« 野田佳彦氏の今日の責任・安心を追及した東祥三議員 | トップページ | NHKが政党討論会をまったく実施しないワケ »

2012年11月 3日 (土)

活断層存在の可能性で大飯原発は運転中止すべき

関西電力大飯原発の敷地内を走る「F-6断層」が活断層であるかどうかを判断する原子力規制委員会の調査チームが現地調査を終えた。

北側の海に近い試掘溝では関西電力が存在を否定していた断層が確認された。

原子炉に近い山頂の溝では、過去に断層が動いたことを示す粘土が確認された。

この粘土ができたのが40万年前よりも新しい年代であることが確認されれば、活断層である疑いが濃厚になる。

F-6断層の上には原子炉の冷却に使う海水を引き込むための重要な主水路があり、F-6断層が活断層であると判断されれば、原発の耐震設計審査指針に反することになり、大飯原発は運転停止を求められることになる。

ところが、関西電力は再調査の中間報告で活断層であることを否定しており、同社の基本姿勢が問われる。

人気ブログランキングへ

活断層であるかどうかの判断基準の時間的尺度は40万年である。気の遠くなるような時間である。しかし、これが地殻変動の時間単位なのだ。

大きな地殻変動があるのは今日かも知れないし、1万年後かもしれない。しかし、リスク管理というものの鉄則は「最悪に備える」というものである。英語では、be on the safe sideと言う。もっとも安全な道筋を進めと言うものだ。

福島の教訓というのは何か。

原発がひとたび重大な事故を引き起こせば、取り返しのつかない事態が生まれるということだ。

福島第一原発事故は、起こり得た経路のなかでは、奇跡的に軽微な事故に留まっている。それでも、日本、そして世界は、未曽有の苦しみに打ちひしがれているのだ。

原発周辺地域に居住する子供たちの甲状腺には明らかに著しく高い比率での異常が確認されている。

底知れぬ巨大な恐怖が周辺地域を覆った状態は、いまもまったく変わっていない。

つまり、原発事故というのは「発生を最大限防ぐ」種類のものではなく、「絶対に発生させてはならない」種類のものなのだ。

「絶対に発生させてはならない」事故であるなら、例えば立地の近く調査にあたっては、40万年基準での断層活動調査に基づき厳格な対応を取ることが必要不可欠なのだ。

人気ブログランキングへ

この重大な事項に関する関西電力の対応には唖然とするしかない。

活断層が存在するとの疑いが存在するのに、その疑いに真剣に対処してこなかったとの疑いが濃厚である。

そこには、ある種の「差別の構造」がある。

Photo 以前にも紹介したが、核廃棄物の「最後の処分地」について、斑目春樹元原子力委員会委員長が放った言葉がある。


http://goo.gl/6AAHr


http://goo.gl/p7gGn

「「最後の処分地の話は、最後は結局お金でしょ。

 

 あのー、どうしても、そのー、えー、みんなが受け入れてくれないって言うんだったら、じゃあ、おたくには、これ、その、じゃあ、えー、いままでこれこれと言ってたけど、その2倍払いましょう。それでも手上げないんだったら、じゃー5倍払いましょう、10倍払いましょう。どっかで、国民が納得する答えが出てきます。」

 
これに対して京都大学助教の小出裕章氏が語った言葉は次のものだ。

「私が原子力に反対する根本の理由は、自分だけがよくて、危険は人に押し付けるという、そういう社会が許せなかったからです。電力を使う都会には原発を作らないというのもそうですし、原子力発電所で働く労働者はほんとに底辺で苦しむ労働者であったりするわけです。こういう社会を私は認めたくないので、原子力に反対してきています。」

二人の人物の言葉をよく吟味して欲しい。

電力会社は原発を推進するが、なぜ、社長が原発を立地する場所に居住地を定めないのか。

あるいは、社長が居住する場所に原発を立地しないのか。

人気ブログランキングへ

拙著『知られざる真実-勾留地にて-』(明月堂書店)

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する


にも記述したことだが、この構造は戦争も同じだ。

批評家の沢木耕太郎氏は映画「父親たちの星条旗」を制作したクリント・イーストウッド監督が伝えたかったメッセージは次のものであると述べた。

「戦争を美しく語る者を信用するな。彼らは決まって戦場にいなかった者なのだから」(朝日新聞2006116日夕刊「銀の森へ」)

戦争で傷つき、かけがえのない命を失うのはいつも前線の兵士、そして罪のない一般市民である。指揮を執る者は安全な場に身を置き、前線の兵士と戦地の市民だけが犠牲になる。

現代の戦争では最新鋭の兵器が大量に使用される。他方で、この兵器の使用により巨大な利得を手にする大資本がある。

戦争は前線の敵と味方の間で戦われるものではない。

「安全な場に身を置いて指揮する指令者、金融資本、軍事産業」

と、

「前線の兵士、戦地の市民」

との間で繰り広げられるのが戦争なのだ、と私は考える。

そして、犠牲になるのは決まって戦地の兵士と市民である。

人気ブログランキングへ

世界最大の地震国である日本が原発を保持することは、リスク管理の視点から見て間違った選択だ。

大飯原発についても、活断層が存在する「恐れ」が確認された時点で運転を中止するのが適正な対応である。

このような、「理」に適った対応を取るというのが「中庸」の考え方である。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第394号「「じぶんでじぶんの国のことをやってゆく」のが民主主義」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 野田佳彦氏の今日の責任・安心を追及した東祥三議員 | トップページ | NHKが政党討論会をまったく実施しないワケ »

原発ゼロ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/47705071

この記事へのトラックバック一覧です: 活断層存在の可能性で大飯原発は運転中止すべき:

» 【第337号】東電のみならず、本来ならば自民党・経産省・財界といった原発利権亡者の本部組織をあまねく福島原発周辺に移設させてオドレらの売国行為の罪ほろぼしをさせるべきだ。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536859905 -1073711037 9 0 511 0;} @font-f ... [続きを読む]

» 日本の警察は信頼できるのか?【後編】 [格闘する21世紀アポリア]
 《他人のパソコン(PC)にウイルスを感染させ、乗っ取り、成り済まして、ネット上に凶悪な犯行予告を発信していたPC遠隔操作事件。真犯人からとみられる「犯行声明メール」により、4件とも誤認逮捕であり各警察は被害者に謝罪した。お粗末な捜査と言わざるを得ない...... [続きを読む]

» ハックルベリーやジムを生み、吐き捨ててきた米国支配層の尊大意識 [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
戦争という狂気を含んだ日本国民の共同観念。その閉じられた精神の病理性- [続きを読む]

« 野田佳彦氏の今日の責任・安心を追及した東祥三議員 | トップページ | NHKが政党討論会をまったく実施しないワケ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ