« 被災地復興・被災者救援が遅々として進まぬわけ | トップページ | 3.13判決を迎える陸山会事件の真相 »

2013年3月12日 (火)

コンクリートではなく鎮守の森で防潮堤を築け

ふるさと



(うさぎ)追いし かの山


小鮒(こぶな)釣りし かの川


夢は今もめぐりて


忘れがたき ふるさと



如何(いか)にいます 父母


(つつが) 無しや友垣(ともがき)


雨に風につけても


思い出ずる ふるさと



(こころざし)を 果たして


いつの日にか 帰(かえ)らん


山はあおきふるさと


水は清き ふるさと

 

4
3月11日、明治記念館で「祈りの日」の式典が開かれた。


世話人代表は元参議院自民党議員会長の村上正邦氏。


500名の人々が参集した。

人気ブログランキングへ




式典で安積女子・安積黎明高校OG会合唱団の方々が素晴らしい歌を披露された。「故郷」は披露された合唱のひとつだった。


人々にとって故郷はかけがえのない場所。


9
いつの日にか 帰(かえ)らん


山はあおきふるさと


水は清き ふるさと

 
は、すべての人々の心の叫び、心の願いである。


大自然の力によって大きな災害は引き起こされる。


悲しみは果てしなく、生きる力を取り戻すには愛と時間が必要である。


私たちはいかなる困難に遭遇しようとも、希望を持って進んでゆかなくてはならない。

人気ブログランキングへ

東日本大震災・原発事故に直面して、私たちはいま、私たちの生きる道に選択を迫っている。


環境問題への考え方に二つの大きな対立する概念がある。


「保全」と「保存」


英語では


Conservation
 と Preservation


ジョン・パスモア著『自然に対する人間の責任』(岩波現代選書)


に次の言葉がある。


「保全(Conservation)の思想は、自然環境を人間のための<道具>であるとみなす。


これに対して保存(Preservation)の思想は自然環境に<それ自体の価値>が備わっているとみなす。」


「保全」は人間が自然を支配するとの考えに基づく概念である。


これに対して、「保存」は人間自身が自然の一部として自然のなかで生きるとの考えを示している。

人気ブログランキングへ

大津波が大きな被害をもたらした。


この被災に対応して、宮城県では、村井嘉浩知事の独断で、160キロに及ぶコンクリートの防潮堤が建設され始めている。


しかし、コンクリートの防潮堤の耐用期間は50年程度であるとされる。


1000年に一度の大津波に対応して、耐用年数50年の防潮堤を建設することが愚かしいことだと思うのは私だけではないはずだ。


7
横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏が、


「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」


を提唱し、その活動を実践されている。


「祈りの日」式典では、宮脇教授が、被災地の瓦礫を利用した防潮堤(「森の長城プロジェクト」)の建設計画について熱のこもった講演をされた。


青森県から福島県に至る全長300㎞の太平洋岸に、高さ10m~15mの巨大防潮堤を建設する「森の長城プロジェクト」である。


残土と被災地のガレキで造成するマウンドの上に、土地本来のシイ・タブ・カシなどの照葉樹を植樹して、ふるさとと人の命を守る鎮守の森を育成する壮大なプランである。


かつて、日本人は、祈りの場としての鎮守の森をもち、森のいのちを生命の源泉としてきた。


日本人の自然観や宗教観、和の心は、鎮守の森に育まれたといってもよい。


TPPによって破壊されようとしている最大の日本の財産、世界遺産は、この日本文明の根幹、地域社会の連帯、絆であるとも言える。

人気ブログランキングへ

コンクリートの防潮堤が耐用年数50年であるのに対して、照葉樹の自然林は9000年の耐用年数を持つという。


事実、東日本大震災による大津波でも、鎮守の森は破壊されずに自然の防壁になった事実が示されている。


宮脇氏が提唱する植林では、植林後の生育を自然に委ねてしまう。


巨額の管理費用を必要としない。


自然の力で安定した生態系が生育し、9000年の耐用年数を持つ自然林が生育するとのことである。

人気ブログランキングへ

コンクリート建造物の建造推進の国土強靭化は国民のためのプロジェクトではない。利権政治屋と利権業者の利権のためのプロジェクトである。


根本的な見直しが必要である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第514号「放射能の人体への影響を安易に判断すべきでない」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 被災地復興・被災者救援が遅々として進まぬわけ | トップページ | 3.13判決を迎える陸山会事件の真相 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンクリートではなく鎮守の森で防潮堤を築け:

» 除染の限界 [へなちょこ自然保護]
 福島県の原発事故で,放射能が撒(ま)き散らされた.そのため人が住めなくなった町もある.これを「死の町」と呼んでマスコミの反発に会い,辞任させられた大臣もいる.たしかに, 自分の故郷が「死の町」などと呼ばれたら,良い気はしない.戻って住みたい人もいるだろう.心ない言葉だと思う.もう少し言葉を選ぶべきだったと思う.  しかし人や動物が生きていけない環境という意味では,ウソを言ったわけではない.住みたいから,復興したいから,だから「死の町」ではない,と言いたいのであれば,もっと現実を直視すべきだと思う.... [続きを読む]

» 戦後レジームからの脱却を実現するためには、日本国が日本を取り戻さねばならぬ。それを以て初めて主権回復の日が訪れる。負け犬の敗戦国家として奴隷に成り下がった戦後の屈辱よ。 [高橋央の『日本社会白書』]
@font-face { font-family: "Arial"; }@font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "Century"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }@font-face { font-family ... [続きを読む]

» アベノミクスを理解出来るか? [アーサーの流れる世の中]
アベノミクスとは何だろうか。いろいろな解説が世の中にあふれている。 新聞がこう言っている、テレビがこう言っている、ラジオは??そんな各種の情報を確認していると、東京新聞、赤旗を除く新聞と、テレビでは、アベノミクス賛成意見が強い。 私は、アベノミクスに期待している点もあるが、期待できない点も多くある。 まず、今回のアベノミクスで、安倍首相が経済団体に賃上げを要求をしたり、国会答弁に立った閣僚の発言で、労組間で昨年相当妥結だった水準をひっくり返し、賃上げを実現してしまったりしている。 だが... [続きを読む]

« 被災地復興・被災者救援が遅々として進まぬわけ | トップページ | 3.13判決を迎える陸山会事件の真相 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ