« 目的のためには手段を選ばぬ安倍晋三氏の危うさ | トップページ | ジェットコースター株価とアベノミクスの関係 »

2013年5月23日 (木)

参院選メインテーマは「主権者が日本を取り戻す」

参院選がいつ実施されるのかはまだ確定していないが、もっとも可能性の高い日程として7月21日日曜日の投開票が予想されている。

 

参議院議員通常選挙は公職選挙法32条1項により任期満了の日の前30日に行うこととされている。


公職選挙法
第三十二条  参議院議員の通常選挙は、議員の任期が終る日の前三十日以内に行う。


しかし、この規定には例外規定がある。


公職選挙法
第三十二条
2  前項の規定により通常選挙を行うべき期間が参議院開会中又は参議院閉会の日から二十三日以内にかかる場合においては、通常選挙は、参議院閉会の日から二十四日以後三十日以内に行う。


つまり、国会が会期延長される場合には、参議院閉会の日から二十四日以後三十日以内に行うことになる。


今次通所国会の会期末は6月26日である。


他方、参議院の任期満了は7月28日である。


したがって、参院選は7月14日ないし7月21日に実施されるとの見通しが示されている。


しかし、国会会期が延長される場合は、この限りではなくなる。


8月選挙という可能性も浮上する。

人気ブログランキングへ

一部には、安倍政権が衆院定数を「0増5減」する法律を成立させて、衆参ダブル選に突入する可能性があるとの見方を示す向きもある。


衆院の区割り、定数変動が生じた場合、総選挙を実施する前に周知期間が必要との見解は存在するが、明文の規定はない。


法解釈の問題であるため、政府の解釈で、区割り変更後、直ちに総選挙を行うことも完全否定はできない。


安倍晋三氏は憲法改正を実行したいと考えていると見られている。


しかし、現在の衆議院議員の正統性には疑問符がつけられている。


違憲選挙で当選した議員に憲法を偏向することが許されるのかという批判である。


この批判をかわすために、安倍氏が新しい選挙区割りで総選挙を行い、その新体制の下で憲法改正に突き進むとの見立てが生まれている。


可能性が高いとは言えないが、7、8月の衆参ダブル選の可能性を念頭に入れておく必要はある。

人気ブログランキングへ

問題は、日本の主権者が今夏の参院選にどのような意識で臨むべきかである。


結論を一言で示せば、参院選のテーマは、


「主権者が日本を取り戻す」


である。


安倍晋三氏は昨年12月の総選挙で「日本を取り戻す」とのコピーを用いた。


これは、正確に表現すると、


「米国が日本を取り戻す」


ことだった。


安倍自民党は政権を奪還し、その延長上にさまざまな政策が実行されている。


原発再稼働


普天間の辺野古移設


TPP交渉参加


が進み、


さらに、


日本の集団的自衛権行使


が推進されつつある。

人気ブログランキングへ

象徴的であったのは、5月3日の憲法記念日を祝福せずに、4月28日に政府記念式典を実施したことだ。


政府は、表向き、この日を「主権回復の日」としているが、その内実は異なる。


この日は、「主権回復の日」というより、「日本植民地化」の日なのである。


米軍が日本から撤退して日本の独立=主権回復は実現されるべきものだった。


ところが、4月28日を境に、米軍は合法的に日本駐留を維持することになった。


日本政府はサンフランシスコ講和条約第3条で沖縄などの地域を日本から切り捨てた。そして、その沖縄を米軍に献上したのである。


同時に、米軍は4月28日をもって、「治外法権」を獲得した。1952年4月28日に発効した日米行政協定が米軍に治外法権を与えたのだ。


安倍政権が発足して、日本は完全に米国が支配する国に変質した。


その表れが、原発・普天間・TPPであり、憲法改正による、日本軍の米軍支配化への組織組換えである。


これが安倍氏の言う「(米国が)日本を取り戻す」の意味だった。


参院選では、日本の主権者が「(主権者が)日本を取り戻す」を掲げて、日本の植民地化を阻止する第一歩を築かなければならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第575号「原発・普天間・TPP&憲法改悪を問う参院選
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 目的のためには手段を選ばぬ安倍晋三氏の危うさ | トップページ | ジェットコースター株価とアベノミクスの関係 »

2013年参院選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参院選メインテーマは「主権者が日本を取り戻す」:

» ヘイトクライムが続発する暴力の時代を迎えつつある国際社会だが、戦後レジームからの脱却はかくも排外的なものであってはならない。戦争屋の暴走には注意せよ。 [高橋央の『日本社会白書』]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-... [続きを読む]

« 目的のためには手段を選ばぬ安倍晋三氏の危うさ | トップページ | ジェットコースター株価とアベノミクスの関係 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ