先を県外ないし国外とする。


第二に、企業団体献金を全面禁止する。


第三に、官僚の天下り利権を根絶する。


明確な、具体的施策が明示された。


米官業のトライアングル、日本の既得権益は戦後最大の危機を迎えたのである。

人気ブログランキングへ

小沢-鳩山主導の主権者政権が、あと一度、国政選挙で勝利を重ねれば、主権者政治が日本に盤石の基盤を形成するところだった。


日本では、国政選挙3連勝が政治基盤磐石化の条件である。


小沢-鳩山民主党は、2007年参院選、2009年衆院選に勝利した。


2010年参院選に勝利すれば、衆参ねじれを解消し、主権者政権の基盤を確固たるものにできたのである。


米官業の既得権益は、危機に直面して、文字通り「目的のためには手段を選ばぬ」行動に突き進んだ。


それが、小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏に対する人物破壊工作であった。


そして、民主党の菅直人氏を既得権益勢力に転向させた。


2010年6月の政変は、既得権益勢力が主権者勢力から政治権力を強奪した「クーデター」だったのである。

人気ブログランキングへ

既得権益勢力の中心に位置する米国は、主権者勢力の伸長、躍進を阻止するために、別の工作活動を展開してきた。


それが、「人為的第三極」創設の行動である。


2008年夏に放映されたフジテレビ政治ドラマ「チェンジ」は、反自民票が主権者勢力であった民主党に集中して流れ込まないようにするための第三極新党を創設するための舞台回しを目的として制作されたものであると私は判断してきた。


そして、このドラマ放映後に「みんなの党」結成の動きが本格化した。


しかし、小沢-鳩山ラインが主導する主権者勢力としての民主党の勢いを止めることはできなかった。


2009年8月30日の総選挙を通じて、主権者政権が日本で初めて誕生したのである。


そして、最終決戦の場は、2010年7月の参院選に移された。


この状況下で、戦後最大の政治謀略事件と言える「陸山会事件」が新たに創作されたのである。


この巨大政治謀略「陸山会事件」が創作されていなければ、主権者政権は破壊されていなかったはずである。


2010年参院選は小沢-鳩山ラインが主導する民主党が勝利し、主権者政権が盤石の基盤を固めたはずなのである。

人気ブログランキングへ

このなかで、人為的第三極政党を補強する工作活動が継続された。


その文脈のなかで、人為的に創作されたのが「橋下石原維新」の巨大宣伝活動である。


橋下石原維新が短時日のなかで、急激な拡大を遂げたが、その拡大は、マスメディアの巨大宣伝活動によって、人為的に創出されたものである。


連日連夜、マスメディアが公共の電波を占有して、橋下石原維新大宣伝を展開した。


この広報費用を通常の広告宣伝費に換算すれば、恐らく兆円単位のものになっているはずである。


「ニュース報道」という、表面的には無償の広報宣伝媒体が存在している。


既得権益の一角を占める「電」=メディアを支配する米官業トライアングルが指令して、橋下石原維新の超巨大宣伝活動が実行されたのである。


これと同時並行で進められたプロジェクトがある。


それが、小沢新党潰しである。


マスメディアは、橋下石原維新を超巨大宣伝する一方で、小沢新党を完全無視する行動を展開したのである。


2012年総選挙では、比例代表投票集計で、小沢新党得票が過小に集計された可能性もある。


これらの巨大工作活動の結果として、衆参両院で、自公と民みん維新が議席の大半を占有する状況が生み出されたのである。


民主党では、本来の主流派勢力であった主権者勢力が離党して新党を結成する歪んだ再編が行われた。


そしていま、既得権益勢力が民主党を完全に乗っ取る工作が展開され続けている。


米国が描く構想は、民主党を既得権益政党に転換し、これと、みんな、維新を合体させ、新たな対米従属=既得権益政党としての「民みん維新新党」を創設することである。


だから、今回の柿沢氏離党について、メディアは、渡辺喜美氏を悪者にする報道を展開しているのである。

食料、エネルギー、鉱物資源、兵器、原子力、金融、マスメディア


これが、世界の巨大資本が独占支配する対象である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第646号「「主権者政策フォーラム」創設を提唱する 」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「食の戦争」で米国の罠に落ちる日本 | トップページ | 悪徳NHKがTPP6項目公約を農産品5品目にすり替え »

偽装CHANGE勢力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/53014435

この記事へのトラックバック一覧です: 柿沢氏離党「民みん維新新党」主導黒幕は米国:

» 【社会】今度は若者が線路に飛び降り「人身事故なう」とツイート バカ者に常識は通用しないか? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
アイスクリームケースに飛び込む若者、冷蔵庫に入る若者、そして先日のお好み焼き屋のソースを鼻につっこむ件が多発しておりもはや「モラル」だけでは片付けられない問題になってきた。 店側も非常にいい迷惑だが対応しないと非難されるという問題も抱えている。 今回は…... [続きを読む]

« 「食の戦争」で米国の罠に落ちる日本 | トップページ | 悪徳NHKがTPP6項目公約を農産品5品目にすり替え »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ