« メディアが大宣伝する「第三極」に取り入る野田佳彦氏 | トップページ | 小沢一郎氏は不死鳥の如く蘇り政権奪還を実現す »

2012年11月12日 (月)

『小沢でなければ日本は滅ぶ』わけ

NHKが各党討論会を久しぶりに実施したが、マスメディアが人気を創出したい「維新」を出演させることはできなかった。

「新党きづな」が樹立された際、NHKは「新党きづな」の出演を拒否した。国政選挙を経ていない政党を出演させることはできないとの理由だった。

この理由から「維新」を出演させることができなくなった。

NHKが長きにわたって各党討論会を実施してこなかった理由は、「維新」抜きの討論会では「維新」の宣伝ができないからであると思われる。

「国民の生活が第一」を出演させているのは、「国民の生活が第一」の規模があまりにも大きいからである。この新党を出演させなければ、視聴者からの批判が殺到する。だから、「国民の生活が第一」は出演させた。

これほどいまのNHKは腐敗している。

放送法が「政治的公平」を義務付けているのに、NHKの偏向は目に余る。

「維新」の宣伝ができないから、今後も各党討論会の開催頻度が落ちるのではないか。厳しく監視してゆく必要がある。

人気ブログランキングへ

野田内閣が年内に衆議院を解散する可能性が高まっているとの報道が増えている。

赤字国債発行法が成立しない責任は政府にある。ねじれ国会であるなら、ねじれ国会を運営するための譲歩が必要だ。主権者国民が国会を「ねじれ」状況に置いたのは、政府に謙虚な政治、譲歩する政治を求めているからだとも言える。

自分たちの謙虚な姿勢、譲歩が欠落しているから法律が成立しないのに、その責任を野党に押し付けるのは言語道断だ。何から何まで、自己中心主義なのだ。

地方交付税の支払いをやめて、法律を成立させないと、国民生活を破壊してやるとのスタンスを示しているが、これも国民生活に責任を負う政府の姿勢として首をかしげざるを得ない。

早期解散説が取り沙汰はされているが、野田佳彦氏の口から明確な方針は語られていない。

赤字国債発行法を可決させるためにデマが流布されている可能性もある。

なにしろ、ペテンを働く政府だから、何もかもが信用できないのだ。

人気ブログランキングへ

元参議院議員の平野貞夫氏が新著を発行された。

タイトルは、

『小沢でなければ日本は滅ぶ』

出版社はイースト・プレス社だ。

「35年にわたって小沢一郎を陰に日向に支え、「小沢一郎の知恵袋」と呼ばれた著者が、政治家として、また人間としての小沢一郎の〝実像″と、今後の政界戦略を明らかにする書」である。

まだ誰も知らない政界の裏話が満載である。

驚くべき秘話もふんだんに盛り込まれている。

著者の平野貞夫氏は7月に友人からイースト・プレス社を紹介され、『小沢一郎との35年』をテーマに著書を執筆することを依頼された。

9月には全体が出来上がったが、9月26日の小沢一郎氏控訴審第一回公判で11月12日判決の日程が決まったことを受け、新著の出版と裁判の判決が重なるとのことで、題名を変更することになったという。

わずか2ヵ月での執筆であり、平野氏の執筆のスピードの速さに改めて驚かされる。

しかも、これまで35年の出来事の詳細が正確に記述されている。

丹念に日記、メモを記述し、管理していなければできないことだ。

平野氏は事実を事実通りに正確に記述される。

伏魔殿のような政界の裏側には魑魅魍魎が跋扈するわけだが、平野氏はそれらの魑魅魍魎を片端から一刀両断する。

政界でこれほど嫌がられる存在はないだろう。

人気ブログランキングへ

この夏、平野氏が前尾繁三郎元衆院議長の法事で野中広務氏に出会ったという。

政治の道の上で平野氏と野中氏は相容れる間柄ではなかった。

しかし、二人の間には言葉に尽くしがたい、いわば究極の「愛と憎しみの関係」とでも言うべき不思議なつながりがあったと平野氏は記述する。

野中氏が平野氏に会いたがっていると聞き野中氏に会うと、野中氏は特に大した話もせずに、平野氏の手を握ったり、手をさわったり、背中をさわったりする。

そのときの野中氏の雰囲気を平野氏は、

「俺はもう、やることはすべてやった。後を頼むな。もう次にいつ会えるかもわからないんだから」

と、平野氏を通じて小沢さんに語りかけてくるようだった、と記述する。

このような感慨を通して本書はまとめられたという。

小沢一郎という政治家を正しく理解するうえで、本書以上に参考になる書はないものと思われる。

人気ブログランキングへ

2011年3月11日の大地震・大津波・原発事故の直後、超法規的非常事態対策院構想が小沢一郎氏、亀井静香氏、村上正邦氏、平野貞夫氏などの発案で検討された事実も披瀝されている。

平野貞夫氏の著作は極めて多く、そのいずれもが歴史の事実に裏付けられた、第一級の史実書であるが、いま日本の政治が混迷を極めるなか、私たちはその最大のキーマンである小沢一郎氏についてのより正確な知識を共有するべきである。

2009年9月の政権交代に私たちは大いなる希望を寄せた。

それから3年の時間が経過し、希望は粉々に粉砕されたが、ここで私たちが絶望に陥っては、私たちに未来はない。

希望のかけらを拾い集め、もう一度、理想を追求しなければならない。

11月12日には高裁判決があり、日本の政治は新しい局面を迎えることになるだろう。

そのために、平野氏の新著を購読し、知識と情報と哲学を共有する必要がある。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第402号「「国民の生活が第一」は反TPPの旗を立てられるか」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« メディアが大宣伝する「第三極」に取り入る野田佳彦氏 | トップページ | 小沢一郎氏は不死鳥の如く蘇り政権奪還を実現す »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/47807339

この記事へのトラックバック一覧です: 『小沢でなければ日本は滅ぶ』わけ:

» 【国際】 初の大統領府捜索も 韓国大統領府の捜索令状取得、土地購入疑惑で検察当局…韓国 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
結果論だが、必死の反日パフォーマンスを行い、竹島上陸や天皇陛下を侮辱すると言った行為も韓国国民には届かず、意味なかったというお話し。 それにしても、犯罪者なる李明博大統領とこの間会談した日本国の野田総理はいったい何を話し、密約してきたのだろうか? 先の…... [続きを読む]

» 【第345号】休刊日を狙って野田どじょうを批判する朝日新聞の腰抜けぶりだが、小沢氏の判決をガン無視しつつTPP礼賛の世論操作を提示するという売国行為は万死に値する。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536859905 -1073711037 9 0 511 0;} @font-f ... [続きを読む]

» 「国民の生活が第一」のTwitter利用議員リストを作りました。(&Tw利用公認候補も) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 それにしても、50人も所属議員がいる「国民の生活が第一」を意図的に無視するマスゴミにはあきれる。脱原発、反消費増税、反隷米(反オスプレイ、反TPPなど)を選択肢とする対立図式、言い換えるなら国益擁護派vs隷米売国既得権益層の対立図式として考えるなら、今のマスコミは売国・洗脳の宣伝機関でしかない。  植草さんが、『メディア主導の「政局の選挙」を打破し「政策の選挙」を 』で下記のように喝破してるのは現状を鋭く指摘していると思う。  政界は多党乱立の時代だ。  マスメディアが取り上げる政党は、「民・自・... [続きを読む]

» 陸山会事件で東京高裁が控訴棄却、小沢一郎「国民の生活が第一」代表は無罪 [ボヘミアンな京都住まい]
TV・新聞のスルーっぷりには呆れるしかなかったわさ(苦笑)。 判決要旨は中村哲治参院議員のツイートのリンク先からPDFでダウンロードできます。 →http://twitter.com/NakamuraTetsuji/status/267906184370069505 先週の東電OL殺人事件の再審と同じ小川正持裁判長の文章は読みやすかったです。控訴棄却は当然としても注目はここでしょうか。 小川裁判長は判決理由で、別の裁判で一審有罪となり控訴している石川議員と池田光智元秘書(35)が、土地購入自体が先送... [続きを読む]

» ミット・ロムニーが自動車業界の救済策でぼろ儲け [オコジョのブログ]
 米国の大統領候補が、こんなことをしていたという話です。 ネットで検索しても、日本語の詳しい記事がまったく出てこないので、ここで概要を紹介しておきます。  10月18日付けで、“The Nation”マガジンにすっぱ抜きの記事が掲載されたの... [続きを読む]

« メディアが大宣伝する「第三極」に取り入る野田佳彦氏 | トップページ | 小沢一郎氏は不死鳥の如く蘇り政権奪還を実現す »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ