« さすがゴミ売り新聞と呼ばれるだけのモノがある | トップページ | 次期総選挙争点は「原発・消費税・オスプレイ」だ »

2012年10月14日 (日)

民自公だけにしか発言機会与えない日本偏向協会

日本の情報空間がマスメディアに占拠され、主権者国民が真実の情報を容易に確保できない状況に置かれている。


その原因が二つある。


ひとつは、日本のマスメディアがごく少数の資本に握られ、寡占状態になっていること。


そして、民間放送の財政的基盤をなすスポンサー意思を反映する広告代理店がさらに強い寡占状態にあり、番組制作がこの広告代理店に支配される傾向が著しく強いことだ。


もうひとつの理由は公共放送を担当するNHKが公共放送を担う報道機関として機能していないことだ。


その根本的理由はNHKのあり方を規定している「放送法」の内容にある。


NHKは「みなさまのNHK」と謳っているが、内実は「政治権力のNHK」、「政治権力に偏向するNHK」であり、日本偏向協会と呼ぶべき存在になってしまっている。

人気ブログランキングへ

民間メディアの寡占状況を生み出している主因は、民間メディアが「クロスオーナーシップ」により、新聞・テレビが系列化されていることだ。


全国各地の放送局、地方紙も大半がこの「系列」のなかに組み込まれている。


地方紙は戦時下の経済統制政策により、各都道府県一紙体制が国家権力によって構築された。この体制が戦後67年経過したいまも続いている。


野口悠紀雄氏が指摘した『1940年体制』がいまも温存されている。


地方紙は全国規模のニュースを追跡し切れない。そのため、全国ニュースを通信社が配給する情報に依存している。


共同、時事の通信社は一般にあまりなじみのある存在ではないが、日本全国に流布される情報の発信元はこの二社なのである。


全国紙5紙である読・朝・毎・産・日経の5社に対応して、よみうり・朝日・TBS・フジ・テレ東のキー放送局がある。地方紙を統括しているのが共同・時事の通信社。これにNHKが加わる。


これに地方ブロック紙である中日、北海道、西日本の3社を加えると合計16社になる。これが日本のマスメディア16社体制である。


このなかで、ジャーナリズムとしての批評精神を備えているのは、中日と北海道の2社くらいだろう。


この「超寡占」状態が日本の情報空間を歪めている。


「情報民主主義」が実現しなければ民主主義は機能しない。

人気ブログランキングへ

NHKの「日曜討論」は日本政治を論じる極めて重要な番組である。


政治的公平を確保して番組を制作するべきことは当然である。


ところが、近年のNHK政治番組における偏向は完全に許容される範囲を超えている。


かつて、山本孝氏がこの番組の司会を担当していたころ、NHKは中立公正のスタンスを維持していた。


ところが、影山日出夫氏が司会者になったころから、急激に偏向の度合いを強めだした。


小泉政権の発足が背景にあった。


小泉政権が情報統制を強めたのは、秘書の飯島勲氏の影響が強いと言われている。小泉政権は日本のマスメディア情報空間をコントロールすることによって延命を果たしたのであり、その意味で飯島氏の功績は大であったと言うべきである。


影山日出夫氏の後任として日曜討論を担当しているのが島田敏男氏であるが、影山氏を上回る偏向ぶりを発揮している。


大越健介氏と島田敏男氏がNHKを代表する偏向コンビとなっている。

人気ブログランキングへ

いま、日本は重大な政治課題を数多く抱えている。


原発、消費税、TPP、普天間、オスプレイの各問題は、国民生活の根幹に関わる重大問題である。


「日曜討論」と銘打つ以上、重要な政治問題についての討論を行うべきことは当然だ。


政治勢力は多数存在しているが、消費税問題に象徴されるように、民・自・公の三党は、同じ主張を展開する、広い意味での同一グループ政治勢力である。


日曜討論の1時間枠をこの三党だけに配分するのは、明らかに「政治的公平」に反している。


国会は消費税増税を決めたが、政権が総選挙の際の主権者国民との公約に反して行動したことは明白である。


「国民の意思を反映して国会が行動する」との日本国憲法が定める民主主義のプロセスに反して政治が行動したのである。国民主権の大原則を守るには、国会議決のあとに選挙で国民が最終判断を下さねばならない。


したがって、これから消費税問題についての本格的な国民論議を行う必要がある。


NHKは特集番組を組んで、消費税問題についての国民論議を喚起す

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第374号「日本偏向協会を日本放送協会に改変する具体策」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」の配信会社foomiiからのお知らせです。


9
29日にライブ配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました!

今回の対談では、尖閣諸島をはじめとする「日本の国境問題」について、根本にあるものは何か、そして政府の失政に乗じて騒動の裏で誰が得をしているのか、さらに民自党首選を終えたのちの政局展開、次期総選挙争点などについて徹底討論しています。

《対談のテーマ》
・尖閣、竹島、北方領土をめぐる日本外交
・米軍が配備するオスプレイ
・民主党代表選、自民党総裁選と今後の政局
・三党合意と総選挙時期
・小沢新党のゆくえほか橋下維新の動向

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

「尖閣問題をめぐる東アジアの緊張と今後の政局(本編:89分)」

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェスト版はこちら

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« さすがゴミ売り新聞と呼ばれるだけのモノがある | トップページ | 次期総選挙争点は「原発・消費税・オスプレイ」だ »

NHK問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/47448293

この記事へのトラックバック一覧です: 民自公だけにしか発言機会与えない日本偏向協会:

» ニッポン右傾化の正体 Part_1 [格闘する21世紀アポリア]
 10月13日の東京新聞・ニュースの追跡はなかなか興味深い記事であった。「進む右傾化 欧米注目」と題されたそれは、欧米メディアがここ最近の日本の右傾化傾向に注目している様を紹介している。  アメリカのワシントン・ポスト紙は、先般の尖閣諸島をめぐる日中の対立に...... [続きを読む]

» 『戦後史の正体』――「陰謀論」ではなく「謀略」説 [オコジョのブログ]
 長い文章を読むのが面倒くさい方のために、最初に書いておきます。 孫崎享さんの本に関しては、タイトルのとおりです。この本は、「陰謀論」に分類されるべきではありません。「謀略」を論じた本です。  また、孫崎さんは国家が「謀略」を行なう権利を否... [続きを読む]

» 【中国】「折角、日本語を専攻したのに」…就職難の中国で日系企業就職説明会中止に 学生の不満高まる [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 中国新聞網などが伝えたところによると、尖閣諸島問題をめぐる激しい反日デモや反日気運の高まりで、北京や上海など中国各地での日本企業による就職説明会が中止に追い込まれている。大学側が一方的に中止する場合もあるが、日系企業もキャンパス内での活動を自粛したり…... [続きを読む]

» 【第317号】新聞週間の初日に休刊するという大新聞社様の殿様商売には驚きのあまり腰を抜かすが、それに合わせて小沢一郎氏の動きをあえて報道するという姑息な責任逃れよ。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 13123 ... [続きを読む]

« さすがゴミ売り新聞と呼ばれるだけのモノがある | トップページ | 次期総選挙争点は「原発・消費税・オスプレイ」だ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ