« 元の木阿弥安倍政権は経産省・財務省共管の政権 | トップページ | 「国民に対する詐欺的行為」働く毎日の社説 »

2012年12月28日 (金)

「生活の党」発足契機に日本政治刷新を目指す

「日本未来の党」が「生活の党」に名称を変更し、森ゆうこ議員が新しく代表に就任した。


総選挙で議席を大幅に減少させたのち、混乱が続いていたが、順当な着地を示した。


嘉田由紀子前代表は嘉田氏と阿部ともこ氏の共同代表案を提案したが、党所属国会議員の圧倒的多数から賛同を得られなかった。


党所属議員の圧倒的多数は嘉田氏と小沢一郎氏の共同代表案を提示していた。


民主主義政党における党首は独裁者ではない。


党の決定を行うには、党内の民主主義手続きを経ることが必要不可欠だ。


嘉田氏の提案は党所属国会議員の賛成を得られるものではなかったから、党内での民主主義手続きを経て決定できるものでなかった。


嘉田氏が引き続き代表としての職務を継続するには、党内民主主義手続きに則ってものごとを決めることを受け入れるしか道はなかったが、この道を選択しなかったために党を離れることになった。


嘉田氏は「日本未来の党」の名称を引き継ぐとしているが、所属する国会議員は阿部ともこ氏しか存在しない。「みどりの風」に亀井静香氏と共に合流する可能性があるが、こうなると多党乱立の弊害は残存してしまう。

人気ブログランキングへ

もとより「日本未来の党」は「国民の生活が第一」を主軸に創設された新党であり、「国民の生活が第一」関係者が政党幹部に就任するべきであった。


その人事に問題があった。


私は新党創設に際して、新党名称を「生活」とするべきだとの意見を提示した。


11月28日付ブログ記事


「主権者国民連合政党名称は「生活」とする方が良い」


嘉田由紀子氏が総選挙に出馬しないから、トップは国会議員が務めるべきであるとも書いた。


紆余曲折はあったが、結局落ち着くべきところに落ち着いた。


森ゆうこ氏は小沢一郎元代表と十分な意思疎通をしているから、今後は円滑な党運営が行われることになるだろう。


総選挙では「国民の生活が第一」の名称が浸透し始めた段階で「日本未来の党」に名称が変更されたため、有権者への浸透が十分にできなかった。


この意味も含めて私は、新党名称を「新党生活」とするべきだと考えた。


今回、「生活の党」と名称が変更されたことは、この意味で好ましい。


略称も「生活」になるから、表現もしやすくなる。


小さなことのように見えるが、選挙戦を戦ううえで名称は極めて重要だ。

人気ブログランキングへ

問題は、日本政治をこれからどのように立て直すかだ。


安倍晋三政権が発足したが、完全な「旧政復古政権」=「元の木阿弥政権」だ。


「昔の名前で出ています」政権でもある。


原発推進、消費税大増税強行、TPP参加政権である。


沖縄では辺野古の美しい海岸を破壊しての巨大な米軍基地建設が強行されることになるのではないか。


日本財政を激烈に悪化させた張本人は麻生太郎氏である。


麻生政権は2009年度補正予算を14兆円規模で編成した。


そして、2009年度税収見積もりを9兆円も読み誤った。


このために日本の財政赤字は2007年度の25.4兆円から2009年度の52.0兆円へと2年間で倍増したのである。


日本財政を激烈に悪化させた主役は麻生太郎氏である。


この麻生氏が2009年3月に消費税増税を法律に組み込んだ。


これが所得税法附則104条である。


これをマッチポンプという。


自分で放火して火事を引き起こし、自分でポンプから放水する。


自作自演、「財政赤字激増と巨大増税」の悪夢の創作者は麻生太郎氏である。

人気ブログランキングへ

2009年度の第一次補正予算13.9兆円は大資本と官僚のための利権てんこ盛りの予算だった。


本ブログでは2009年5月28日付記事


「お手盛り・バラマキ補正予算成立と総選挙日程」


にその内容を記述した。


「補正予算では、本予算で6490億円しか予算が計上されない公的部門の施設整備費に2.8兆円もの国費が投入されることが明らかにされた。大盤振る舞いの補正予算で、役人が使用する公共施設を豪華に刷新しようというのだ。


マンガ・アニメの殿堂には建設費だけで117億円が用意される。思いつきで決めた支出対象に、無尽蔵の国費を使いたい放題である。


また、「エコカー」、「エコ家電」にかこつけて、役所の公用車が1万5000台=588億円、地デジ対応テレビが7万1000台=71億円、購入される。補正予算を「官僚のこづかい」と捉えているのだろう。


さらに、補正予算では58の基金に4.6兆円の国費が投入される。4.6兆円のうち、どれだけが事務経費に充当されるのかは国会審議でも明らかにされなかった。58基金への4.6兆円が「天下り」利権拡大に利用されることは間違いないだろう。」

人気ブログランキングへ

日本政治は麻生時代の官僚利権だけが丸々焼け太りする時代に逆戻りする。


旧政復古=アンシャン・レジームなのだ。


これを、もう一度、刷新しなければならない。


そのためには、新党「生活」を主権者国民の声を糾合する大きな政治勢力に育ててゆかなくてはならない。


そのためには、現在の民主党が悪徳衆を放逐して原点回帰するなら、これと連携することも視野に入れてゆくべきだろう。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第447号「財政赤字2年倍増張本人麻生氏が財務相の安倍政権」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 元の木阿弥安倍政権は経産省・財務省共管の政権 | トップページ | 「国民に対する詐欺的行為」働く毎日の社説 »

2013年参院選」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/48501168

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活の党」発足契機に日本政治刷新を目指す:

» ■安倍新内閣は「タイタニック内閣」である! [格闘する21世紀アポリア]
 安部新内閣が12月26日に立ち上がった。  かつての「お友達内閣」から心機一転、自民党のメジャーらを寄せ集めた彼なりの華やかな内閣ではあるが、安倍晋三は彼なりの「戦後レジームの回帰」を再び画策するだろうことは想像に難くない。    これまで自民党内閣は様々...... [続きを読む]

» 【第392号】アメリカの損害賠償には応じておきながら、日本人のそれには応じない。もしそうなれば安倍自民党政権の対米従属路線は確定する。まさに“アメリカの利益が第一”。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536859905 -1073711037 9 0 511 0;} @font-f ... [続きを読む]

« 元の木阿弥安倍政権は経産省・財務省共管の政権 | トップページ | 「国民に対する詐欺的行為」働く毎日の社説 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ