« 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 | トップページ | 消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇 »

2013年2月22日 (金)

日銀総裁・副総裁人事案をズバリ予測する

TPPと日銀幹部人事が大きく動きつつある。


TPPに関する安倍晋三氏の行動は、「結論ありき」のものである。


その結論とは言うまでもなく、「TPP参加」である。


なぜ参加なのか。


理由は単純である。米国が日本にTPP参加を「命令」しているからだ。


国内には反対意見が強い。


自民党内にも強い反対論がある。


これを丸め込むための口実が、


「聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉には参加しない」


というものだ。


この条件をクリアするためのハードルは限りなく低い。


なぜなら、「関税撤廃の例外をたったひとつでも認める」ということで、言葉上、この条件をクリアできるからだ。

人気ブログランキングへ

しかし、TPPの深刻さ、重大性はこんなところにあるのではない。


1.国民の生命・健康を守るための規制、制度が破壊される


2.日本の公的医療保険制度が破壊され、命がカネで買われる社会になる


3.日本の農業と共同体社会が破壊される


日本を守り、日本国民の利益を守ることを優先するなら、TPP参加の選択肢はない。


しかし、政治家が自分の利益を優先するなら、間違いなく身も心も米国に売り渡すことになる。


誠に残念なことであるが、安倍晋三氏は自分の利益を優先する行動を選択しているようである。


「聖域なき関税撤廃」にノーを言うなら、最低限、「コメ、乳製品、小麦、砂糖、牛肉」を守る必要がある。


安倍氏が最低でもこの五品目を絶対に守ることを条件にするなら、安倍氏の姿勢は理解されるだろう。


しかし、安倍氏の言動からその意思はまったく感じられない。

人気ブログランキングへ

日銀幹部人事。


私が予測する三つの案を示す。良い悪いではない。現実の予測だ。良い悪いで言えば基本的に悪い人事だ。


A案


日銀総裁 黒田東彦氏


副総裁  岩田規久男氏


副総裁  雨宮正佳氏


B案


総裁  黒田東彦氏


副総裁 岩田一政氏


副総裁 雨宮正佳氏



C案


総裁  岩田一政氏


副総裁 黒田東彦氏


副総裁 雨宮正佳氏



なお、日銀出身者は雨宮正佳氏ではなく中曽宏氏になる可能性がある。

人気ブログランキングへ

それなりにバランスが取れているのはC案である。


岩田氏は日銀副総裁経験者。黒田氏は財務省出身者だが財務官経験者である。


日銀総裁候補として名前が挙がっているなかでは、岩田一政氏が消去法としてはもっとも無難である。


「みんなの党」は、岩田一政氏が日銀副総裁の職にあった2006年に日銀が量的金融緩和政策解除、ゼロ金利政策解除に踏み切ったことを批判しているがこれは失当である。


022013


011513


2003年から2008年にかけて日本経済は回復傾向を示し、日本の消費者物価指数ははっきりと上昇傾向を示していた。


日銀が量的緩和とゼロ金利を解除したことはまさに適正な対応であった。

日本経済が再びデフレに陥ったのは2008年後半以降に顕在化したサブプライム危機に端を発する世界不況のためである。


適正でないゼロ金利解除を実行したのは2000年8月である。このゼロ金利解除を強く提唱したのは竹中平蔵氏であり、竹中氏には金融政策も委ねるべきでない。


過去の正確な経済分析に基づかない情緒的な判断で日銀人事を振り回してはならない。

人気ブログランキングへ

C案を最有力としていないのは以下の二つの理由による。


ひとつは、岩田一政氏をみんなの党などが金融緩和に消極的だとして除外しようとしていること。


安倍晋三氏は、「自分の考えに共鳴する人」を日銀総裁に起用する方針を示している。岩田一政氏では、この要件を満たさないと安倍氏の周辺にいる取り巻きが騒いでいる。


これは、岩田氏では米国の命令を直接的に強制することが難しいとの事情があるのだと思われる。


安倍氏周辺の雑音とでも呼ぶべき声が偏り過ぎていることが問題なのだが、安倍氏がこの雑音的な声に影響される可能性がある。


もうひとつは、年齢の問題だ。岩田氏は66歳。黒田氏は68歳である。霞が関では年次が重要視される。68歳の黒田氏の上に、同じ霞が関出身の岩田氏が置かれることに対して財務省が強く抵抗するだろう。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第498号「安倍氏の日銀運営評価は歴史が定めることになる」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 | トップページ | 消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇 »

金融政策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/49566539

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀総裁・副総裁人事案をズバリ予測する:

« 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 | トップページ | 消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ