« 反・原発96条改憲TPP市民は民主党に投票できない | トップページ | アベノミクス真三本の矢はインフレ・大増税・超格差 »

2013年7月 7日 (日)

参院選最大の争点『アベノリスク』への対処方法

7月21日投開票の第23回参議院議員通常選挙について、自公圧勝の報道が垂れ流されている。


その目的は、反自公勢力の有権者を投票所から遠ざけることにあると思われる。


都議会選挙と同じ図式が狙われている。


反自公勢力の有権者が投票所に足を運ばないと、組織選挙を展開する自民党と公明党が有利になる。


また、同じ組織選挙の色彩が濃い共産党も有利になる。


反・自公の有権者で共産党には投票したくない有権者は、選挙区に「該当者なし」の状況に直面するが、消去法で「共産党」と「みんなの党」に投票するかも知れない。


その結果、「みんなの党」も有利な影響を受ける。

人気ブログランキングへ

しかし、繰り返し指摘するように、今回の参院選は、今後の日本の命運を定める選挙であると言っても過言でない。


最大の留意点は、2016年夏まで、国政選挙が丸3年実施されない可能性があることだ。


昨年12月の総選挙は違憲選挙だが、政治権力に支配されている日本の最高裁判所が総選挙全体のやり直しを命じる可能性はゼロである。


したがって、首相が衆議院を解散しない限り、2016年夏まで国政選挙が行われない可能性が高いのである。


この「空白の3年」に、日本の根幹がすべて固められてしまう可能性が高いのだ。


その根幹とは、


原発であり、憲法であり、TPPであり、


消費税であり、沖縄である。


メディアは「アベノミクス」の表層だけを捉えて、これを絶賛し続けているが、アベノミクスがもたらすものは、


「インフレ」と「消費税大増税不況」と「超格差社会」


の三点セットである。


入り口では、円安・株高が生じて、みんないかれてしまっているが、いかれているうちに、地獄に連れてゆかれてしまう。

人気ブログランキングへ

第一のラッパが吹き鳴らされると、日銀の資産を大幅に劣化させてまで誘導される激しいインフレが、政府と企業だけを救い、国民は大いに苦しめられた。


第二のラッパが吹き鳴らされると、大増税が始まり、アベノミクスへの期待効果によって生まれたわずかな株高などは簡単に吹き飛ばされた。


第三のラッパが吹き鳴らされると、TPP加盟によって美しい国土は荒れ地と化し、米国市場原理主義の猛威が日本社会を荒廃させた。


第四のラッパが吹き鳴らされると、活断層の上の原発がいつのまにか続々と再稼働し始め、人々は原発事故の悪夢に怯える日々を過ごした。


第五のラッパが吹き鳴らされると、血税を食い荒らすシロアリ官僚がますます増殖し、再び増額された巨大公共事業・役人利権予算に群がった。


第六のラッパが吹き鳴らされると、権 力の横暴を防ぎ止める役割を担っていたはずの憲法が、国家権力によって次々と都合よく改悪され、国民主権や基本的人権がないがしろにされた。


第七のラッパが吹き鳴らされると、憲法改悪によって戦争への道が切り開かれ、集団的自衛権の名のもとに日本が報復攻撃の対象とされ、・・・・・・・

人気ブログランキングへ

「新約聖書」末尾に「ヨハネの黙示録」が収録されており、「地獄の黙示録」の様相を示すが、安倍政権が参院選で大勝を収めたあとに日本を襲うのが、「現代版・地獄の黙示録」である。


つまり、参院選最大の争点は、『アベノリスク』なのである。


http://goo.gl/xu3Us


「アベノミクス」のメッキの下に隠された『アベノリスク』に対する審判を下すのが参院選最大の焦点なのである。


『アベノリスク』は、すでに、着々と蠢き始めている。


参院選が終了すると同時に、『アベノリスク』は確実に日本を襲う。


それは、日本を融解(メルトダウン)させるものである。


福岡から独自の視点でニュース報道を展開するデータ・マックス社


http://www.data-max.co.jp/


に、


『アベノミクスの破綻』


http://goo.gl/bS9y4


http://goo.gl/0u7Ep


http://goo.gl/kC8Rs


http://goo.gl/mbtVh


を寄稿したので、ご高覧賜りたい。


米国経済の改善により安倍政権は思わぬ恩恵を受けているが、インフレ誘導と消費税大増税と新自由主義経済政策は、絶対に主権者の幸福をもたらさない。


このなかで、原発・憲法・TPP・消費税大増税・辺野古移設・シロアリ増殖の恐怖が日本を覆う。


「ほんとは怖いアベノリスク」


をすべての主権者が参院選前に理解しなければならない。

人気ブログランキングへ

そして、参院選に際しては、絶対に守らねばならないことが二つある。


ひとつは、必ず選挙に行くこと。


もうひとつは、絶対に民主党には投票しないこと。


もうひとつ付け加えるとすれば、みんなにも投票しないことだ。


これは、あくまでも、


原発再稼働・憲法96条改悪、TPP参加、消費税大増税・辺野古基地建設


に反対する主権者がとるべき行動を示したものだ。


必ず選挙に行き、自公民みん維新には絶対に投票しないこと。


日本を地獄に突き落とさぬには、これを絶対に守ることが必要だ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第608号「主権者のための政治実現に政党の側が負う責任」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 反・原発96条改憲TPP市民は民主党に投票できない | トップページ | アベノミクス真三本の矢はインフレ・大増税・超格差 »

2013年参院選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参院選最大の争点『アベノリスク』への対処方法:

» 思考停止のマゾヒズムに蝕まれた日本という極東島国は戦後レジームの産物であり、これはアメリカ帝国主義の思惑通りに育ってきたわけだ。どん底で塗炭の苦しみを悦ぶその狂気よ。 [日本社会白書]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-family: "ヒラギ ...... [続きを読む]

» 【造船】シェールガス革命で大復活する日の丸造船業…中韓がマネできない技術力で、再び世界のステージへ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
シェールガスが、いよいよ「世界の常識」を変えはじめた。その波は日本へ。高いLNG(液化天然ガス)価格が下がるだけではない。LNG船の需要増で、青息吐息だった日本の造船メーカーや関連メーカーが、いま大復活をとげようとしているのだ。『図解 1時間でスピード解説!シ…... [続きを読む]

» 【参院選】全ての有権者は自己の責務を自覚せよ!【未来の選択】 [ステイメンの雑記帖(暫定復活版)]
 7月4日に第23回参院通常選挙が公示されてからまだ4日目だが、惨稽珍聞やゴミ賣などシロアリ利権マスゴミどもが挙って「選挙情勢」と称し、大した争点もない中であたかも売国ジミンが圧勝を収めるか...... [続きを読む]

» 立憲主義からの脱却を目指す猛者が宰相を務めるという極東島国だが、そもそもかかる妄動を批判することなき大政翼賛大マスコミの思考停止ぶりに絶望する。歴史は繰り返される。 [日本社会白書]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-family: "ヒラギ ...... [続きを読む]

» 【雇用】3年育休、本当に女性の味方?「長い」「1年でも浦島太郎なのに…」との声も [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 「3年間抱っこし放題」-。安倍晋三首相が経済界に呼びかけている「3年育休」政策が話題を呼んでいる。政府は中小企業向けに育児休業から復帰する際の支援金拡充や、育児休業給付の支給要件緩和などに乗り出す方針で、3年育休を側面支援する施策を次々に打ち出してい…... [続きを読む]

« 反・原発96条改憲TPP市民は民主党に投票できない | トップページ | アベノミクス真三本の矢はインフレ・大増税・超格差 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ