« 私達は『略奪者のロジック』を知っておく必要がある | トップページ | 仰天!TPP事前協議を日本勝利だとする安倍政権 »

2013年5月14日 (火)

麻生氏が軽視するほど甘くはない長期金利の上昇

金融市場の変動というものは、基本的に循環的なものである。


円高があり円安がある。


株安があり株高がある。


変動が生じる原因は基本的に変動が行き過ぎるからである。


円高が行き過ぎれば円安に振れる。


株安が行き過ぎれば株高に振れる。


循環変動であることを忘れられない。

人気ブログランキングへ

昨年11月以降の円安・株高をもたらした原因は、二つある。


ひとつは、金融政策の運営が変わるとの予想が浮上したことだ。


日銀の独立性を排除し、日銀に無理やりにでも、量的金融緩和を強制する。


その効果があるのか、ないのか。それははっきりしない。


しかし、金融市場がその変化に反応すると予想されることから、その予想に乗る投資資金の増加が生じて、金融緩和=円安の市場反応が生まれてきた。


このことによってある種の「ウソから出たマコト」のようなことで円安が進行した。

人気ブログランキングへ

実際、安倍政権は日銀人事において、日本銀行法が定めている日本銀行の独立性を蹂躙するかたちで幹部人事を行った。


この人事で総裁、副総裁に就任した黒田東彦氏、岩田規久男氏は、「結果」を出すことを迫られる。


別の言い方をすれば、無理をしてしまう傾向をビルトインされていると言える。


日銀による金融緩和策強化の評価は短期的にはできない。


短期的には円安・株高の反応が生まれたから、一見、日本経済にプラスの効果を与えているかのような印象が強いが、金融政策の評価はこのような短期で行うものではない。


中長期の影響評価が必要不可欠である。


詳細は、拙著『金利・為替・株価大躍動-インフレ誘導の罠を読み抜く-(ビジネス社)


http://goo.gl/mvugt


をご参照賜りたい。

人気ブログランキングへ

為替レートについては、重大な事実を認識しておくことが必要である。しかし、いま進展している円安には、この側面が極めて薄い。

 


それは、日本円が円高には振れていないと判断されることだ。

 


円高が行き過ぎれば円安に振れるのは、ある意味順当である。

 


為替レートはあいまいなもので、必ずこの水準でなければならないという水準がない。


逆に、驚くような水準の為替レートでも、その水準が出現する可能性はいつでもある。


実際、豪ドルのレート変動を見ると、2008年10月に1豪ドル=55円だったのが、本年4月には1豪ドル=105円になった。豪ドルの価格は、わずか4年半で、約2倍になった。


これほど変動が大きいのが為替レートの特徴である。

人気ブログランキングへ

為替レートの適正な水準を考えるための考え方に「購買力平価」という考え方がある。同じお金なら、同じものが買えるのが「基準」だとする考え方だ。


マクドナルドのビッグマックが日本で320円、米国で4.37ドルであるなら、為替レートが1ドル=73円であれば、この基準が満たされる。


320円をドルに換金すると4.37ドルになって、米国でもビッグマックを一つ買える。


これが、ビッグマックを基準にして計算される「購買力平価」である。


ところがいま、円ドルレートは1ドル=101円である。この基準値と比較すれば現在の為替レートは、「適正レート」よりもはるかに「円安」に振れているということになる。


現在の1ドル=100円が正当化されるには、マクドナルドのビッグマックが437円にならなければならない。

人気ブログランキングへ

安倍政権は日本銀行に金融緩和推進を強制して、インフレを誘導することを目標に掲げている。


この政策が実現され、ビッグマックが1個437円になると、現在の1ドル=100円は順当な為替レートということになる。


安倍政権の政策方針は、文字通り解釈すれば、この変化を追求するものであることになる。


これが、本当に国民生活にとってプラスになることなのか。


よく考える必要がある。


320円のビッグマックが437円になるのだ。これが、インフレ誘導=円安誘導の結果である。


オーストラリアの人は、1ドルの使い道が2倍になったのだから、日本にたくさん来るようになるだろう。


しかし、その裏側には、オーストラリアの1ドルの牛肉の輸入価格が55円から105円に値上がりする現実がある。

そして、もうひとつ、重大な変化が観察され始めていることに警戒を怠れない。


日本の長期金利に上昇の兆候がはっきりと表れ始めたのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第568号「飛ぶ鳥落とす勢い安倍政権に好事魔多しの兆候」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 私達は『略奪者のロジック』を知っておく必要がある | トップページ | 仰天!TPP事前協議を日本勝利だとする安倍政権 »

金融政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生氏が軽視するほど甘くはない長期金利の上昇:

» 「自民党改憲草案を蹴っ飛ばせ!!」梓澤和幸弁護士が吼える(国分寺講演録画全文文字起し)(続) [みなと横浜みなみ区3丁目]
「自由が危ない!!国防軍だけじゃない自民党改憲草案の危険 憲法学習会」4月24日、国分寺労政会館で行われた憲法学習会での梓澤和幸弁護士の講演の録画文字起しの続編です。 1回目の    You Tube... [続きを読む]

» 【保険】民間のがん保険や医療保険は入る必要がない? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
もし、がんや重い病気になってしまったときに、民間のがん保険や医療保険に入っていないと治療費や入院費が払えなくなる…という不安からそれらの保険に加入している人は多いだろう。 だが、経営コンサルタント会社インフィニティ代表の岩崎日出俊氏によると、実は民間の…... [続きを読む]

» 北朝鮮問題にて主導権を握ることが強い日本を創り、それは中共やアメリカに対する威圧ともなる。言いなりの犬奴隷をやめて自己主張することから戦後レジームの脱却は始まる。 [高橋央の『日本社会白書』]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-... [続きを読む]

« 私達は『略奪者のロジック』を知っておく必要がある | トップページ | 仰天!TPP事前協議を日本勝利だとする安倍政権 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ