« 全日本柔道連盟暴力体質の裏側にある重大な問題 | トップページ | 不都合な真実隠す為のレーダー照射&中国大気汚染 »

2013年2月 6日 (水)

徳田毅議員準強姦疑惑事案の背後にある重大問題

自民党衆議院議員で前国土交通政務官の徳田毅氏が政務官を辞任した。


今週発売の週刊誌が徳田氏の過去の事案を暴露することになったため、徳田氏が事前に辞任を求め、安倍政権がこれを了承した。


第一次安倍政権は閣僚がさまざまなスキャンダルで相次いで辞任し、これが政権崩壊の大きな要因になった。


第二次安倍政権では、この轍を踏まぬよう、この種のスキャンダルに対して先手必勝の対応を取っているのだと推察される。


これまで明らかにされていなかった週刊誌報道の内容が伝えられ始めた。


週刊誌の新聞広告はすでに掲載されており、そこには、


「懲役5年の「内柴被告」と同じ穴の「国土交通大臣政務官」」


の見出しが付けられている。


新聞報道がすでに同週刊誌の内容を伝えている。


報道によると、徳田毅氏は2007年に、女性から「無理やり性的関係を結ばされた」として損害賠償の訴えを起こされ、1000万円の和解金を払っていたということである。


女性の訴状によると、女性は19歳だった2004年2月、知人の紹介で徳田氏と都内の飲食店で会食した際、酒を勧められて飲酒して泥酔。ホテルで無理やり性的関係を結ばされた、と主張したという。


徳田氏は深酔いして歩くのがやっとの女性を、東京・赤坂の高級ホテルに連れ込み、性行為に及んだ。女性は泣きながら「やめてください」と言ったが、酔いが回り過ぎていてまともに抵抗できない状態だった、という。


これらが事実だとすると、「未成年に飲酒」、「準強姦罪に該当」ということになり、極めて重大な事案になる。

人気ブログランキングへ

「準強姦罪」は刑法上の重大罪だが「親告罪」である。


「親告罪」というのは、検察官による公訴提起に告訴を必要とする犯罪であり、この事案で公判請求がなされていないことを踏まえると被害届の提出、告訴はされていない可能性がある。


親告罪においては、犯人を知つた日から6箇月以内に告訴することが必要で、この期間を過ぎると無効であり、期間経過後の告訴については、検察官は不起訴の裁定をする。


しかし、2000年の親告罪のうち強姦罪・強制わいせつ罪のような重大な性犯罪については、平成12年の改正により、告訴期間の制限は撤廃された。


したがって、被害女性が刑事告訴をしていない場合、今後これを告訴すれば刑事責任が追及される可能性があることになる。

人気ブログランキングへ

日本の警察・検察・裁判所の前近代性について、何度も指摘してきた。


重大な問題を整理すると以下の三点に集約できる。


第一は、日本の警察、検察に巨大な裁量権が付与されていることだ。


刑事事案が存在するときに、これを刑事事件として立件するかしないか、根本的な部分で警察、検察の「裁量権」がある。


犯罪が存在するのにこれを無罪放免にする裁量権と犯罪が存在しないのに犯罪者に仕立て上げる裁量権が付与されている。


この巨大な裁量権こそ、警察、検察の利権の源泉である。


この裁量権があるからこそ、警察、検察は巨大な天下り利権を手にするのである。また、政治権力に対して影響力を保持し、また政治権力は警察、検察権力を利用することができる。


「裁量権」は立件の有無の判定だけに関わるものでない。刑事事案をメディアに公表するのかどうかも、「裁量権」のなかに含まれる。


この意味は極めて重大である。

人気ブログランキングへ

今回の事案で「被害届」が出されたことがあるのかどうかを調べる必要がある。


被害届などはまったく提出されずに、民事提訴だけがなされたのかどうかを確認する必要がある。




徳田毅氏は2005年の総選挙で衆議院議員に就任した。


民事提訴が行われたのは2007年のことだとされている。


実は、この間に、日本政治にとっては極めて重要な事実経過が存在する。


このことを私は、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』(明月堂書店)に記述した。


Photo


第一章第一節に


「沖縄知事選と徳州会病院臓器売買事件」


と題して、重要事実を記述した。


詳細は拙著をあたっていただきたいが、日本政治のおいては、2006年政局で徳田毅氏の実父の「徳洲会」がカギを握ったのである。


2006年11月19日、発足したばかりの安倍晋三政権にとって試金石となる沖縄県知事選が実施された。


この沖縄県知事選と徳田氏の「徳洲会」が深いかかわりを示したのである。




拙著から一部を転載する。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第484号「徳田毅氏準強姦疑惑事案と沖縄県知事選を結ぶ点と線」
でご購読下さい。



2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 全日本柔道連盟暴力体質の裏側にある重大な問題 | トップページ | 不都合な真実隠す為のレーダー照射&中国大気汚染 »

警察・検察・裁判所制度の近代化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/49219443

この記事へのトラックバック一覧です: 徳田毅議員準強姦疑惑事案の背後にある重大問題:

» 【レーダー照射】日本政府、公表前に米国に事前通告 対中意識の修正を狙う [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 中国海軍艦艇による海上自衛隊艦艇などへの射撃管制用レーダー照射について、日本政府は5日の公表前に同盟国である米国へ内容を事前に通告した。新体制に移行した米政府に中国の挑発的な行動を問題視させ日米同盟の重要性を喚起させる狙いもあった。  安倍晋三首相…... [続きを読む]

» 【第432号】困った時にはアメリカ様が助けてくれると妄信している日本国ではあるが、現実はそう甘くない。裏切られた恋人よろしく憤怒に狂う対米従属主義者の暴走こそ警戒すべきだ [高橋央の『日本社会白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:3 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:" ... [続きを読む]

» 小西克哉『安倍政権は中国軍を利用してセックススキャンダルを隠ぺいした』 [後世に残したいラジオの話]
2013年2月12日(火)に放送されたTBSラジオの『荒川強啓 デイ・キャッチ!』で、国際ジャーナリストの小西克哉さんが先日発生した中国軍によるレーダー照射問題について話していた。小西さんが疑問点...... [続きを読む]

« 全日本柔道連盟暴力体質の裏側にある重大な問題 | トップページ | 不都合な真実隠す為のレーダー照射&中国大気汚染 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ