« 日本国憲法がシンデレラであるとする理由 | トップページ | 「やらせ会見」にしか見えない安倍首相記者会見 »

2013年5月 3日 (金)

屈辱的対米隷属実態を隠すためのタカ派姿勢

いまから66年前の今日、日本国憲法が施行された。


そこで5月3日が憲法記念日とされ、国民の祝日とされた。


安倍晋三首相は日本国憲法がお嫌いのようである。


5月3日よりも4月28日の方が好きなのだろう。


4月28日は沖縄を切り捨てることによって日本が主権を回復した日。


沖縄にとっては「屈辱の日」である。


この「屈辱の日」に記念式典を実施するというのは、筋金入りの沖縄迫害主義者、沖縄差別主義者である。


沖縄はいま、県をあげての抗議と怒りに包まれている。

人気ブログランキングへ

サンフランシスコ講和条約は第6条に、日本の主権回復の後の、速やかな駐留外国軍隊撤退を定めている。


しかし、敗戦から67年が経過したいまも、占領軍が依然として日本に駐留し続けている。


サンフランシスコ講和条約とともに吉田茂が日米安全保障条約に署名したからである。


日米安全保障条約というのは、サンフランシスコ講和条約第6条が定めた駐留外国軍隊の撤退条項を無効にするものである。


サンフランシスコ講和条約第6条には但し書きが書き加えられており、この但し書きを有効にするべく、日米安全保障条約が締結された。


したがって、4月28日の持つ第一義は、日米安保であり、米国による日本支配である。


日本の主権回復は表向きの偽装看板であり、看板のなかに隠れている真相は、米軍の日本駐留継続であり、日本の属国化である。


つまり、4月28日を日本の新たな記念日にするとの提案は、日本が米国に「臣下の礼」を取ることを意味している。


米国に対して「恭順の意」を示すことに他ならない。

人気ブログランキングへ

その一方で安倍氏はタカ派の本性を剥き出しにし始めている。


安倍内閣の閣僚による靖国参拝に対して近隣諸国から反発が示されると、「いかなる脅しにも屈しない」

とのメッセージが発せられる。


近隣諸国からは、それはこっちのセリフだという言葉が聞こえてくる。


安倍氏はネット選挙のイベントでは、迷彩服をまとって戦車に乗り込んでアピールする行動まで示している。


米国に対する隷従と近隣諸国に対する高圧的な姿勢は、一種の倒錯であるが、日本近現代史研究家でオーストラリア国立大学名誉教授のガバン・マコーマック氏はこの点を次のように指摘する。


「安倍晋三首相は戦前の価値観に回帰する憲法をつくるため、国家に『誇り』を持つよう歴史の修正を試みてきた。自衛隊の国防軍化や愛国心教育の推進、国旗掲揚や国歌斉唱の義務化などの動きを続けている。」


「日本はジャパン・ハンドラーを通じて米国の国益にかなう政策をくみ取り、実行してきた。一方でその屈辱的な国の在り方は正当化せねばならず、安倍首相は勇ましい姿勢や国歌賛美の姿勢を通し、実態を覆い隠そうとしているのだろう。


『ねじれ国家体制』を最も体現していると言える。その結果が今回の(主権回復)式典だ。」


(琉球新報社によるガバン・マコーマック氏インタビュー記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

そのうえで、マコーマック氏は、4月28日の式典強行実施に対して日本政府に異議を申し立てる沖縄県民の行動について次のように論評する。


「県民の奮闘には偉大な価値があり、現代史の支えになるほど重要だ。民主主義、立憲主義、真実の追求のため力を注ぎ続ける県民から、私は多くを学んでいる。」


(上記琉球新報社インタビュー記事より転載)


マコーマック氏の指摘は正鵠を射るものだ。


安倍首相は「屈辱的な国の在り方」という実態を覆い隠すために勇ましい姿勢や国歌賛美の姿勢を示している。

これをマコーマック氏は「ねじれ国家体制」と表現している。

人気ブログランキングへ

近隣諸国に対する高圧的な姿勢は、米国に対する卑屈な隷従姿勢の裏返しの行動なのである。


弱い者は、強い者にひざまずく一方で、相手を下と見ると高圧的に対応する。


真に強い者は、強き者に対してもひるむことなく振る舞い、弱き者に対しては敬意をもって対応するものだ。

人気ブログランキングへ

安倍首相はメディアが安倍政権を絶賛する風を活用して参院選を乗り切り、憲法改正を一気呵成に実現することを目論んでいる。


このなかで参院選争点として掲げられているのが96条改正である。


憲法改正要件を定めた条文だ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第559号「立憲主義を否定し逸脱する自民党憲法改正草案」
でご購読下さい。



2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 日本国憲法がシンデレラであるとする理由 | トップページ | 「やらせ会見」にしか見えない安倍首相記者会見 »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱的対米隷属実態を隠すためのタカ派姿勢:

» 憲法改正以前の段階ですでに大々的な棄民政策が披露されている現実を無視して保守からリベラルまで浮世離れした崇高な机上の空論を繰り広げる偽善に満ちた極東島国の悲劇。 [高橋央の『日本社会白書』]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-... [続きを読む]

» 【小売】ヤマダ電機、会長が5年ぶりに社長復帰 エディオンは赤字転落、家電量販ピンチ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 家電量販店最大手のヤマダ電機の山田昇会長(70)が5年ぶりに社長に復帰する。一宮忠男社長は代表権のある副社長に、14人の取締役はそれぞれ役職を1段階ずつ降格する。 2013年3月期の業績が上場後初めて2期連続で減収減益となったのを受けての措置で、業績悪化の責任…... [続きを読む]

» 【緊急拡散希望】安倍晋三の首相辞任を要求する!〜拉致問題が解決しない理由〜 [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
Introduction:これを「売国奴」と言わずして、一体誰を売国奴と言えばいいのか? 安倍晋三は「拉致被害者」よりも「EXILE」が大切なことが判明した!  4月27日に都内で開催された拉致被害者の集会に安倍晋三も招待されたのだが、挨拶もそこそこにわずか30分ほどで...... [続きを読む]

» 【国民の敵】国賊安倍一味や惨稽など「保守」を僭称する売国勢力は殲滅あるのみ!【朝敵】 [ステイメンの雑記帖 ]
 現首相でありながら TPP参加によって国家主権や独自文化、国民生活の全てに至るまで多国籍企業に無償譲渡しようと企む国賊安倍壺三は、恥知らずにも自らを「保守」と僭称 し、そんな国賊安倍をマンセーし続ける惨稽やゴミ賣なども「保守紙」を名乗っている!  そんな連中が今夢中になっているのが、日本国憲法第96条の改悪に向けた策謀である!  奴らは現行の改憲規定を「厳しすぎる」と称し「国民の手に憲法を取り戻す」とかほざいているが、 主要諸国の改憲規定と比較しても特段現行96条が厳しいわけではない!  奴らの本... [続きを読む]

« 日本国憲法がシンデレラであるとする理由 | トップページ | 「やらせ会見」にしか見えない安倍首相記者会見 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ