« 「アベノミクスの次」に起こることを知りたい人へ | トップページ | 原発再稼働反対主権者多数を参院選に反映させる »

2013年7月13日 (土)

参院選で誰に投票するべきか迷っている主権者に

参院選の投開票日まで1週間になった。


参院選が盛り上がらないのは、マスメディアが自公圧勝との虚偽情報を流布しているからだ。


選挙の争点は「ねじれ」でも「景気」でもない。


「ねじれ」は主権者の選択の結果として生じる現象であって、主権者が「ねじれ」を争点にして選挙に臨むわけではない。


「景気」は主権者にとって大事な問題だが、景気そのものを争点にしても意味がない。


すべての政治勢力が「景気を良くする」と主張するのだから、争点にはなり得ない。


「景気」を争点にするというなら、


「消費税大増税をやるのかやらないのか」


「インフレを引き起こすのか引き起こさないのか」


「格差を拡大させるのか格差を縮小させるのか」


が争点になる。


マスメディアの頭はどうかしている。

人気ブログランキングへ

参院選の争点は、


原発・憲法・TPP


であり、


消費税・沖縄


である。


この五つの問題に、主権者がどのような判断を示すか。


これが、参院選の意味である。


私の意見を示そう。


私の考えは、


原発再稼働反対


憲法96条改定反対


TPP参加反対


消費税大増税反対


沖縄基地建設反対


である。


この考えと一致する政策方針を提示している政党が少なくとも4つある。


生活・社民・みどり・共産


である。


したがって、この範囲内で投票する。

人気ブログランキングへ

基本政策で一致する政治勢力は、統合するなり、選挙協力を行うべきである。


そうすれば、主権者は選択しやすいし、死票も減らすことが出来る。


しかし、今回の参院選では、それが実現していない。


参院選後には、主権者が主導して、政界を再編しなければならない。


参院選には、現状で臨まなければならないが、基本的には、基本政策で一致する政治勢力に清き一票を投じるのが正しい選択だろう。

人気ブログランキングへ

ただ、選挙区で立候補している顔ぶれを見て、上記以外の政治勢力に投票しようかなどと考える主権者も出てくるだろう。


「みんなの党」などは、官僚支配打破を訴えているから、一見、良さそうに思われる人も少なくないかも知れない。


しかし、そのようなときには、原点に回帰するべきだ。


原点に回帰するとは、政権公約で五大争点にどのような方針を明示しているのかを確認することだ。


「みんなの党」の場合、消費税増税には当面反対する姿勢を示している。


だが、消費税増税に反対ということではない。直ちに増税することに反対ということだ。


これ以外の争点に対する基本方針を見ると、


原発再稼働:反対を明示していない。


TPP:積極的に賛成である。


憲法:公約に分かり易く記載されていない。憲法改定に賛成するとおもわれる。


沖縄:沖縄の理解を得るとあり、基地建設賛成であると思われる。

人気ブログランキングへ

つまり、基本的には、自民党の基本スタンスに限りなく近い。


私は、自民党補完勢力であると判断している。


「日本維新の会」をいまの段階で支持している人はほとんどいないと思われるが、自民党以上にタカ派色の強い勢力になっている。


橋下徹氏は、いまだに、「従軍慰安婦制度が必要だったということは誰でも分かる」と発言したことについて、当時の状況として慰安婦制度が必要だったとの判断を示したものではないとの言い逃れを続けている。


憲法96条改定に積極的に賛成しており、五つの争点について、自民党とほぼ同じ主張を示している。

人気ブログランキングへ

問題は、民主党だ。


反・自公みんな維新の考えを持つ主権者が参院選で、過去の感覚で、民主党に投票してしまいかねないとのリスクが存在している。


全国47の都道府県がそれぞれ一つの選挙区を形成する。


自公みんな維新ではない政治勢力に投票しようと考える主権者の前に、民主党候補が登場すると、条件反射のように、民主党に票を入れてしまいがちになる。


しかし、そこで必要なのが、原点回帰の姿勢である。


原点回帰とは、政権公約、選挙公約に立ち返ることだ。


民主党の政権公約を見ると、生活・社民・みどり・共産とは、かけ離れている。


民主党の選挙公約は、自民党の公約に限りなく近い。


憲法96条改定にだけは反対の方針を示しているが、これすら疑わしい。


なにしろ、「シロアリ退治なき消費税増税はやらない」と確約しておきながら、「シロアリ退治なき消費税増税」に突き進んだ政党なのだ。


いかなる約束も意味を持たない。それが民主党の選挙公約である。


しかも、民主党の選挙公約は、その中身において、自民党に限りなく近い。


原発:再稼働容認


憲法:表向き96条改定反対と言っているが賛成派も多く存在する。


TPP:参加賛成


消費税大増税:賛成


沖縄基地建設:賛成


である。


この検討を踏まえれば、


原発再稼働反対・憲法96条改定反対・TPP参加反対・消費税大増税反対・沖縄基地建設反対


の主権者は民主党には絶対に投票するべきでないということになる。


改めて参院選三原則を提示する。


この三原則を津々浦々にまで浸透させなければならない。


1.棄権しない

2.自公みんな維新に投票しない

3.民主に投票しない

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第613号「参院選三原則順守し政治刷新第一歩を踏み出す」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「アベノミクスの次」に起こることを知りたい人へ | トップページ | 原発再稼働反対主権者多数を参院選に反映させる »

2013年参院選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参院選で誰に投票するべきか迷っている主権者に:

» 【参院選】国民よ!今こそ主権者として覚醒し蹶起せよ!【投開票日1週間前】 [ステイメンの雑記帖(暫定復活版)]
 今年最大の政治決戦にして、日本と日本国民の未来を定めてしまうと断言しても良い参院選投開票日まであと1週間。惨稽、ゴミ賣や犬HKなどのシロアリ利権マスゴミどもが頻りに「争点無き選挙」だの「...... [続きを読む]

» 7月9日小沢一郎生活の党代表の旧山北町街頭演説の動画と、2013年7月21日投開票、第23回参院選の生活の党候補者一覧。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 小沢さんが、今回参院選の争点を分かりやすく語っている街頭演説で、お勧めの動画です。 小沢一郎 旧山北町で街頭演説真二 中沢 http://youtu.be/xR4Jgg6xlK4 公開日: 2013/07/09 生活の党代表の小沢一郎衆議院議員が、新潟県最北の町 村上市府屋(旧山北町)で、党の政策、現政権の問題点などを語る。また、自分の後継として、新潟選挙区から立候補している森ゆうこ議員への大きな期待を­語る。  名前のリンク先にはさらに詳しいデータがあります。 ←参院選候補者一覧頁です。 比例公... [続きを読む]

» メディアは真実を報道しない [高橋敏男のブログ]
植草一秀氏の『知られざる真実』ブログ、 [続きを読む]

» 【雇用】「人事権喪失」中国で予期せぬトラブル 麻痺する日系企業の経営 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 【国際情勢分析】  これまで中国で日系企業が巻き込まれる労使トラブルといえば、賃上げや待遇改善の要求を掲げたデモやサボタージュが大半だった。ところが最近、日系企業の組織運営まで、やすやすと麻痺(まひ)させる予期せぬトラブルが続発。中国ビジネスの難しさ…... [続きを読む]

» 韓国の飛行機事故の背後ではアメリカ軍産複合体の臭いが漂う。そして米韓FTAによる骨抜き植民地政策の一環としての過剰なまでにIT化された監視社会はTPP以降の日本国を思わせる。 [日本社会白書]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-family: "ヒラギ ...... [続きを読む]

» 【コンビニ】セブンカフェの威力 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
3兆5084億円──セブン-イレブン・ジャパンのチェーン全店売上高(2012年度)は、小売業の中で群を抜く。イトーヨーカ堂やそごう・西武などを含めたセブン&アイグループ全体では、8兆5000億円(同)を超える。 国内で約1万5000店という圧倒的な店舗網…... [続きを読む]

« 「アベノミクスの次」に起こることを知りたい人へ | トップページ | 原発再稼働反対主権者多数を参院選に反映させる »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ