« 歴史を取り戻す!小沢一郎議員支援の国民大集会 | トップページ | 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 »

2013年2月20日 (水)

日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する

二つの重要問題に焦点が当たっている。


TPPと日銀幹部人事だ。


日米首脳会談が行われる。


米国は安倍政権が発足して「日本を取り戻す」ことに全力を挙げている。


昨年12月16日の総選挙に際して安倍晋三氏は「日本を取り戻す」と唱えていたが、この発言の真意は、


「米国が日本を取り戻す」


ということであったと見られる。


米国にとっての関心事項は、日本の対米隷属。


この根本が揺らぐことを米国は断じて許せないわけだ。


2009年9月に発足した鳩山由紀夫政権を米国が徹底的に嫌ったのは、この政権が米国の言いなりにならない姿勢を示したからである。


鳩山政権の屋台骨を支えたのは鳩山由紀夫元首相と小沢一郎氏であった。


この小沢-鳩山ラインは日本政治が米国の言いなりになる路線、日本の対米隷属路線を否定しようとした。


このために、小沢-鳩山ラインは米国から猛攻撃を受けたのである。

人気ブログランキングへ

米国は鳩山政権をつぶして、米国傀儡の菅政権、野田政権を樹立させた。


そして、昨年12月の選挙を通じて安倍政権を発足させた。


安倍晋三氏は、「(米国が)日本を取り戻す」ことに全面協力する政権であるとして、いま、この安倍政権を全面的に支援している。


だからこそ、円安誘導政策が国際社会から糾弾されることから安倍政権を守るために、米国は全面的な協力姿勢を示しているのである。

人気ブログランキングへ

「米国が日本を取り戻す」ための具体的な「アジェンダ」は次の五つだ。


1.中国との軍事緊張の演出


2.米軍への全面支援


3.TPP参加


4.原発推進


5.米国への資金供与


当面の焦点はTPPである。


安倍晋三氏は「聖域なき関税撤廃」の原則に例外が設けられなければTPPには参加しないことを表明している。これは、TPP交渉に参加するための方策であると見られる。


つまり、完全撤廃の例外をたったひとつでも設定させて、これをTPP参加の口実にしようというわけだ。


安倍氏はオバマ氏との会談で、「例外設定の可能性」についての感触を判断すると発言しており、日米首脳会談で安倍氏が、実質的なTPP交渉参加の方針を表明する可能性がある。

人気ブログランキングへ

これは、日本国民にとって著しい不利益を与える行為になる。


TPPはひと言で表現すれば、「米国の米国による米国のための仕組み」である。


米国は日本市場を侵食するために、これまで25年にわたる取り組みを続けてきた。


最初は1989年発足のブッシュ父政権だ。SII=日米構造協議と呼ばれた構造改革の協議が行われた。


日本の諸制度を変革して米国資本が日本市場で活動できる環境を整えようとした。


1993年のクリントン政権発足後、年次規制改革要望書が作成され、内政干渉の指令書としてこの文書が米国から日本に提示されてきた。


クリントン政権は「協議」では結果が得られないとして、「数値目標」の設定を強く求めた。


2009年の鳩山政権の発足後、「年次規制改革要望書」は撤廃された。


しかし、その代わりとして「日米経済調和対話」と呼ばれる新しい文書が作成された。名称をリニューアルしたものである。


これと同時に米国が立ち上げたのがTPPである。


TPPは日本の諸制度改変のための新しい策謀なのである。

人気ブログランキングへ

米国は米国傀儡の菅直人政権にこのTPPを投げつけて菅政権に前向きの姿勢を示させた。そしていま、これを日本に呑ませようとしているわけだ。


日本はTPPに参加するべきでない。


一度参加したら最後、元には戻れなくなる。


TPP参加で日本は根底から変質することになる。


米国の最重要ターゲットは次の三つだ。


1.医療・薬品・医療機器・医療保険


2.各種共済制度


3.農業


この三分野で日本市場を完全浸食しようとしている。


国内論議を経ずにTPPに突き進むことは、まさに「亡国の道」である。


絶対に安易なTPP交渉参加表明は許されない。


安倍氏が日米首脳会談でTPP交渉参加の意思を表明することは万死に値する行為となる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第496号「政治家の多くが米国の命令に従う理由」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 歴史を取り戻す!小沢一郎議員支援の国民大集会 | トップページ | 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/49529785

この記事へのトラックバック一覧です: 日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する:

» 【第446号】アメリカの力を借りて“暴走する軍部潰し”を狙う中共と北朝鮮だが、相も変わらず日本は蚊帳の外という負け犬根性を披露し、偉大なるATMとして精進する奴隷ぶり。 [高橋央の『日本社会白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:3 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:" ... [続きを読む]

» TPPは日本国憲法違反 第44回 TPPを慎重に考える会 勉強会 [マスコミに載らない海外記事]
第44回TPPを慎重に考える会 勉強会を拝聴してきた。 悪夢だ。もちろん勉強会ではなく、TPPが。 2013年2月20日 衆議院第2議員会館 多目的会議室 開会挨拶 TPPを慎重に考える会 世話人 篠原孝講演 弁護士 岩月浩二氏 「法律家が斬る! 「投資家対国家紛争解決手続き」-ISD条項がもたらす憲法破壊と国際法秩序... [続きを読む]

« 歴史を取り戻す!小沢一郎議員支援の国民大集会 | トップページ | 金融政策をよく分かっていない「みんなの党」 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ