« これから真価が問われる期待先行のアベノミクス | トップページ | メルトダウンからメルトスルーに移行する民主党 »

2013年4月 2日 (火)

日銀私物化インフレ誘導勢力の脅威を甘く見るな

『金利・為替・株価大躍動-インフレ誘導の罠を読み抜く-』(ビジネス社)をご高読賜り深く感謝申し上げたい。


書店にはあまり置いていただいていないが、ネットショップではご関心をいただいており、深く感謝申し上げたい。


楽天ブックショップでは、「株・資金運用部門」でウィークリーランキング(20130326 - 20130401日)第1位

http://goo.gl/Gs0Zo


honto
ランキング「経済」分野でもウィークリー第1位

http://goo.gl/brI65


をいただいている。


アベノミクスの問題点を明らかにし、今後の展望を示しているので、ぜひご高読賜りたく思う。

人気ブログランキングへ

衆議院予算委員会では金融政策に関する論議が繰り広げられている。


いまや、日本の経済政策運営論議においては、いわゆる「リフレ派」がわが世の春を謳歌している状況だ。


山梨県選出の小沢鋭仁議員は民主党議員であったが、昨年12月の総選挙直前に日本維新の会に鞍替えをして議席を維持した。


節操がなくても機を見るに敏な人間が短期的には利益を得ることを示している感が強い。


岩手県では、民主党政権で閣僚に登用された平野達男議員が民主党を離党して自民党の推薦を受けて7月参院選に出馬する意向であると報じられている。


節操のなさもここまで来ると限度を超えている。


「及ばざるは過ぎたるに勝れり」という。


生活の党の小沢一郎代表が圧倒的な影響力を持つ岩手県で、生活の党候補者を落選させるために、既得権益勢力が総力をあげるということなのだろう。


メディアがこのニュースを大きく取り扱わないのは、小沢一郎議員に関する情報を報道には乗せないとの申し合わせがあるからだと思われる。


ポジティブな情報もネガティブな情報も、小沢氏に関する情報を報道には乗せないとの方針が採られているのだろう。


主権者は改めて「信なくば立たず」の言葉をかみしめるべきだ。


主権者の信託を受けて日本の政治を司る国家議員が、主権者との契約、約束を踏みにじり、ただひたすら、自己の利益だけを追求して小賢しく立ち回る行為を許すべきでない。


岩手県では生活の党候補者を必ず参院選で圧勝させなくてはならない。

人気ブログランキングへ

小沢鋭仁議員は、リフレ政策を持論としてきたから、安倍政権がインフレ誘導政策を推進することを感無量の心境で受け止めているのだろう。


しかし、金融政策運営に関する中立・公平な論議を踏まえずに、一方的な主張者だけが存在する状況をいいことに、政策論議を著しく偏らせる姿勢はいただけない。


安倍政権がインフレ誘導の姿勢を示し、日銀幹部がインフレ誘導勢力で固められ、質問者がインフレ誘導のスタンスで論議をすると、国会での論議そのものが著しく偏ってしまう。


ナショナリズム感情に火が点けられ、国全体が冷静さを失う排外主義に暴走する姿が彷彿される。

人気ブログランキングへ

2%のインフレ率を目指すことに異論はない。


日本銀行が超緩和の金融政策運営のスタンスを維持することにも賛成だ。


政府と日本銀行がよく連携して協調体制を構築することも正しい。


こうした枠組みのなかで適切に金融政策を運営すればよい。

人気ブログランキングへ

それでは何が問題なのか。


私が強調しておきたい点が三つある。


第一は、日本銀行の独立性を排除するための日本銀行法改正に安易に突き進むべきではないこと。


第二は、日本銀行が安易に非伝統的金融政策手段の活用に踏み切るべきではないこと。


第三は、日銀幹部に財務省OBを起用するべきではないこと。


この三点だ。

人気ブログランキングへ

現在の勢力関係、空気を援用して、中立・公正な十分な論議なしに、日銀法改正に突き進むことには弊害が多い。


日本銀行法は、第二次大戦後の通貨価値の暴落という経験を踏まえて、抜本改正の必要性が強調され続けたなかで、1997年になってようやく改正されたものである。


財務省は日銀の独立性を高める法改正に強く反対し続けた経緯がある。


ようやく実現した改正日銀法を再改正しようというのは、財務省の思惑でしかない。十分な論議なしに安易な改正に進むことは百害あって一利なしである。

人気ブログランキングへ

インフレ率の上昇を目指すに際して、論争点になっている点は、伝統的な金融政策手段の政策効果が乏しいなかで、非伝統的政策手段の活用に踏み切るべきかどうかという問題だ。


伝統的な政策手段として用いられてきたのは、金利操作と量的緩和措置である。


この面で日銀は最大限の政策行動を示してきた。


しかし、ゼロ金利を実現した段階で、金利操作の手段は消滅する。


他方、量的緩和措置は段階的に強化されてきたが、日銀が短期金融市場に資金を供給しても、その資金が信用創造に活用されない限り、量的金融緩和措置は有効性を発揮しない。


この点は1999年9月21日の日銀による文書


「当面の金融政策運営に関する考え方」


http://goo.gl/Zji4e


に明記されている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第533号「インフレ誘導派が占拠する政府・日銀・国会の脅威」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« これから真価が問われる期待先行のアベノミクス | トップページ | メルトダウンからメルトスルーに移行する民主党 »

金融政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日銀私物化インフレ誘導勢力の脅威を甘く見るな:

» 【IT】LINE、実は営業赤字…投資負担先行でも、存在感示す [政治経済ニュース・今私の気になる事]
今年1月に世界でユーザー1億人を突破した、無料通話・メールアプリ「LINE」。そのLINEを運営するNHNジャパンは4月1日、社名を「LINE株式会社」に変更した。同時に会社分割を行い、新設会社のNHNジャパンが、旧NHNジャパンのゲーム事業を承継した。 これまでLINEはNHNジャ…... [続きを読む]

» アメリカの利益が第一である自民党安倍政権だが、自国の権利すら真っ当に主張できない奴隷はどこに行っても負け犬扱いされ、これでは中共の後塵を拝するだけだ。 [高橋央の『日本社会白書』]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-... [続きを読む]

« これから真価が問われる期待先行のアベノミクス | トップページ | メルトダウンからメルトスルーに移行する民主党 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ