« 「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(3) | トップページ | 日銀総裁に必要な第一の要件は売国者でないこと »

2013年1月10日 (木)

安倍政権がバラマキ大型補正を編成する真の理由

安倍政権が発足し、メディアがはしゃいでいる。


私は『金利・為替・株価特報20121029日号』に、現在の金融市場動向を予測して書いた。


為替市場の基調が円高から円安に変化し、これに連動して日本の株価が上昇に転じる可能性が高いことを記述した。


為替市場の基調が円高から円安に転じる可能性が高まったと判断した最大の理由は、日本政治が変化して、日銀に対する追加金融緩和政策圧力が一段と強まる可能性が高いと洞察したことにある。


その後に野田佳彦氏の解散決定があった。


金融市場は安倍政権誕生を予測して、金利低下=円安=株価上昇の反応を生み出してきた。


現在の市場変動は予測通りのものである。


株価は経済活動の先行指標的な動きを示すから株価上昇は悪い話でない。


長期低迷を続けている日本経済が改善傾向を示すことは望ましいことである。


しかし、現在の市場変動の改善がもたらされている背景、その最終的な帰結を考慮すると単なる楽観論にひたることはできない。

人気ブログランキングへ

株価が上昇した契機は衆議院解散の決定だった。


11月14日の党首討論で野田佳彦氏が11月16日の解散を宣言した。


この瞬間から市場は安倍晋三政権の誕生を予測し始めた。


安倍氏は日銀の金融緩和政策の強化を打ち出した。


日銀法を改正する、あるいは国債の日銀引受けを認めさせる方針まで示唆した。


金融市場は追加金融緩和策が強制されることを予測し、そこから一種の連想ゲームを展開した。


日本の金融緩和政策は円安要因である。


2008年以来、日本の株式市場では、円高=株安、円安=株高の反応を繰り返してきた。


安倍政権誕生=金融緩和強制=円安進行=株高進行の連想が広がった。


金融市場の変動は、予想の先取りという面がある。また、連想の結果を金融市場の参加者がどう予測するかを予測するという、市場参加者の行動に関する予想に基づいて市場参加者が金融変動を予測し、その予測に従って行動するという側面を持つ。


実際に経済がどのように変動するのかというよりも、経済変動や金融市場変動を人々がどのように予想するのかを予想して実際に市場変動が生じるという側面がある。

人気ブログランキングへ

かくして円安が進行し、株高が進行している。


また、財政再建と大増税を主張してきた自民党だが、選挙になると大型補正予算の話が急浮上した。


「公共事業による景気対策はオールドファッション、時代遅れ、オールドケインジアンの政策だ」と主張してきた事実をどこかに置き忘れたかのような、話が浮上した。


10年で200兆円の公共事業など、時代の針が一気に逆戻しされたかのような政策が提示された。


この大型補正予算編成のニュースも株価を押し上げる働きを示している。

人気ブログランキングへ

問題は以下の三点に所在する。


第一は、いま論議されている大型補正予算の真の目的が日本経済の浮上にはないと考えられることだ。


第二は、安倍晋三氏が推進しようとしている「インフレ誘導政策」が主権者国民の利益にはならないと考えられることだ。


第三は、日本の予算構造、政府活動の利権的性格が強化されることだ。


第一の点について言えば、政府の本当の目的は景気回復にはない。


政府の狙いは消費税大増税の強行にある。


参院選が終了した後、政府は消費税大増税にいよいよ突き進むことになる。


国民に景気回復策という「ごちそう」が振る舞われるというよりも、政府が国民をごちそうとして食べてしまうために、国民にエサを与えるというのに近い。


国民は振る舞われるのではなく、肥えて太らされる「食用の家畜」として捉えられているのだ。


インフレは主権者国民に利益をもたらすものではなく、大資本と政府に利益をもたらすもので、利益を受けることのない国民が騙されてはならない。


そして、予算資金配分は国民に対する直接給付から、公共事業などのような利権事業者への間接給付に回帰しようとしている。


時計の針は確実に逆戻しされ始めいている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第460号「アベノミクスはなぜ失敗に終わるのか」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(3) | トップページ | 日銀総裁に必要な第一の要件は売国者でないこと »

安倍晋三新政権」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権がバラマキ大型補正を編成する真の理由:

» 【第405号】体罰事件や放射能の手抜き除染は日本国を根本的に腐らせている無責任の体系の代表的具現だ。“豪腕”の力を以て小役人の不正や怠慢を糾弾していかねばならぬ。 [高橋央の『日本社会白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:3 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:" ... [続きを読む]

» 個人をはずかしめ、見捨てる「自由と民主主義」の国、日本! [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
個の精神の自由と、のほほんとした社会に向けてどこまでも! [続きを読む]

« 「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(3) | トップページ | 日銀総裁に必要な第一の要件は売国者でないこと »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ