« 『小沢でなければ日本は滅ぶ』わけ | トップページ | 「主権者国民連合」フェニックス・プロジェクト始動 »

2012年11月13日 (火)

小沢一郎氏は不死鳥の如く蘇り政権奪還を実現す

「国民の生活が第一」代表の小沢一郎氏に対して東京高裁が無罪判決を示した。


4月26日の第一審無罪判決に続き、控訴審でも小沢氏は無罪を勝ち取った。


全国紙各社は号外を発行してこの重要事実を伝えるべきであるが、号外を発行した社はない。


2009年から2011年にかけて、日本のマスメディアは小沢一郎氏を極悪非道の犯罪人として報道し続けてきた。


2009年9月14日に検察審査会が二度目の起訴議決をしたことが10月4日に公表された。


このとき、日本のマスメディアはどのような報道をしたか。


忘れたとは言わせない。

人気ブログランキングへ

1789年に定められた「フランス人権宣言」。


その第9条は次のものである。


第9条(無罪の推定)
何人も、有罪と宣告されるまでは無罪と推定される。ゆえに、逮捕が不可欠と判断された場合でも、その身柄の確保にとって不必要に厳しい強制は、すべて、法律によって厳重に抑止されなければならない。


「無罪推定の原則」は基本的人権を守るための対応である。


無罪の人間を間違っても犯人視報道することのないように、有罪の宣告、あるいは有罪の確定までは、無罪を推定する。


人を呼ぶときにどのような呼称で呼ぶかは、報道において極めて重要な問題だ。


「被告」の呼称は、もしこの人物が無実の人間であれば重大な人権侵害となる呼称である。


スマップの草薙剛氏、作曲家の小室哲哉氏などに対して、マスメディアはどのような呼称を用いてきたのかを検証するべきである。


無実潔白の小沢一郎氏を、日本のマスメディアは極悪非道の犯罪人として報道し続けてきた事実を忘れたのか。


本日の控訴審で小沢氏に対して再び無罪判決が示された。


上告の理由は、重大な判例違反か憲法違反であり、今回の事案で上告する理由は存在しない。


指定弁護士が上告を行わない可能性が高い。


その場合、小沢氏の無罪が確定する。


その可能性が極めて高いにもかかわらず、マスメディアの多くが、本日の判決報道においてさえ、「被告」の呼称を使い続けた。

人気ブログランキングへ

日本のマスメディアが腐り果てていることを知る国民が激増しているが、ここまで来ると、もはや病的である。


いま日本の主権者国民に必要なことは、日本のメディアがすでに死亡しているということを正しく認識することだ。


メディアは3年半の間、小沢一郎氏を極悪非道の犯罪人として報道し続けてきた。


その事実の肯定、事実の検証、事実の評価、自己批判が不可欠だが、この期に及んで、自己の誤りさえ認めようとしない姿勢である。


自己の誤りを認めないどころか、「小沢代表、政界での「復権」険しく」

などの見出しを付けて報道する大馬鹿三太郎新聞まで存在する。


ちなみに、この大馬鹿三太郎新聞とは日本経済新聞のことだ。

人気ブログランキングへ

殺人犯人として収監されていた菅家利和さんがいた。


実は冤罪だった。


冤罪が明らかにされ、菅家さんが釈放されたとする。


そのときに、


「釈放された菅谷元受刑者、社会での「復権」険しく」


などと報道する大馬鹿新聞がどこにあるというのか。


司法当局といっしょになって菅家さんを犯人視報道し続けた自らの報道姿勢を検証し、謝罪をするのが最低限の行動ではないのか。

人気ブログランキングへ

つまり、この国はいま、完全に腐っているということだ。


腐っているのは権力だけでない。権力に群がるマスメディアにも腐敗臭が立ち込めている。


一連の巨大謀略の裏側に恐らく米国がいる。


その米国に魂を売り渡している日本人が多数存在する。


米国の指令に基づき、本当の愛国者を破壊する腐敗した官僚機構がある。


カネのためなら何でも協力する守銭奴大資本が存在する。


これと結託する利権政治屋と腐敗しきったマスゴミ。


米・官・業・政・電の既得権益が日本を暗黒社会にしてしまっている。


この現実を変えることのできるのは、主権者国民しかいない。


主権者国民が次の選挙で世直しに動かなければ、この国は本当に滅びてしまう。

人気ブログランキングへ

本日の高裁判決は適正なものであった。


まともな裁判官が担当者に充当された。


裁判を操作できるのは、担当裁判官を選別できるからだ。


無理を重ねれば、有罪判決を示す裁判官を担当者に起用することもできたはずだ。


それをしなかった。


考えられる理由は、


1.有罪判決を出すハードルが高すぎたこと。


2.これ以上無理を重ねると、日本の裁判制度そのものの崩壊を招くと判断されたこと


の二つだ。


まともな裁判官が担当者に起用されたもうひとつの背景は、小沢氏に対する「人物破壊工作」の目的がすでに達成されたことでもあると思われる。

人気ブログランキングへ

しかし、「小沢の息の根を止めた」


と考えているのかも知れない。


そうだとしたら甘すぎる。


小沢一郎氏は不死鳥の如くによみがえる。


そして、三たび政権樹立に成功するだろう。


この政権樹立が「フェニックス革命」である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第403号「陸山会事件の事件性を全面否定した東京高裁判決」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 『小沢でなければ日本は滅ぶ』わけ | トップページ | 「主権者国民連合」フェニックス・プロジェクト始動 »

小沢代表秘書不当逮捕(5)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏は不死鳥の如く蘇り政権奪還を実現す:

» 【第346号】不死鳥のごとく蘇った小沢一郎氏だが、この国が生きるか死ぬかは彼の豪腕にかかっている。対米自立を果たし、日本を真っ当な民主主義国家として再興させることを期待する [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536859905 -1073711037 9 0 511 0;} @font-f ... [続きを読む]

» 【社会】小6の娘から「お母さん、仕事辞めて」・・・子育てとキャリアの両立にジレンマ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
記事中にもあるが、専業主婦家庭が子供の宿題等を手伝い、やり方を教え、勉強の面倒見ているのは事実であり、驚くほどである。 成績面にしても、専業主婦の多い幼稚園出身の子の方が共働きの多い保育園出身よりも成績が良いという文部科学省調査結果も出ている。 中には…... [続きを読む]

« 『小沢でなければ日本は滅ぶ』わけ | トップページ | 「主権者国民連合」フェニックス・プロジェクト始動 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ